東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream (サンドリと呼ばれてます)

2015年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年12月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

11月29日(日) 午前10:00〜12:00「原発事故から5年目〜逃げるか、残るか・・・住民が分断された」@避難者交流会 in 豊中

「11・29(日)第24回避難者交流会 in 豊中」 のご案内です。

・テーマ: 原発事故から5年目〜逃げるか、残るか・・・住民が分断された

・日時:11月29日(日) 午前10:00〜12:00

・会場:大池コミニュティプラザ

    (阪急豊中駅下車、徒歩4分(市立大池小学校敷地内)

 福島第一原発の過酷事故から5年目・・・ 被災者の平穏な暮らしは奪われた
まま。事故は収束していない。
事故当時、様々な情報が隠ぺいされた。飯舘村の住民は1か月以上被ばくの村に
放置された。関西で知りえた爆発直後のようすも福島・関東では報道されなかっ
た。政府は「ただちに健康に影響はない」と言うばかり。福島では学者が「安全」
と説いて回った。でも、本当?
被ばくが怖いから逃げた。でも逃げられない人もいた。避難するかしないかで人
々が分断された。被災者が悪いの!?では、政府の責任って何?
福島市内で当時避難指示区域外から大阪に避難されたTさんのお話を聞きます。

参加費;300円 ※避難者は無料

★当日参加も可能ですが、会場準備のため
出来れば事前に予約をお願いします。

★保育:同室にお入りください

申込み・問合せ先
山田;℡090-8980-2436
メール;tj5tymd@gmail.com


★終了後、ランチもご一緒にいかが?
カフェ・サパナに行きます。
(約 1000 円・要予約)

*主催; 放射能から豊中の市民・子どもを守る会
http://nonuketoyonaka.blog.fc2.com/


☆皆さまへご協力のお願いです☆

3.11避難者のトーク、お話会、講演会情報を広めて、
3.11避難者の生の声を社会にお届けする活動に取り組んでいます。
できるだけ「Twitter」「いいね」「口コミ」などで、
多くの方々に広めてください。

また、たとえ5分でも10分でも、3.11避難者のスピーチ情報があれば、
お知らせください。
孤立している避難者が、情報をキャッチして、
会場に足を運んで下さりつながって救われたケースもあります。

3.11避難者の真実の「声」をお聞きください。
孤立と孤独を防ぐ活動に、ご理解とご支援、ご協力を
よろしくお願い申し上げます。

【サンドリおはなし隊】係 sandori2014@gmail.com

| おはなし隊 | 00:20 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |