東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream (サンドリと呼ばれてます)

2015年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年09月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

【3.11避難者のパブコメ(提出意見=声)】福島県⇒京都市 介護事業所理事長 車椅子使用の3.11避難者の声をお聞きください。ー 8月8日〆切のパブリックコメントに声をとどけましょう。ー

【3.11避難者のパブコメ(提出意見=声)】

福島県田村市⇒京都市西京区
介護事業所 ケア・ステーションゆうとぴあ 理事長
鈴木絹江 車椅子の使用者

1.改定案中、「避難指示区域以外から避難する状況にはない」としていることは
事実に反し、「子ども・被災者支援法」の理念や規定から大きく外れているので、
削除すべきです。

2.7月10日に発表後、17日.18日に東京と福島での説明会、
パブコメは8月8日締めきりというスケジュールには無理があります。
本当にたくさんの意見を聞きたいのならもっと時間を取るべきです。

障害を持つ人にもきちんと連絡して、
点訳資料や説明会には手話通訳をつける必要が有りますし、
知的障害を持つ人にもわかる言葉で説明会を開催して下さい。

今回の震災で一番被害を被ったのはこの様な人たちだったのではないですか?

3.広く意見募集するというパブコメなら、
ネットアクセスできない方々にも、等しく、広く知らせ、
意見提出もしやすい方法で行うべきです。

障害を持つ人に対する対応は、上記に同じ。

4.パブコメを募集する前に、たくさんの会場で、広く周知し、
インターネット配信も行なう開かれた公聴会を開催することを求めます。

是非京都や関西、全国各地で開催して話しを聞くだけではなく
政府案に取り入れることの出来る公聴会を開いてください。

5.支援対象区域を年間1ミリシーベルト以上の地域及び福島県全域とすること。

6.福島県外でも検診や医療費の減免や甲状腺がん以外のがん、がん以外の疾患も幅広く検査すること。

7.自主避難者も含む、抜本的、継続的な住宅支援制度を確立すること

8.障害を持つ人を始めとした要援護者の帰還は、
介護者や福祉事業者の整備などとセットで考えるシステムを整えてからにすること。
今のままで帰還させる事は、自死や衰弱死を促進してしまいます。
そんなことは断じて許されません。



☆すべての皆さまへ

【国に3.11避難者の声をとどけ隊】8月8日〆切のパブリックコメントに声をとどけましょう。

住所、氏名は書かなくても意見提出できます。

http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=295150710&Mode=0

【国に3.11避難者の声をとどけ隊】8月8日〆切のパブリックコメントに声をとどけましょう(FAX用)

※パブリックコメントは避難者に限らず
全ての皆さまどなたでも提出することが出来ます。
ご支援、ご協力をよろしくお願い致しますm(_ _)m

☆3.11避難者のみなさまへ

【3.11避難者のパブコメ(提出意見=声)】を
展示・ブログ公表しても良い3.11避難者の皆さまは、
下記までお送り下さい。(パブコメ提出のコピペでOKです。)

サンドリ代表メール sandori2014@gmail.com

掲示しても良い体裁に整えて、
避難元→避難先・氏名(避難元や氏名の公表の可否もお知らせ下さい。)
とともに【3.11避難者のパブコメ(提出意見=声)】と件名に明記して
サンドリ代表メールアドレス【国に3.11避難者の声をとどけ隊】係まで
お送りください。

| 避難者の「声」をとどけ隊 | 08:05 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |