東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream (サンドリと呼ばれてます)

2015年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年12月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

11月29日(日)放射能社会を生きる連続セミナー第8回 ■安定ヨウ素剤ってなあに? -原発事故!そのとき家族をどう守るのか?-

放射能社会を生きる連続セミナー第8回
■安定ヨウ素剤ってなあに?
-原発事故!そのとき家族をどう守るのか?-

日時:2015年11月29日(日)13:30~16:40 13:00開場
場所:神戸市勤労会館308号室

http://www.kobe-kinrou.jp/shisetsu/kinroukaikan/index.html
( 市営地下鉄・JR・阪急・阪神・ポートライナー各三宮駅から東へ徒歩5分)
講師:玉山ともよ篠山市原子力災害対策検討委員
参加費: 一般500円 原発避難者 300円 
高校生以下無料 おやつ付き (マイコップ持参)
定員:100名 
☆お子様連れ歓迎!キッズコーナーもあります☆
(予約は不要ですが、人数把握のために、ご連絡いただけるとありがたいです。)

内容:兵庫県による大飯原発事故時の放射性物質拡散シミュレーション(2014年発
表)では、兵庫県内での広範な放射能汚染の可能性が示されました。
 結果を真剣に受け止め、住民の健康と安全を守るために原子力防災に取り組んでき
た篠山市は、特に子どもたちに多大な影響をもたらす放射性ヨウ素の被ばくから住民
を守るため、安定ヨウ素剤の備蓄を完了し、来春の事前配布に向けて動いています。
 福島第一原発の事故原因の究明も、原発事故時の避難経路の確保もままならない
中、九州、四国に続き、私たちの住む兵庫県に隣接する福井県・若狭湾に林立する原
発群も、再稼働されかねない状況になっています。
 原発事故が起きたとき、どのように自分を、家族を守るのか・・・篠山市原子力災
害対策検討委員の玉山ともよさんを講師に招き、篠山市の取り組みを学び、その時、
何ができるのか、一緒に考えます。


~ プログラム ~
13:00 開場  13:30 開会
13:35~15:00 
第1部
篠山市原子力災害対策委員・玉山ともよさんを講師に招いての学習会
15:00~15:20 休憩(おやつタイム)
15:20~16:30 
第2部 みんなで一緒に考えよう
疑問点や問題点、こんな時にどうすればいい?
皆でアイデアをシェアしましょう。
16:30~16:40 閉会のあいさつ


協力団体:グリーンコープ生活協同組合ひょうご 
【賛同団体】
給食@コミュニティー 原発の危険性を考える宝塚の会 グリーンコープ生活協同組
合ひょうご 

神戸市給食の安全を考える会 小まめ堂 食品公害を追放し安全な食べ物を求める会
  

生活協同組合コープ自然派兵庫 生活協同組合兵庫いきいきコープ 
生活クラブ生活協同組合都市生活 脱原発・明石たこの会 脱原発はりまアクション
 

花と爆弾-もう、戦争の暴力はやめようよ 兵庫県被爆二世の会 兵庫県有機農業研
究会


主 催 さよなら原発神戸アクション
http://sayogenkobe.blog.fc2.com/
問合せ 高橋 090-3652-8652 小橋 kaorukobashi@…

詳細:フェイスブックイベントページ
https://www.facebook.com/events/1700983210120720/

| まなび隊 | 21:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |