FC2ブログ

Entries

【報告】8/23高校生ボランティアと3.11避難者の交流@大阪府高槻市

チアーズ(公立高校生徒会有志)さんほか高校生の皆さん主催の
高校生ボランティア報告交流会(8月23日日曜日開催)
に、
避難者5名+子どもたち5名の総勢10名で参加させていただきました。

高槻保養キャンプに取り組まれた高校生の皆さんのご報告
和太鼓演奏旅行で3.11被災者を励まされた芥川高校和太鼓部の皆さんのご報告
関西に避難している3.11避難者のお話し
・6〜7名のグループ12こほどに分かれて、グループでディスカッション
・その発表と全体でふりかえり

という流れでした。
(下線部のリンク先は全てhttp://save-life-action.org です。ぜひ、高校生の感想等、お読みください。)

今回は、3.11避難者の中でも、
特に、高校生の皆さんとの交流ということで、
高校生と同世代のお子さんと一緒に避難した3.11避難者が
避難のお話の中で、
震災からのこの4年間を避難したお子さん自身が振り返って書かれた作文を
代読されました(お子さんは現在高校生と中学生。3.11当日は小6と小3)。

実際に避難生活を体験し、この4年の紆余曲折を
リアルに子ども自信の言葉で伝えられたこの作文に、
同世代の皆さんだけでなく、同じ避難者、そして参加者全員が引きこまれました。

あらゆる世代の3.11被災者がいる中で、
避難した子どもたちの声がこれまでもあまり伝えられることなく、
そして聞かれることがなかっただけに、
この4年の彼らの思いとその軌跡はとても示唆に富む内容であり、
そして心に響く多くのものがありました。

参加した高校生の皆さんからも、沢山の感想とお声がけを頂きました。

また、全体のお話しだけでは避難の実情・実相を伝えきれないところ、
参加避難者たちが各テーブルに分かれて座り、
より具体的なそれぞれの避難について語ることで、
「避難者の今」「避難の現実」をお伝えすることが出来ました。

2015年8月23日



高校生の皆さまの熱い思いとフレッシュな、そしてひたむきなお姿に、
私たち避難者も皆、とても励まされました。

また、その高校生たちの活動を支えて下さる高槻はじめ、関西在住の地域の皆様方の
大きな理解とお支えによって、
3.11被災者・避難者にとって本当に必要で大切なお取り組みが継続されていることに、
改めて感謝した一日でした。

本当にすばらしい会を持ってくださってありがとうございました。

またこのような機会がございましたら、
ぜひ積極的に参加し、3.11の真実を「伝える」、
事実を次の世代へ伝え、大災害への備え、今後の教訓にすべきことを
共に考え、私たちに出来る役割を果たして行きたいと思います。

今後ともどうぞよろしくお願い致します。

(参照リンク先)http://save-life-action.org

続きを読む

Appendix

Recent Comments

Recent Trackbacks

Profile

サンドリ2014

Extra

振込先

ゆうちょ銀行  
記号 14170 番号 58568201 加入者名  東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream (ヒガシニホンダイシンサイヒナンシャノカイサンクスアンドドリーム)

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2015年09月 | 10月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -


アクセス数

まとめプラグイン

08 | 2015/09 [GO]| 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

カテゴリ一覧 最新記事一覧 コメント一覧 トラックバック一覧
[カテゴリ一覧]
WEBコンサルティングのバンブーウエイブ

検索フォーム