東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream (サンドリと呼ばれてます)

2015年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年10月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

9月30日(水)避難者交流会Cafe IMONIKAI(9月)@大阪市社協のご案内(子連れOK・参加費不要)

避難者交流会Cafe IMONIKAI(9月)@大阪市社協のご案内(子連れOK・参加費不要)です。

毎月大阪で、たとえ参加者が少なくても、
必要としている避難者がいる限り、
細く長く続けてくださるという主催者さまのご意向により、
2012年夏〜毎月第4水曜日、
一日お部屋を開放し、自由に避難者が集える「場」をご提供くださっています。

過去の交流会の様子はコチラ

サンドリメンバーも、
毎回、一度も欠かさず通っている避難者がいます。

とても自由な雰囲気で、
避難者が震災のこと、避難のこと・・・
本当の思いを各々自由に話せる
3.11避難当事者がホッとできる素敵な「場所」です。

初めてでも大いに歓迎していただけますし、
何も話さなくても、聞くだけの方もおられます。

色々な情報も得られますし、また、避難者の思いも、
ご支援の方々に伝えることも出来ますし、
本当にオススメ出来る交流会の一つです。

避難者の皆さん同士、待ち合わせの場所にされても、
全く初めてでプラっと一人でお寄り頂いても大歓迎です。
ホッと一息ついてください(^^)

【避難者交流会Cafe IMONIKAIのご案内(保育あり)】

日 時:平成27年9月30日(水) 10:00~15:00
    
    (途中からの参加、途中退室も可能です)
    ※昼食は各自でご用意ください

場 所:大阪市立社会福祉センター
    (地下鉄「谷町九丁目」駅、近鉄「大阪上本町」駅11番出口)

主催/申込み:大阪市ボランティア・市民活動センター
    電話またはメールにて
    電話06-6765-4041・メールimonikai@osakacity-vnet.or.jp
    (名前・年齢・〒・住所・TELを添えてお申込ください。)

※6月から、サンドリも午後、13−15時の間、
避難当事者コーナーを設けて
お手伝い参加させていただくことになりました!

避難者が避難者のために出来るボランティア参加です(^^)
主に、初めて参加の方や避難してきて間もない方へ、
先に避難してきて参考になったことなど、
避難者にとってのお役立ち情報などの提供など、
出来る範囲で背伸びせず、出来る事を担っていきたいと思っています。


☆3.11避難者の皆さまへ☆

何かお手伝い出来る事はないかしら?
避難してきた自分に出来ることはないかしら?
支援頂いた4年間に感謝して今度は自分にできる社会へのご恩返しはないかしら?
とお考えの避難者の皆さん、
是非、お手伝い参加のご協力、お願いいたします。

参加しながら、徐々にお手伝い参加ということも可能です。
(というより、ほぼ、参加者と変わりないような参加の形態ですので、
特別難しいことは何もありません。)
参加者申込と同様に上記申込先までお申込ください。
当日は、サンドリメンバーがいますので、
お気軽にお声がけください(^^)

| 【避難者交流会】 | 09:43 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

09/29のツイートまとめ

sandori2014

2014年11月14日「科学史・科学論」森松明希子氏講義(藤岡毅先生)@同志社大学 を聴いて下さった同大生の皆さんのご感想 http://t.co/tUbvn0s6J4
09-29 21:06

【3.11避難者の感想】映画「小さき声のカノン」@東大阪〜やっぱりあの爆発で、 初期被曝してしまったと再確認しました、 東北と関東の多くの人々が。命よりも経済優先の日本に絶望している。(東京→奈良 Tさん) http://t.co/XDBSPc3Uh2
09-29 02:54

| 活動 | 03:39 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

9月29日(火)『避難の権利』裁判@京都地方裁判所(原発賠償京都訴訟)

『避難の権利』裁判@京都地方裁判所(原発賠償京都訴訟)のご案内です。

・9月29日(火)午前10時10分から30分までが傍聴受付

・開廷は11時

・第3次提訴の原告2名の意見陳述があります。

お一人は、茨城県からの避難者です。

※茨城県内においても、自治体の独自検査により、「小児甲状腺ガン」が見つかっています。
福島県以外でも放射能汚染は深刻であり、避難を決断した原告の意見陳述をぜひ、聞きに来て下さい。

・弁護団からは、提出する4つの準備書面のなかから、
「因果関係論(事故後の事情に基づく避難と継続の妥当性」について、
 プレゼンが行われます。

・期日終了後は、
弁護士会館3階大会議室(地下のホールではありません)において、
期日報告集会が開催されます。

・報告集会では、
「ひだんれん」(原発事故被害者団体連絡会)の結成集会の映像
「謝れ!償え!(まやえ)」の上映を行います。

・原告団からは、「ひだんれん」結成集会や行動参加の報告を行います。

・支援する会からは、
帰還施策に反対し住宅無償延長を求める「第4回公聴会」や新住宅署名」について、
訴えをさせていただきます。

・日本科学者会議の宗川さんから、
「福島県県民健康調査」の本格調査の結果分析・評価や取り組みにについて、
お話があります。



【裁判所に「声」を届け隊】よりお知らせです。

☆3.11避難者の皆さまへ

裁判期日およびそれに続く報告集会には、最も多くの避難者が集まります。
孤立している避難者の方がおられましたら、
是非お近くで行われる「避難の権利」を求める裁判の傍聴、
それに続く報告会にご参加されてみてください(どなたでも無料で傍聴可能です)。
きっと沢山の避難者されている方々とつながることができるはずです。

避難者同士はこの約4年半の間に随分とつながることが出来ました。
同じ避難元、近い境遇の方と出会えるかもしれません。

また、「避難している」という貴方の存在が、
他の避難者の励みにもなったりします。
孤立し、一人で悩んでいる避難者の方々が、
お一人でも多く、救われますように・・・。


☆すべての皆さまへ

東日本大震災とそれに伴う福島第一原子力発電所の事故の影響で、
今なお避難生活を続けている多くの人びとが、
全国47都道府県に存在しています。
(その正確な実数も実態も誰も把握はしていませんが。)

関西に避難している人たちが、
なぜ避難生活を続けているのか、
その真実の声を、裁判所にも届けています。

是非、宣誓し、真実を包み隠さず、
正々堂々と司法の場で
避難者の「声」を伝える避難者のご支援も、
どうぞよろしくお願い申し上げます。
(もちろん裁判だけが唯一の伝える方法ではありません。)

サンドリは、
人権救済を図ることを目的とする公益性の高い「避難の権利」裁判を
全力で応援します!

東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream 
        【裁判所に「声」を届け隊】一同

連絡先  sandori2014@gmail.com

| 【裁判所に「声」を届け隊】 | 09:32 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

09/28のツイートまとめ

sandori2014

女性と防災  http://t.co/ynqwKRvrnq
09-28 06:00

| 活動 | 03:41 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【報告】9月12日(土)3.11避難者講演@近江八幡

9月12日(土)3.11避難者講演@近江八幡を開催して頂きました。

2015年9月12日@近江八幡市

【3.11避難者の声】

〜避難体験を伝えさせていただいて〜

このたびは原発避難の実情をお話しさせていただく機会を設けていただきまして、
本当にありがとうございました。

滋賀県にお住まいの市民の皆さまの熱心な眼差しに、
お話させていただいた私自身本当に励まされました。

原子力災害がひとたび起これば、
周辺地域に暮らすふつうの暮らしをしている人々が一番甚大な被害を被ること、
滋賀県の皆さんはすぐお隣りに原発銀座のある福井県と隣合わせなので、
市民の皆様の危機意識の高さに、私の方が大変敬服いたしました。

東電福島第1原発の過酷事故が教訓となり、
あってはならないことではありますが、
次の原子力災害が起きた時に、
決して想定外は許されない、
その時に慌てず、パニックを起こさず、
人々の命や暮らしが守られることが、
全ての原子力災害を経験した者の願いだと思うのです。

大変なご準備の中、
事前のご準備にも多くの方々が力を尽くしてくださいまして、
本当にありがとうございました。

また、当日は沢山の皆さまに熱心に聞いて頂き、
貴重なご質問の数々も、本当にありがたかったです。
私自身、大変多くの学びの「場」となりました。

今後も、私たち3.11避難者も
与えられた役割と使命をはたすべく、
災害による避難という経験が今後の防災・減災・災害時における人権擁護の一助になりますよう、
当事者の「声」と「気づき」を真摯な気持ちで発信し続けたいと思います。

今後ともどうぞご一緒に、歩んで下さい。

2015年9月12日 森松明希子(福島県郡山市→大阪市・2児を連れて母子避難)


20150912 滋賀近江八幡市 講演会 実行委員長あいさつ

開会のご挨拶につづき、主催者挨拶の様子。

この後、DVD『ザ・サクリファイス』 
〜チェルノブイリ原発大事故処理作業者の肉体崩壊の記録〜

という貴重な資料映像ドキュメンタリー(25分)を見せていただきました。

とても衝撃的でもありましたが、
これも原子力災害の現実として、
直視しなければならないことだと思いました。

現在、福島第一原発事故の処理にあたって下さっている作業員の方々の
命がけの前線でのおはたらきに
ただただ心から感謝と体の健康とご無事を祈らずにはいられません。
※原子力災害は、4年半が経過した現在も、まだ現在進行中です。

20150912 滋賀報知新聞 講演会告知記事

地元全戸配布の新聞『滋賀報知』にも講演会情報が掲載されたそうです。
また、主催の皆さまは、駅前で街頭宣伝をしたり、
市内の幼稚園にも足を運んでチラシまきをしてくださったそうです。

小さいお子さんを抱える幼稚園のママさんたちは、
関心を示し、足をとめ、よく話を聞いてくださったそうです。
会場にも、老若男女、お子さんを連れての参加の方もおられ、
いざとなったときに、お子さんを連れての避難を余儀なくされる方に、
是非、「母子避難」体験者のお話しは聞いていただけたらいいなと
思いました。
(私たちも伝えたいこと、いっぱいあります!)

貴重な共有の場、学びの場に感謝です。

☆全国の皆さまへ☆

サンドリおはなし隊は、
全国各地に「伝えたい」避難者の「今」を伝える活動をしています。

ご連絡先 sandori2014@gmail.com

まで、ご一報ください。

| おはなし隊 | 13:38 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

09/27のツイートまとめ

sandori2014

9月27日(日)被災地女性の声を届けるVol.3-キオクガタ(ヨ)リの地図をよむ」in 神戸- http://t.co/JJY1q1knMi「世界の皆さん、助けてください〜福島と東日本の人々、特に子どもたちを被曝から守ってください」(第3回国連防災世界会議パブリックフォーラ)
09-27 12:30

| 活動 | 03:40 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

09/26のツイートまとめ

sandori2014

9月22日「小さき声のカノン-選択する人々」上映会@東大阪市男女共同参画センター「イコーラム」へ行ってきました~ http://t.co/dBRPuAcE0r
09-26 15:58

| 活動 | 03:40 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

9月27日(日)被災地女性の声を届けるVol.3-キオクガタ(ヨ)リの地図をよむ」in 神戸-


被災地女性の声を届けるVol.3
-キオクガタ(ヨ)リの地図をよむ」in 神戸-

【開催日時】
平成27年9月27日(日)13時30分-16時00分 
※参加費 500円

【開催場所】
神戸学生青年センター 会議室A
(神戸市灘区山田町3-1-1 tel 078-851-2760)
阪急六甲より徒歩3分

【趣旨】
震災から4年が経過し、特に被災地域から距離が離れた場所では、震災の風化が問題となっています。人の無関心や風化を防ぐためには、それぞれが当事者性を持つことが必要です。今回は、第3回国連防災世界会議の報告、講演会、上映、ワークショップによる被災者の語りを通して、復興や記憶の共有、防災について考えます。

9月5日、6日、宮城県気仙沼市でワークショップ「キオクガタ(ヨ)リの地図をつくる」in 気仙沼を実施しました。このワークショップでは、土地の変化だけでなく、見えない「ふるさと」の可視化と共有をめざして、記憶語りからはじまる地図の作成を試みました。

「キオクガタ(ヨ)リの地図をよむ」in 神戸では、この地図を用いて、被災地理解や防災、自分の「ふるさと」について語り合います。喪失や変化の経験、大切なものへの思いは、東日本大震災、阪神・淡路大震災、様々な災害の経験の有無を問わず、共有できるものではないでしょうか。親しみやすい「誰かの記憶」をよみとくことで、災害がもたらすものを実感し、感覚を伴った防災意識の構築を目指します。

【内容】
①第3回国連防災世界会議の報告(10分)      
   報告:トモニプロジェクト代表 西岡英子

講演「世界の皆さん、助けてください
〜福島と東日本の人々、特に子どもたちを被曝から守ってください~
  (第3回国連防災世界会議パブリックフォーラムスピーチより)(30分)    
                
   講師:東日本大震災避難者の会「Thanks & Dream」代表 森松明希子                     

③上映「被災地女性の記録」(30分)
  編集:長岡野亜(映像作家)
  撮影協力:河崎清美(NPO法人とめタウンネット)  
  企画・制作:西岡英子(トモニプロジェクト代表)   

④休けい(10分) 

⑤ワークショップ「キオクガタ(ヨ)リの地図をよむ」in神戸(70分)
ファシリテーター:川端あす香

【連絡先】トモニプロジェクト(担当:西岡)
     Email:nishi-4521@hotmail.co.jp

【主催】トモニプロジェクト
    ワークショップ協力:川端あす香



20150927被災地女性の声を届ける 「キオクガタ(ヨ)リの地図をよむ」 - コピー

| おはなし隊 | 00:01 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【報告】8月29日(土)≪西尾先生と311後の健康被害を考える!≫@十三 参加した避難者の声

8月29日(土)≪西尾先生と311後の健康被害を考える!≫@十三

【参加した311避難者の感想】



医師の立場からわかりやすく放射能の身体への影響などを説明して下さいました。

また、政府の用意したモニタリングポスト界隈の線量を測って回る活動をされ、すべて先生の用意した線量計のほうが高い数値が出たとのお話もありました。政府は4割減で発表しているそうです。

このような講演会は正直行くたび絶望感に襲われます。しかし、現実を直視しなければ進むべき道を選択できないとも思うので、また機会あれば参加しようとも思っています。

| 避難者の「声」をとどけ隊 | 14:03 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

09/25のツイートまとめ

sandori2014

9月27日(日)被災地女性の声を届けるVol.3-キオクガタ(ヨ)リの地図をよむ」in 神戸- http://t.co/JJY1q1knMi
09-25 19:25

母子避難、心の軌跡 http://t.co/fvGkXboAwo
09-25 19:23

私の好きなこの街復興支援プロジェクトHPにリンクを貼りました。 http://t.co/2hXM0bXXwA
09-25 14:47

9 月 25 日(金)チェルノブィリと福島の現実と今後を考える市民の集い@クロスパル高槻 http://t.co/jlLUgzTItb
09-25 14:45

10月11日(日)守田敏也さんのお話し会~子供の未来を守るために~食と放射能・内部被ばくって何?@豊中市すてっぷ・ホール http://t.co/gsTssgQaii
09-25 14:43

【報告】大阪の「高校生平和大使」国連訪問報告を聞き、被爆者の体験と運動に学ぶ(9月22日@東淀川区) http://t.co/EAxcepJj1j
09-25 14:43

| 活動 | 03:41 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT