FC2ブログ

Entries

10月27日(火)3.11避難者交流会Cafe IMONIKAI(10月)@大阪市社協のご案内(子連れOK・参加費不要)

避難者交流会Cafe IMONIKAI(10月)@大阪市社協のご案内(子連れOK・参加費不要)です。

カフェ・イモニカイ曜日変更

毎月大阪で、たとえ参加者が少なくても、
必要としている避難者がいる限り、
細く長く続けてくださるという主催者さまのご意向により、
2012年夏〜毎月1回、
一日お部屋を開放し、自由に避難者が集える「場」をご提供くださっています。

過去の交流会の様子はコチラ

サンドリメンバーも、
毎回、一度も欠かさず通っている避難者たちがいます。

とても自由な雰囲気で、
避難者が震災のこと、避難のこと・・・
本当の思いを各々自由に話せる
3.11避難当事者がホッとできる素敵な「場所」です。

初めてでも大いに歓迎していただけますし、
何も話さなくても、聞くだけの方もおられます。

色々な情報も得られますし、また、避難者の思いも、
ご支援の方々に伝えることも出来ますし、
本当にオススメ出来る交流会の一つです。

避難者の皆さん同士、待ち合わせの場所にされても、
全く初めてでプラっと一人でお寄り頂いても大歓迎です。
ホッと一息ついてください(^^)

【避難者交流会Cafe IMONIKAIのご案内(保育あり)】

日 時:平成27年10月27日(曜日) 10:00~15:00
    
    (途中からの参加、途中退室も可能です)
    ※昼食は各自でご用意ください

場 所:大阪市立社会福祉センター
    (地下鉄「谷町九丁目」駅、近鉄「大阪上本町」駅11番出口)

主催/申込み:大阪市ボランティア・市民活動センター
    電話またはメールにて
    電話06-6765-4041・メールimonikai@osakacity-vnet.or.jp
    (名前・年齢・〒・住所・TELを添えてお申込ください。)

※6月から、サンドリも午後、13−15時の間、
避難当事者コーナーを設けて
お手伝い参加させていただくことになりました!

避難者が避難者のために出来るボランティア参加です(^^)
主に、初めて参加の方や避難してきて間もない方へ、
先に避難してきて参考になったことなど、
避難者にとってのお役立ち情報などの提供など、
出来る範囲で背伸びせず、出来る事を担っていきたいと思っています。


☆3.11避難者の皆さまへ☆

何かお手伝い出来る事はないかしら?
避難してきた自分に出来ることはないかしら?
支援頂いた4年間に感謝して今度は自分にできる社会へのご恩返しはないかしら?
とお考えの避難者の皆さん、
是非、お手伝い参加のご協力、お願いいたします。

参加しながら、徐々にお手伝い参加ということも可能です。
(というより、ほぼ、参加者と変わりないような参加の形態ですので、
特別難しいことは何もありません。)
参加者申込と同様に上記申込先までお申込ください。
当日は、サンドリメンバーがいますので、
お気軽にお声がけください(^^)



10月 カフェ・イモニカイのお知らせ
(大阪市ボランティア・市民活動センター発行・情報誌IMONIKAIより)

10月29日(木)「日本と原発」上映会 と海渡雄一弁護士による講演会@神戸女学院大学

10月29日海渡雄一氏講演会案内 (1)

10月29日(木)に、

神戸女学院大学の学生さん主催による

映画「日本と原発」上映会

(一部:11時から12時半)


海渡雄一弁護士による講演会

(二部:13時20分から14時50分)
とが

神戸女学院大学の講堂にて開催されるそうです。

参加費は無料だそうです。

10月29日海渡雄一氏講演会案内
10月29日海渡雄一氏講演会案内

ポスターやチラシのデザイン、講演会の企画もすべて
学生さんたちが行ったそうです。
是非ご参加ください!

☆3.11避難者の皆さまへ☆

東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream (略称:サンドリ)は
映画「日本と原発」を勝手にすすめています。
映画を観られた避難者の皆さん、
是非ご感想をお寄せ下さい。

sandori2014@gmail.com

※タイトルに【避難者の感想】とし、
映画「日本と原発」をご覧になったご感想、
避難を余儀なくされた皆さんの思いをなど、
一言でも何文字でも文字数制限はありません。
【映画「日本と原発」をすすめ隊】係までお寄せ下さい。

頂いた感想は、ブログにアップしたり、展示会、チラシなどに掲載し、
広く世間に原子力災害の避難者の「声」を届けさせていただきます。
(掲載して良いかたちでお送りください。)
思いのある方、どうぞご協力、よろしくお願い致します。

11月1日(日)3.11避難者の子どもたち、集まれ~!「秋の芋ほり・みかん狩り」の案内状がレオクラブさんから届きました♪

3.11避難者の子どもたち、集まれ~!

秋の味覚狩りへ行こう!!

いつもお世話になっているレオクラブさんからのお誘いです。
-------------------------------------------------------------------------

東日本大震災避難者の会「Thanks & Dream」御中

                             10月吉日
               ライオンズクラブ国際協会レオ335-B地区
                           会計 大野円香

秋の芋ほり・みかん狩り

拝啓
 すがすがしい秋晴れの今日この頃、いつも一方ならぬお力添えにあずかり、
誠にありがとうございます。
 さて、今秋は「秋の芋ほり・みかん狩り」を開催させていただきたいと思っています。
是非、ご参加くださいますようお願い申し上げます。

                                   敬具
              記

日時   2015年11月1日(日)  

11:00 ~ 15:00
                    
(集合時間 10:15)


場所   やぶ果樹園
      http://yabu-kajuen.com/

    ※集合場所は、南海本線「貝塚」駅改札口
      住所 〒597-0101
         大阪府貝塚市三ケ山1218-1

持ち物  昼食・飲み物・タオル・レジャーシート


※果物狩りの費用はこちらで負担致します。

※雨天の場合も決行します。

参加される方は、10月23日(金)までにお名前、お子さんのご年齢・性別、電話番号、
メールアドレスを記載し、以下のアドレスに宜しくお願い致します。

連絡先 (大野 円香)
TEL:090-5641-8624
Mail:335btikuleo@gmail.com

------------------------------------------------------------------------
やぶ果実園


芋ほり・みかん狩りですので、場所が遠い方が多いかと思いますが、
期間限定で楽しめるものですし、子どもにとって貴重な体験となるでしょう。
雨でも大丈夫な場所を選んでくださいましたので、
是非、ご参加ください!
南大阪・奈良県・和歌山県の避難者の皆様、どうぞお越しくださいね(^^)

「福島の子供の甲状腺がん発症率は20~50倍」 津田敏秀氏ら論文で指摘(The Huffington Post 2015年10月08日 )

「福島の子供の甲状腺がん発症率は20~50倍」

    津田敏秀氏ら論文で指摘


The Huffington Post | 執筆者 吉野太一郎

(引用記事)
http://www.huffingtonpost.jp/2015/10/08/tsuda-toshihide-fukushima-pandemic_n_8262682.html?utm_hp_ref=japan

2011年3月の東京電力福島第一原発事故による放射性物質の大量放出の影響で、福島県内ですでに甲状腺がんが多発しており、今後さらに多発することは避けられない――。

こうした分析を、岡山大学大学院の津田敏秀教授(生命環境学・環境疫学)らの研究グループがまとめ、国際環境疫学会が発行する医学雑誌「Epidemiology」(インターネット版)で発表された。

http://i.huffpost.com/gen/3515758/thumbs/r-TSUDA-large570.jpg

8日に東京の日本外国特派員協会で記者会見した津田氏は「チェルノブイリ原発事故で4年以内に観察された甲状腺がんの多発と同様の現象が起きているが、日本国内ではこのことが理解されず、何の準備もされていない。よく準備して対策をとるべきだ」と訴えた。

津田氏は、福島県内で2011年10月から実施されている、甲状腺がんの超音波スクリーニング検査の数値を分析した。

調査は事故当時18歳未満だった福島県民全員、約38万5000人を対象に、段階的に実施されている。このうち、2011~13年度に検査を受けた約30万人について、100万人あたり3人程度といわれる、ほぼ同年齢の日本全国での1年間あたりの発症率と比較した場合、福島市と郡山市の間で約50倍、福島原発周辺地域で約30倍、少ない地域でも20倍となった。2013年調査のいわき市で約40倍となるなど、潜伏期間を考慮すると発症率がより高いとみられるケースもあった。

1986年にソ連(現・ウクライナ)で起きたチェルノブイリ原発事故では、14歳以下の甲状腺がん患者の発生が5年目以降に急増したという。津田氏は「福島県内において甲状腺がんの著しい多発が起きていて、チェルノブイリで4年以内に観察された甲状腺がんの多発と一緒であり、チェルノブイリ同様、5~6年目以降の大きな多発は避けがたい状態だ」と指摘した。

福島県の検討委員会は8月31日時点で、事故当時18歳未満だった計104人が甲状腺がんと確定したことを明らかにしているが「現時点では原発事故の影響とは考えにくい」とし、理由としてスクリーニング検査による精度の向上や、治療の必要がないのに陽性と診断する「過剰診断」を挙げている。津田氏は「精度向上や過剰診断ではせいぜい2~3倍、あるいは6~7倍、1桁の上昇しか説明できない。統計学的な誤差の範囲もはるかに超えている」と、国や福島県の姿勢を批判した。

その上で「詳細な情報を与えるだけで、有害な暴露は桁違いに少なくなる。きめ細やかな、コストのかからない対策はいくらでも思いつく。被曝量の多い場所を見つけて滞在時間を少しでも短くすることで大きく変わってくる。不要な被曝を避ける手段が、まったくとられていない。福島県に住み続けなければならない人ほど、そういう知識をきちんと与えられなければならない」と指摘した。

 

10月31日(土)〜『避難するってどんなこと?』〜震災避難者と地域をむすぶ」〜連続講座@中津

『避難するってどんなこと?』
アートがひらく・アートがつなぐ・こどものこころ ~震災避難者と地域をむすぶ~

長期で避難する生活ってどんなこと?

もし震災で家族が別々に避難しなければならなくなったら・・

もしお隣に避難家族が引越してきたら・・

被災者の子ども向けワークショップを行うボーンフリーアートJapanでは、
子どもと一緒に避難した体験を持つ母親に避難後の生活について話していただき
避難体験から学ぶアートワークショップを開催します。

絵や創作、ダンスをしながらお子さんも一緒に楽しく過ごせます。


日時 :10月31日(土)、11月28日(土)、12月19日(土)

     13:00~16:00 

    *全3回(1回のみの参加可。できれば3回続けてご参加下さい。)

講師 :森松明希子(避難者)、滑川みさ(大阪市芸術研究所)、
    萩原ゆきみ(避難者)、林夏木(ダンサー)、
    増山麗奈(画家・絵本作家)

対象 :関西に住む方、関西に避難してきている方

    ※託児はありませんが親子でも楽しく参加出来ます!

会場 :大阪住み開きスペース『511』

    ※当日12:45に地下鉄御堂筋線「中津」駅2番出口に集合

参加費:おとな300円(材料代)、子ども無料

申込・お問合せ ボーンフリーアートJapan

      E-mail    info@bornfreeart.org   

      Tel    090-3862-2295 (阪口)

ボーンフリーアートJapanとは?
アートによる心のケアを目指し、被災地や避難地域で全8回のアートワークショップを行うなど、
アート・子ども・平和をテーマに活動するボランティア市民団体。

*HP  http://info17894.wix.com/art-project

■151031震災避難者と地域をむすぶ チラシ表
151031震災避難者と地域をむすぶ チラシ表

■151031震災避難者と地域をむすぶ チラシ裏
151031震災避難者と地域をむすぶ チラシ裏

2015/10/17&22 映画「日本と原発」上映会@西宮市

■ 2015/10/17 & 22 兵庫県西宮市(上映2回)
■ 主催:いきいきフェスタ実行委員会
○ 上映日時:2015年10月17日(土) 17 時 ~ / 10月22日(木) 13 時 30 分~ 
○ 会場名:西宮市男女共同参画センターウェーブ (西宮市高松町4-8 プレラにしのみや4階)
○ 各回定員:60名
○ 問合せ先:いきいきフェスタ実行委員会(ヨツヤ) TEL :080-1444-0199


※参加費 無料
 申込  不要
 一時保育 要申込(9/30-10/9まで)

(参照)http://www.nihontogenpatsu.com/event

10月17日(土)KANSAIサポーターズ主催 訴訟学習会のご案内@大阪弁護士会館

10月17日(土)、
「避難の権利」を求めて大阪地方裁判所に訴えた3.11避難者の応援団である
KANSAIサポーターズ主催の訴訟学習会が開催されますので、
お知らせします。

裁判所への傍聴は敷居が高い、という方にもオススメです(^^)

3.11避難者、支援者、原告、理解ある弁護士が一堂に会する「場」でもあります。
雰囲気は、堅苦しくなくて参加しやすいです。
何でも気軽に質問できます♪

■チラシ
151017


………… 訴訟学習会のご案内…………
KANSAIサポーターズでは、毎月第3土曜日に訴訟学習会を開催しています。
今回は、阪神・市民放射能測定所に来ていただき、放射能測定をどのようにしているのか、
今測っているものはどんなもので、状況など、学びたいと思います。
原告の方や避難者、裁判を応援するサポーターの方であれば参加できます。
是非、ご参加ください。
阪神・市民放射能測定所についてはこちらをご覧ください。
http://hanshinshs.blog.fc2.com/

■日時■
2015年10月17日(土)
13時~14時

■場所■
大阪弁護士会館 904号室
大阪市北区西天満1-12-5

■参加費■
原告の方々や避難者の方    無料
サポーター(テキスト代として) 200円

■ご予約・お問合せ■
kansaisapo@gmail.com
上記に参加者される方の氏名をお書きの上、
お申込みください。
当日の連絡先 → 090-8191-7027(久一)

■今回の内容■
放射能測定について学習を深める
講師:阪神・市民放射能測定所 安東さん



★毎日ポチっとサポーターズ活動
いいね! や シェア リツイートしていただくだけで、訴訟の応援になります^^v

ツイッター    https://twitter.com/kansaisapo
フェイスブック https://www.facebook.com/kansaisupporters
公式ブログ    http://kansapo.jugem.jp/




■次回の裁判は、12月17日(木)@大阪地方裁判所です!
20151015原発賠償関西訴訟6回期日おもて


☆3.11避難者の皆さまへ

関西方面へ避難をした避難者の方で、
「避難の権利」を求める裁判にご興味・ご関心のある方、
この裁判を応援したいなと思われる方は、
KANSAIサポーターズに登録をお薦めします。
(サポーターズ登録は無料で、
応援してくださる方であればどなたでもご登録可能です。
「避難の権利」関連の裁判に関する情報がタイムリーに流れてきますので
避難者の方やそのご家族、ご支援の方にはオススメです。)

KANSAIサポーターズ http://kansapo.jugem.jp

【報告】9月13日(日)WORLDなんみんDAY2015@中崎町ホール

【報告記事と3.11避難者の声】
20150913ラフィック主催@中崎町

このたびは貴重な機会をありがとうございました。

このイベントに来てお話しを聞いてくださった方の中に、
避難者の子どもの通う保育所の先生のお子さんがたまたまいらしてくださっていました。
「図書館に避難者手記の設置活動のお願い」として、
避難者手記の図書館においてもらえるお願いをしたところ、
本当にお近くの図書館にお願いをしに行ってくださったそうです。

もうすでに、その図書館には「母子避難、心の軌跡」(かもがわ出版)が設置してあったそうですが、
外国から命を守るために国外避難民として逃れて来られた方やその支援の方と、
災害時における国内避難民との共通項を見出してくださって、
さっそく「真実を知らせる」アクションをともに起こしてくださったことに、
心から感謝を申し上げます。

伝える苦しさや、
上手く伝えられないもどかしさ、
あまりに何も知られていないことへの驚きと落胆のときもありますが、
今回、私はこのイベントで、
難民2世の青年が、
自分の言葉で
そして、アイデンティティーにまで言及して話されていたことに
心から感銘を受けました。

貴重なお出会いと、そして、学びの場をありがとうございました。

2015年9月13日 福島→大阪・母子避難
森松明希子


【図書館(防災・減災/人権コーナー)に3.11避難者手記の設置をすすめ隊】

全国各地の図書館の
防災・減災コーナーや、人権・子どもの権利擁護のコーナーに、
3.11避難体験、避難者手記を設置していただけますよう、
皆さまのご支援、ご協力、お声がけをお願い申し上げます。

かもがわ出版「母子避難、心の軌跡」(好評発売中)

「母子避難、心の軌跡」(かもがわ出版)

10月15日(木)『避難の権利』裁判@大阪地方裁判所の詳細と【3.11避難者の声】

10月15日(木)『ふつうの暮らし 避難の権利 つかもう安心の未来』裁判@大阪地方裁判所の詳細と
【3.11避難者の声】です。

【3.11避難者の声】

すべてのみなさまへ

原発賠償関西訴訟原告の森松明希子です。

「ふつうの暮らし 避難の権利 つかもう安心の未来」
というキャッチフレーズを掲げ、
国と東京電力を被告とする裁判に取り組んでいます。

提訴から丸2年、裁判が始まってから1年が過ぎました。
東電福島第一原発によるいまだに収束はしていない原子力災害によって
4年半以上経過した今も、
報道に取り上げられる「復興」情報とはうらはらに、
いまだに多くの「国内避難民」がこの国には存在します。

国内避難を続けている多くの仲間とともに
被害の実相を明らかにし、
東電福島第一原発事故を教訓にし、
全ての被災者・被害者・避難者が恒久的に救済され、
もうこれ以上、「核」による被害が広がらないよう
世界に対して、次の世代に対して恥ずかしくないアクションを起こしていきたいと
私は考えます。

いつもお支え下さる皆さまに心から感謝申し上げます。

裁判も第6回期日を迎えることになりました。

東電福島第一原発事故を忘れていない皆さま、
原子力災害を憂い、
もう二度と原子力による事故で
人の命も人々のくらしも奪われてはいけない
ご一緒に考えて下さる皆さまでお時間がお許しになる皆さま、
どうぞ10月15日のご参集をお願い申し上げます。

12時からの30分間、
淀屋橋駅一番出口付近で、
関西訴訟についての街頭宣伝とチラシの配布のご協力だけでも大変励まされます。

傍聴席を一席でも多く埋め、
ともに原子力災害への関心と公正な司法の判断のために
その民意をご一緒にお示しいただけましたら、
私たち原告である原発避難者たちも社会から孤立することなく心折れずに
「おかしいことはおかしい」ときちんと声にし、
社会に訴え続けることが出来ます。

これからも、どうぞともに歩んで下さい。
明日の午後、裁判所に足をお運びください。
よろしくお願い申し上げます。

原発賠償関西訴訟
原告団代表 森松明希子


【裁判傍聴の詳細のご案内】
日時: 10月15日(木)14:00~14:30頃
場所: 大阪地方裁判所本館2階202号法廷
事件番号: 平成25年(ワ)第9521号等・損害賠償請求事件
 ※ 抽選があります(後述)
■ 当日のスケジュールを以下に記載します。)
13:00 大阪地方裁判所・本館南側玄関集合 (注:原告と弁護団は弁護士会館集合です)
http://www.courts.go.jp/…/about…/syozai/osakamain/index.html
13:15~13:30 大阪地方裁判所・本館南側玄関前 整理券配布(13:30抽選予定)
 ※ 傍聴券交付状況は裁判所のHPをご確認ください。(まだアップされていませんが、いつもの場所になると思います。)
   http://www.courts.go.jp/app/botyokoufu_jp/list?id=146
 ※ 13:20~13:30頃に、原告・弁護団は正面から裁判所に入廷を行う予定です。
14:00 弁論開始(202号法廷)
 ※ 抽選に外れた方は、同時刻に、報告集会会場(AP大阪淀屋橋・4階北B室)にて、模擬法廷を行いますので、そちらに移動をお願いします。
14:30頃 弁論終了予定
14:40頃 報告集会 AP大阪淀屋橋・4階北B室
http://www.ap-osaka.jp/info/access.html
16:00頃 報告集会終了予定
なお、裁判所敷地内では一般のチラシ配布などは禁止されておりますのでご注意ください。
弁護団からは、当日のスケジュール等を記載したものを配布する予定です。

■チラシ(おもて)
20151015原発賠償関西訴訟6回期日おもて
■チラシ(うら)
20151015原発賠償関西訴訟第6回期日うら
※裏面、新しくなりました!

■資料のご提供・お問い合わせ
KANSAIサポーターズ http://kansapo.jugem.jp


【裁判所に「声」を届け隊】よりお知らせです。

☆3.11避難者の皆さまへ

裁判期日およびそれに続く報告集会には、最も多くの避難者が集まります。
孤立している避難者の方がおられましたら、
是非お近くで行われる「避難の権利」を求める裁判の傍聴、
それに続く報告会にご参加されてみてください(どなたでも無料で傍聴可能です)。
きっと沢山の避難者されている方々とつながることができるはずです。

避難者同士はこの4年7ヶ月の間に随分とつながることが出来ました。
同じ避難元、近い境遇の方と出会えるかもしれません。

また、「避難している」という貴方の存在が、
他の避難者の励みにもなったりします。
孤立し、一人で悩んでいる避難者の方々が、
お一人でも多く、救われますように・・・。


☆すべての皆さまへ

東日本大震災とそれに伴う福島第一原子力発電所の事故の影響で、
今なお避難生活を続けている多くの人びとが、
全国47都道府県に存在しています。
(その正確な実数も実態も誰も把握はしていませんが。)

関西に避難している人たちが、
なぜ避難生活を続けているのか、
その真実の声を、裁判所にも届けています。

是非、宣誓し、真実を包み隠さず、
正々堂々と司法の場
避難者の「声」を伝える避難者のご支援も、
どうぞよろしくお願い申し上げます。
(もちろん裁判だけが唯一の伝える方法ではありません。)

東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream 
        【裁判所に「声」を届け隊】一同

連絡先  sandori2014@gmail.com

10月24日(土)13時〜3.11避難者お話会(関東→関西へ避難)@阪急淡路

■避難者お話し会(関東から関西へ避難)■

☆10/24(土)13:00から

☆阪急淡路@オリーブガーデン06-6328-5969

☆1ドリンク500円ランチは予約です。ご連絡下さい。

Appendix

Recent Comments

Recent Trackbacks

Profile

サンドリ2014

Extra

振込先

ゆうちょ銀行  
記号 14170 番号 58568201 加入者名  東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream (ヒガシニホンダイシンサイヒナンシャノカイサンクスアンドドリーム)

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2015年10月 | 11月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


アクセス数

まとめプラグイン

09 | 2015/10 [GO]| 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ一覧 最新記事一覧 コメント一覧 トラックバック一覧
[カテゴリ一覧]
WEBコンサルティングのバンブーウエイブ

検索フォーム