東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream (サンドリと呼ばれてます)

2015年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年12月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

11月15日(日)13時半~15時半 枚方市男女共同参画の社会づくり支援講座 「災害があった時、あなたはどうする、どう生きる?」が枚方市のHP、広報に掲載されました。

11月15日の講座「災害があった時、あなたはどうする、どう生きる?」
の案内が枚方市のHP、広報に掲載されました。

■市のホームページにも講座の案内が出ています。

http://www.city.hirakata.osaka.jp/soshiki/jinken/danjokyoudousankakushakaidukurishienkouza-271115.html

※ぜひ、多くの方にお知らせください。

■チラシ
http://www.city.hirakata.osaka.jp/uploaded/life/168723_816984_misc.pdf

s-20151115_枚方表


■枚方市の11月の広報の「催しなど」のp36
ちょっと見づらいのですが、その部分の写真です。

20151115広報ひらかた11月号男女共同参画講座(P36).jpeg

■こちらでは、25頁目に載っています。

http://www.city.hirakata.osaka.jp/uploaded/attachment/72710.pdf

【詳細ご案内】

枚方市男女共同参画の社会づくり支援講座

「災害があった時、あなたはどうする、どう生きる?」


東日本大震災で被災し、
子どもと共に関西に自主避難した森松明希子さんが
体験を語り、災害時の女性や子どもの人権を考える。

日  時: 2015年11月15日(日)

       午後1時30分 ~3時30分

場  所: メセナひらかた会館 4階 研修室

講  師: 森松 明希子 さん(原発賠償関西訴訟原告団代表、
        東日本大震災避難者の会Thanks&Dream 代表、
         『母子避難、心の軌跡』(かもがわ出版)著者)

参 加 費: 無料

定  員: 30人(申込先着)

企画実施: 放課後クラブ「チャレンジ・キッズ」

そ の 他: 保育 無料
     (申込は11月11日まで。生後6か月以上の未就学児。申込先着6人)
      
      手話通訳・要約筆記・デジタル補聴システム 無料
     (申込は11月3日まで。デジタル補聴システムは申込先着4人)

申  込: 11月2日 午前9時半より受付。

申 込 先: 特定非営利活動法人 ひらかた市民活動支援センター
       電話: 072-805-3537 ファクス: 072-805-3532
       Eメール: info@hirakatanpo-c.net

| ひろめ隊(メディア掲載・リンク等) | 05:31 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |