FC2ブログ

Entries

【3.11避難者川柳No.174】「勘違い 見苦しいにも ほどがある」PN 子どもたちの未来はあなたの私物ではない さん

【3.11避難者川柳No.174】

「勘違い 見苦しいにも ほどがある」
               PN 子どもたちの未来はあなたの私物ではない さん

20151230


こちらのフォームから受付ています。
(コチラをクリックしたらフォーム画面になります。)
↓↓↓
避難者あるある575へ投稿する!

※お名前・メールアドレス・ペンネーム・575を書いて確認を押してくださいね!

なお、投稿された内容は「575」と「ペンネーム」のみを公開いたします。
お名前は厳重にこちらで管理させていただきます。

ブログはもちろん、ブースや展示会、発行物等で 5・7・5 の避難者アピールができたらと思っております。

ご協力よろしくお願いいたします。

避難させているご家族、避難したいと思っている方でももちろん大歓迎です!

趣旨をご理解下さいまして、ふだん伝えることのできない声なき声を、
届けてみませんか?

お問い合わせはこちらまで

サンドリ・避難者あるある5・7・5係
sandori2014@gmail.com

避難者あるある画像a

1月25日(月)17時台のNHKラジオ大阪、「関西ラジオワイド」に東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream(サンドリ)がゲスト出演させていただくことになりました。

1月25日(月)17時台放送の
NHKラジオ大阪 「関西ラジオワイド」に出演させていただくことになりました。

==============
『関西ラジオワイド』
NHKラジオ第一放送(666kHz)
1月25日月曜の17時15分ごろから17時50分までの間に
紹介される予定です。

関西向けの放送ですが、
パソコン、スマホ無料アプリの「らじる★らじる」で「大阪」を選択いただきますと
全国でお聞きいただけます。
  http://www.nhk.or.jp/osaka/program/radiowide/
  ツイッター @nhk_kansairadio
  NHKラジオ第1放送 大阪666kHz
「らじる★らじる」ネットを通じて全国でクリアに…
http://www3.nhk.or.jp/netradio/
========


NHKラジオアナウンサーの住田さんは、
サンドリが力を入れている【学校に声をとどけ隊】の取り組みに注目してくださり、
11月頃からとても丁寧に取材を重ねて下さいました。

神戸の高校生たちに震災と母子避難の体験をお話しした避難者講演や、
その他、避難者のお話しする機会にも
何度も足を運び、沢山の避難者たちの声を拾ってくださいました。

 また、在阪の大学生、大学院生が
「県外避難」や「広域避難」、「区域外避難」について
卒論を書いたり研究テーマに取り上げて下さり、
その研究や論文に協力する形で私たち避難当事者が、
3.11避難の「声」を届けようとする点にも着目して下さって、
今回取り上げてくださいます。
 ぜひ、私たち3.11避難のことを研究テーマに選んでくださった関西の学生さんたちの声も
お聞きください。

 限られた放送時間の中で、どれだけのことが伝えられるかは分かりませんが、
一人でも多くの皆さまに、
震災から私たち3.11避難者が学んだこと、気づいたこと、今後の教訓に活かされるべきことを
少しでもお伝えできれば、と思います。

どうぞ沢山の方々に聞いていただきたいと思います。
(サンドリ記事は、無断で転記・転載、大歓迎です!)

沢山の方々のつながりと
多くの方々から「避難するということ」への理解を得られたらいいなと思います。

このような貴重な機会をいただけましたこと、
関西ラジオワイドの番組を続けて下さった住田アナウンサーはじめ
NHKラジオ大阪の皆さまに心より感謝を申し上げます。

伝える機会を与えてくださって、本当にありがとうございます。
これからも、沢山の避難者たちに、このような機会をお与えください。

関西ラジオワイド NHKラジオ第一放送

【県外避難のみなさんへ】

2016年1月25日(月) 夕方5時台 

ゲスト:東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream 森松 明希子さん

「Thanks & Dream」(愛称「サンドリ」)は、避難者からの発信で社会とのつながりを持とうと活動しています。先日、メンバーの母子避難者が、神戸の高校生たちに震災体験を語りました。若い世代に自分たちの経験を伝える大切さを森松さんに聞きます。


(参照) http://www.nhk.or.jp/osaka/program/radiowide/

<お知らせ>避難者手記の入手方法はコチラ
レッドキモノ カバー写真


【3.11避難者川柳No.43】「汚染地を 離れてホッと 出来ました」PN 2人の子連れ避難ママさん さん

【3.11避難者川柳No.43】

「汚染地を 離れてホッと 出来ました」
               PN 2人の子連れ避難ママさん さん

20150626


こちらのフォームから受付ています。
(コチラをクリックしたらフォーム画面になります。)
↓↓↓
避難者あるある575へ投稿する!

※お名前・メールアドレス・ペンネーム・575を書いて確認を押してくださいね!

なお、投稿された内容は「575」と「ペンネーム」のみを公開いたします。
お名前は厳重にこちらで管理させていただきます。

ブログはもちろん、ブースや展示会、発行物等で 5・7・5 の避難者アピールができたらと思っております。

ご協力よろしくお願いいたします。

避難させているご家族、避難したいと思っている方でももちろん大歓迎です!

趣旨をご理解下さいまして、ふだん伝えることのできない声なき声を、
届けてみませんか?

お問い合わせはこちらまで

サンドリ・避難者あるある5・7・5係
sandori2014@gmail.com

避難者あるある画像a

1月24日講演会【逃げ遅れる人々~南相馬市での過酷な避難と現状】@同志社大学良心館207号室

1・24講演会
〜逃げ遅れる人々〜南相馬市での過酷な避難と現状。

「災害弱者」と呼ばれる障がい者や高齢者の防災・避難、その実態を福島から学ぼう。

 福島県南相馬市の青田由幸さんを京都にお招きしての講演会です。
3・11当時の南相馬市の障がい者の避難がいかに困難で壮絶なもの
だったか、そして現在の南相馬市の実態等について語っていただきます。
 さらに、3・11後に原子力災害対策基本法が改正され、要援護者名簿の
作成・緊急時の開示、福祉避難所等の設定が盛り込まれましたが、
法改正を勝ち取るまでの苦難の活動等についても話していただきます。
 高浜原発3 ・ 4号の再稼働が進められる中、多くの方に青田さんが
語る実態を知って頂き、京都府下の要援護者の避難計画に光りを当て、
再稼働に反対する糧としたいと思います


1 月24 日( 日)13 時30 分(13 時開場)〜16 時30 分
会 場: 同志社大学 良心館 207 号室(RY207)
     京都市上京区今出川通烏丸東入 同志社大学今出川校地 良心館
     京都市営地下鉄 烏丸線今出川駅1・3 番出口からすぐです。
講 師:青田由幸(特定非営利活動法人さぽーとセンターぴあ代表理事)
資料代:一般500 円・大学生以下 無料

  事前予約の必要はありません。
主 催:避難計画を案ずる関西連絡会
    京都の原発防災を考える会
連絡先:グリーン・アクション
     京都市左京区田中関田町 22-75-103. E-mail: info@greenaction-japan.org
     Tel: 075-701-7223 Fax: 075-702-1952 HP: http://www.greenaction-japan.org/


2016年1月24日午前ひとまちにて 京都避難者交流会を開催

注)主催のドーン避難者ピアサポートの会京都さまより

周知にご協力いただいた皆さん
申し訳ありませんが、スタッフの都合により今回は中止することになりました。

インフルエンザ・ひどい咳の風邪・中耳炎など、さまざまな感染症にかかっている人も
少なくなく
学級閉鎖に近い感覚で、中止を決断しました。

すでにお申し込みいただいている方には個別にご連絡していますが、拡散の方もストッ
プしていただけたら幸いです。
(むずかしければ、お申し込みがあったときに、こちらで対応するので大丈夫です)


とのことです。
ご注意ください。


誰でもどうぞの避難者交流会が原発事故直後はあちこちあったと思いますが
京都で最近はみあたらず、出会いの場になればというくらいの感じでやっています。
会場の都合で、二時間としていまして、二時間ですとそれほどじっくり話せないのです
が、一回りはひとことずつお話いただくようにしています。
おわってから話したりない時は、残れる人はさらに話し込むということもあります。


~平成28年 1月の京都避難者交流会~

とき
平成28年1月24日(日)10:00~12:00

ところ
ひと・まち交流館京都
3階 京都市福祉ボランティアセンター

〒600-8127
京都市下京区西木屋町通上ノ口上る梅湊町83番地の1
(河原町五条下る東側)
TEL:075-354-8711  FAX:075-354-8712

【バス】
市バス4,17,205号系統「河原町正面」下車

【電車】
京阪電車「清水五条」下車 徒歩8分
地下鉄烏丸線「五条」下車 徒歩10分


参加費 無料
別室保育あり(一才から)

定員15名

申し込み・問い合わせ先
アドレス:kyoto.hinan@gmail.com(岡田)

お名前と避難元→避難先をお伝えください。
保育希望の方は、お子様のお名前と年齢を添えて、お申し込みください。

定員に達し次第締切とさせていただきます。
赤ちゃん連れの方は、同室でよろしければおいでください。

主催ドーン避難者ピアサポートの会京都
京都新聞福祉活動支援助成
後援 京都司法書士会

2016年1月23日(土)京都府災害ボランティアセンター 10周年記念トークイベント「私と災害ボランティア」

20160123 チラシ

東日本大震災当時、高校2年生で、3日後には、関西へ避難をしてこられた学生さんもご登壇されます。
あの時があったから、メディアやエネルギー問題に興味を持ったそうです。
また、「当時、たくさんの方に助けてもらった。だから自分自身もボランティアをしよう」と
災害ボランティアにも力を入れられたそうです。
ぜひお話をお聞きください。

京都府災害ボランティアセンターでは、センターの設立10周年を記念して、
10周年記念トークイベント「私と災害ボランティア」を開催します!

災害ボランティアに参加した経験のある方も、
気になっていたけど参加できなかった方も、
災害ボランティアや被災地の復興支援に関心のある方ならどなたでもご参加いただけます。
是非、お越しください◎

■日時: 平成28年1月23日(土)13:00~16:00 (開場:12:00~)
■会場: 京都文化博物館 別館ホール
※地下鉄烏丸線「烏丸御池」5番出口から三条通を東へ徒歩3分
・・・申込方法、イベント詳細はこちらから・・・
・10周年記念特設ページ http://fu-saigai-v.jp/talksession/
・facebookイベントページ https://www.facebook.com/events/1701885433376949/

また、今回はイベントの開催にあわせて皆さんから「災害ボランティア」にまつわるエピソードを募集します!
お題はずばり、今回のタイトルでもある「私と災害ボランティア」。
あなたが災害ボランティアに参加して「見た」「感じた」「忘れられない」エピソードを教えてください(文字数問わず、ニックネームでok!)。投稿は下記投稿フォームからお願いします。
お寄せいただいたエピソードは、HPやfacebook、またイベント当日にご紹介させていただくことがあります。(※必ず掲載されるわけではありません)
特設ページでは、いくつかのエピソードの紹介もしています。
ぜひ、あなただけの大切なエピソードを教えてください。
当日に参加できない方も含めて、全国からの投稿をお待ちしています!
■エピソード投稿フォーム
http://fu-saigai-v.jp/episode/

【3.11避難者川柳No.173】「子の命 預けた覚えは ありません」PN 安倍さんへ さん

【3.11避難者川柳No.173】

「子の命 預けた覚えは ありません」
               PN 安倍さんへ さん

20151230


こちらのフォームから受付ています。
(コチラをクリックしたらフォーム画面になります。)
↓↓↓
避難者あるある575へ投稿する!

※お名前・メールアドレス・ペンネーム・575を書いて確認を押してくださいね!

なお、投稿された内容は「575」と「ペンネーム」のみを公開いたします。
お名前は厳重にこちらで管理させていただきます。

ブログはもちろん、ブースや展示会、発行物等で 5・7・5 の避難者アピールができたらと思っております。

ご協力よろしくお願いいたします。

避難させているご家族、避難したいと思っている方でももちろん大歓迎です!

趣旨をご理解下さいまして、ふだん伝えることのできない声なき声を、
届けてみませんか?

お問い合わせはこちらまで

サンドリ・避難者あるある5・7・5係
sandori2014@gmail.com

避難者あるある画像a

【3.11避難者川柳No.42】「福島を 出ても私は 県民です」PN 県民健康調査も受けてます さん

【3.11避難者川柳No.42】

「福島を 出ても私は 県民です」
               PN 県民健康調査も受けてます さん

20150626


こちらのフォームから受付ています。
(コチラをクリックしたらフォーム画面になります。)
↓↓↓
避難者あるある575へ投稿する!

※お名前・メールアドレス・ペンネーム・575を書いて確認を押してくださいね!

なお、投稿された内容は「575」と「ペンネーム」のみを公開いたします。
お名前は厳重にこちらで管理させていただきます。

ブログはもちろん、ブースや展示会、発行物等で 5・7・5 の避難者アピールができたらと思っております。

ご協力よろしくお願いいたします。

避難させているご家族、避難したいと思っている方でももちろん大歓迎です!

趣旨をご理解下さいまして、ふだん伝えることのできない声なき声を、
届けてみませんか?

お問い合わせはこちらまで

サンドリ・避難者あるある5・7・5係
sandori2014@gmail.com

避難者あるある画像a

【3.11避難者川柳No.31】「汚染度を 知らずに過ごした 2011年」PN 知らぬが仏では済まされないぞ さん

【3.11避難者川柳No.31】

「汚染度を 知らずに過ごした 2011年」
               PN 知らぬが仏では済まされないぞ さん

20150626


こちらのフォームから受付ています。
(コチラをクリックしたらフォーム画面になります。)
↓↓↓
避難者あるある575へ投稿する!

※お名前・メールアドレス・ペンネーム・575を書いて確認を押してくださいね!

なお、投稿された内容は「575」と「ペンネーム」のみを公開いたします。
お名前は厳重にこちらで管理させていただきます。

ブログはもちろん、ブースや展示会、発行物等で 5・7・5 の避難者アピールができたらと思っております。

ご協力よろしくお願いいたします。

避難させているご家族、避難したいと思っている方でももちろん大歓迎です!

趣旨をご理解下さいまして、ふだん伝えることのできない声なき声を、
届けてみませんか?

お問い合わせはこちらまで

サンドリ・避難者あるある5・7・5係
sandori2014@gmail.com

避難者あるある画像a

【3.11避難者の声】1.17と3.11をつなぐ会主催の『たくさんの避難者の声を聴く会』に参加して(福島→大阪)

【1.17と3.11をつなぐ会主催の『たくさんの避難者の声を聴く会』に参加して】

本日1.17と3.11をつなぐ会での皆さんのお話し、
本当に皆さんのコトバひとつひとつに心打たれました。

おひとりおひとりの避難のお話しが、
聞いてくださった方の心に響き、
波及していずれおおきなうねりとなって行くことを感じさせる
皆さんのお話しでした。

私もたくさんの学びと気づきがありました。

今日のこの機会を作ってくださったすべての方々に
感謝いたします。

それとともに、
心より1.17の犠牲者、そのご家族ご友人の皆さまに鎮魂のお祈りを申し上げます。

1.17から学ばせていただくことも多く、
3.11の私たちの抱える課題もとてつもなく大きいですが、
人と人とのつながりと本当の絆、真の復興の意味を考えた1日でした。

ありがとうございました。

伝えあうという大切な機会とそれぞれの避難者が語る「場」を作ってくださって、
本当にありがとうございました。

2016.1.17

(福島県郡山市→大阪市・母子避難 森松明希子)


20160117

Appendix

Recent Comments

Recent Trackbacks

Profile

サンドリ2014

Extra

振込先

ゆうちょ銀行  
記号 14170 番号 58568201 加入者名  東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream (ヒガシニホンダイシンサイヒナンシャノカイサンクスアンドドリーム)

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

12月 | 2016年01月 | 02月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


アクセス数

まとめプラグイン

12 | 2016/01 [GO]| 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

カテゴリ一覧 最新記事一覧 コメント一覧 トラックバック一覧
[カテゴリ一覧]
WEBコンサルティングのバンブーウエイブ

検索フォーム