東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream (サンドリと呼ばれてます)

2015年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年09月

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

8月23日(日)高校生と交流しませんか? 高校生ボランティア報告会@大阪府高槻市

【高校生と交流しませんか? 

    高校生ボランティア報告会】

主催:チアーズ(公立高校生徒会有志)ほか高校生

日時:8月23日(日)1:00 開場 1:30開演  

保育あり

場所:阪急富田駅より徒歩5分 

行信教校にて 

http://www.gyousin.com/

参加予定人数:高校生70名、一般の方40名。

一般の方からは参加費500円を徴収します。

すべて避難者の方の交通費、講師謝礼に充てます。 

報告1 たかつき保養キャンプボランティア

報告2 芥川高校和太鼓部福島ツアー

お話 森松明希子さん(母子避難)ほか

高校生との交流 4:30までに終了 

その後、講師を囲んで交流会(希望者) 6:30までに終了

お申し込みは info@save-life-action.org (平野)まで 

要予約、前日までにお願いします。 

http://save-life-action.org


2015 高槻保養キャンプ ボランティア記事

| おはなし隊 | 02:12 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

8月22日(土)さよなら原発泉北ニュータウン☆デモでのおはなし@大蓮公園(泉ヶ丘)

20150822 講演

| おはなし隊 | 07:10 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

9月27日(日)〜避難者ピアサポートの会より〜 平成27年度 京都避難者交流会vol.2@ウイングス京都

〜避難者ピアサポートの会より〜

平成27年度 京都避難者交流会vol.2

東日本大震災と原発事故から四年以上が経過。様々な支援は徐々に打ち切られ、人々の意識も風化の一途をたどる中、今も避難する人が続いています。

同じ避難を選択した者同士
つながり、時には絶望を共有し、時には知恵を出し合い
避難生活を生き抜きましょう!

とき

平成27年9月27日(日)10:00〜12:00

ところ
ウイングス京都4階
第8会議室
(京都市中京区東洞院通六角下ル御射山町262
電話075‐212‐7470)地下鉄烏丸線四条駅または阪急烏丸駅徒歩五分


参加費
無料
別室保育あり(一才から)

定員10名

申し込み・問い合わせ先

アドレス:kyoto.hinan@gmail.com

お名前と避難元→避難先をお伝えください。
保育希望の方は、お子様のお名前と年齢を添えて、お申し込みください。

定員に達し次第締切とさせていただきます。
赤ちゃん連れの方は、同室でよろしければおいでください。

主催
ドーン避難者ピアサポートの会京都
京都新聞福祉活動支援助成

| 【避難者交流会】 | 16:50 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「冷たい復興」みなし仮説打ち切りで漂流する自主避難者(日野行介記者・世界2015年8月号掲載記事)

毎日新聞記者・日野行介氏の書かれた記事です。

【「冷たい復興」みなし仮説打ち切りで漂流する自主避難者】

sekai8b.jpg
sekai8c.jpg
sekai8d.jpg
sekai8e.jpg
sekai8f.jpg

(世界2015年8月号掲載記事)

| ひろめ隊(メディア掲載・リンク等) | 12:31 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

8月29日(土)≪西尾先生と311後の健康被害を考える!≫@十三のご案内


8月29日≪西尾先生と311後の健康被害を考える!≫

 北海道ガンセンターでガンの放射線治療に39年携わってこられ、現在同センター名誉院長というお立場の西尾先生にじっくりお話を聞かせていただけることになりました。
 原発事故後自らの良心と信念にもとづいて、行動し続けて来られた西尾正道先生のお話を聞き、健康被害を最小限にしていくためになすべきことを共に考えあいたいと思います。
 関西の避難者からの一言も予定しています。

講師 西尾正道先生

日時 8月29日(土)15時半開場 15時45分開会(18時半終了予定)

場所 大阪神愛教会(十三駅西口徒歩10分
http://www.geocities.jp/osakashin_ai/
大阪市淀川区十三元今里1-1-54
※バリアフリーですので、車椅子の方もおいでください。

参加費 一般 700円  中学生以下無料
    学生・障害者・避難者 500円

お申込み方法 先着順・要予約
 下記まで、お名前・連絡先・地域か所属・割引該当の方はそのことをお伝えください。
 お席が必要なお子様の人数もお伝えください。
 なお、西尾先生にぜひお聞きしたいということがある方は質問内容も書いていただけたら、できるだけ優先してお話いただくようにしたいと思います。(当日も質問は受け付ける予定です)

主催 西尾先生のお話を聞く会

連絡先 電話 090-6916-9137  

e-mail  kuroshicha@yahoo.co.jp

《西尾正道先生ご紹介》
★2011年後の行動の軌跡
◇6月22日国立ガンセンターでの「放射線被曝についての公開討論会」の開催にかかわる。
(内部被曝の問題がジャーナリズムでも本格的に取り上げられる発端となった。)
http://www.ncc.go.jp/jp/shinsai/20110622_kokaitoronkai.html
◇2011年7月初旬に南相馬市立病院に行き、WBCの測定を指導
◇2011年7月北海道がんセンターで、ホールボデイカウンタの測定を開始
(長崎大学福島県立医大に続いて三番目)
(現在は月曜日の午前中に希望者がいれば受け付けている)
◇2011年12月「市民と科学者の内部被曝問題研究会」の呼びかけ人の一人となり、結成時から参加
http://www.acsir.org/acsir.php

◇2013年2月 国に以下の要望書を提出
内閣総理大臣・復興大臣・環境大臣・厚生労働大臣 様
1.全国の医療機関で無料検査を受ける権利を証明する【被曝検査健康手帳】(仮称)を配布すること
2.全国の医療機関に対して本検査の診療報酬の扱いについて統一すること
3.甲状腺エコー検診では、画像データを本人または保護者に渡すこと
4.被曝検査の画像を含めた資料は今後50年間保存義務とすること
5.放射線の人体影響を科学的・医学的に分析し解明する調査・研究体制を構築すること。ホールボディカウンタや尿検査によるγ線の測定とともに、α線やβ線も計測できる体制を整備すること
6.被曝線量が高かった人(555KBq/m2)に関しては、本人の要請があれば、染色体検査ができるようにすること
7.当面の対策としてウクライナの基準に準じた移住措置を行う事

◇2014年3月 チェルノブイリ訪問
◇2014年4月 モニタリングポストの測定値の異常を確認
◇2015年4月 いわき市民測定所のストロンチウム測定開始を支援

★この間 福島での甲状腺等のボランティア検診、および時々東日本で講演

★著書
「放射線健康障害の真実」2012年4月
http://www.junposha.com/catalog/product_info.php/products_id/754
「がん患者3万人と向きあった医師が語る 正直なガンの話」2014年8月
(第七章に原発事故後の問題が詳細に書かれています)
「被ばく列島」(小出裕章氏と西尾正道氏の対談集)2014年10月

| まなび隊 | 09:20 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【報告】無事終了しました!8月4日(火)~9日(日) 「関西への避難者たちの声」展@大阪府交野市

8月4日~9日まで交野市(青年の家)での「関西への避難者たちの声」展が無事終了しました。
5月の展示から2回目となります。
ゆったりとしたスペースとなってて、たくさんの展示物を壁いっぱいに貼ってくださいました。

この展示会はサンドリサポーターさん達が開催してくださっています。
お忙しい中、このような企画をしてくださり、本当に有難いです。
また、写真家 飛田晋秀氏「福島のすがた」の写真とコラボさせてさせていただいてます。

20150809交野市青年の家

展示を見に来てくださった方から
「応援してます!」と直接声を頂き、とても胸が温かくなりました。
避難者の方も来てくださったようで、ありがとうございます!
たくさんの方に足を運んでいただいて、有難く思います。

「福島のすがた」の写真は、新しい写真が増えていて、
福島はまだまだ問題が山積みだと思わずにはいられませんでした。

いつも写真で協力してくださる、Tさん。ありがとうございました。
そして、サンドリサポーターの皆様、連日暑い中ありがとうございましたm(__)m

| ブース隊 | 23:27 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

8月17日(月)~31日(月)まで「5年目の福島 南相馬・飯館村を訪ねて(2015.7.3~7.5)」@とよなか男女共同参画推進センターすてっぷ

「放射能から豊中の市民・子どもを守る会」さん主催

「5年目の福島 南相馬・飯館村

を訪ねて(2015.7.3~7.5)」


サンドリ避難者の声も展示させていただいています。
場所は豊中市にある「とよなか男女共同参画推進センターすてっぷ」です。

20150817から豊中ステップ


期間:8月17日(月)から31日(月)まで
場所:豊中市「とよなか男女共同参画推進センターすてっぷ」
    阪急宝塚線豊中駅下車すぐ エトレ5階

是非、ご覧下さい!!

| ブース隊 | 23:23 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【3.11避難者の声】3月7日「環境講座 3・11東日本大震災から学ぶ」 今中先生ご講演@守口市立中央公民館を聞いて

【3.11避難者の声(感想)】

3月7日に小出先生の同僚である今中先生の講演会
原発事故後の福島 」を聞いてきました。

福島第一原発の話となると原発の仕組みの話はどうしても出てくるのですが、
素人でも分かりやすく説明して下さいました。

今中先生は若い頃
「なぜ大阪や東京などの都会に原発をつくらないのか?危険なのではないか?」
と思われて、現在の道に進まれたそうです。

ご自身が「私の仕事は、避難者の方に『こうしなさい』と決めることはできないので、
自分の知っている知識を正しく伝えたり、
『私だったらこうする』と助言することです」
とおっしゃっていました。

また「一般人の被曝線量は年間1mSvなのに、
福島では年間20mSv以下になれば帰還を勧めていることに対してどう思われますか?」

という質問に対して
「20mSvは放射線管理者の許容限度です。(←ここの部分は記憶が曖昧です)

私は20mSvは高いと思います。」
と答えられたので、安心しました。

また
「日本が民主主義の国であるなら、
・福島第一原発の安全性に責任あった人々すべてを審問し、
・かれらの判断に、事故につながる誤り、不作為があったなら、
・裁判にかけて、しかるべき罰をうけてもらう
というシステムが必要である」

という1枚のスライドを見て、強く心を打たれました。

今中先生は「これから、我々がそのようなシステムを作っていく必要があるのです」
とおっしゃっていました。

私は原発関西訴訟の原告の1人ですが、
そのように思って下さる方がいると思うと心強いです。

30人程度の会場でしたが、ほぼ満席でした。
質問もたくさん出て、時間が足りませんでした。
一般の方も原発事故について興味を持って下さり、嬉しく思いました。


*今中先生がおっしゃった言葉ですが、記憶が曖昧な部分もあります。
言い回しが間違っているかもしれないですが、その際はお許し下さい…

(2015年3月17日 福島→大阪の避難者)



3月22日守口 環境講座

≫ Read More

| 避難者の「声」をとどけ隊 | 16:35 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

3.11避難者のみなさん、一文を募集してます!『避難者あるあるワンフレーズ』

避難者あるある575」の川柳を大募集しましたが、
5・7・5に収まらない言葉をワンフレーズにしてみませんか?
こちらも、展示・公開して、避難者の声として広めたいと思います。

『避難者あるあるワンフレーズ』

           大募集!!


例文
震災以降、キノコは食べてません~」 
            PN むーちゃん さん  

避難者の存在を知ってくれてありがとうございます」 
            PN 福島県中通り→大阪市・あっこにゃん さん


ワンフレーズなら思いつくわ!って方、
こちらのフォームからどうぞ
↓↓↓
『避難者あるあるワンフレーズ』へ投稿する

※お名前・メールアドレス・ペンネーム・避難者あるあるフレーズを書き込んで確認を押してください。

こちらのワンフレーズはブログ・ブース等で公開されます。
パッと印象に残る一文、送ってくださいね♪

| 避難者の「声」をとどけ隊 | 00:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

8月30日(日)夏のプールあそびin服部緑地ウォーターランドの案内状がレオクラブさんから届きました♪

3.11避難者の子どもたち、集まれ〜!

8月さいごの日曜日、プールで遊ぼう!!


いつもお世話になっているレオクラブさんから「夏のプールあそび」のお誘いです。
---------------------------------------------------------------------
東日本大震災避難者の会「Thanks & Dream」御中
                                
                     8月吉日
                     ライオンズクラブ国際協会レオ335-B地区
                                 
       夏のプールあそび

拝啓
 厳しい暑さが続いておりますが、いつも一方ならぬお力添えにあずかり、
誠にありがとうございます。
 さて、今年は「夏のプールあそび」を開催させていただきたいと思っています。
是非、ご参加くださいますようお願い申し上げます。
                                 敬具
          
          記

日時   2015年8月30日(日)  
       
         10:00 ~ 14:30
         
              (集合時間 9:30)


場所   服部緑地ウォーターランド
        
    ※集合場所は、北大阪急行(御堂筋線直通)「緑地公園」駅西改札口
         住所 〒561-0873
            大阪府豊中市服部緑地1-8
    ※駅からは徒歩でむかいます(約15分)。

持ち物  昼食・飲み物・浮き輪・水着・タオル・着替え・レジャーシート

※プールの入場料はこちらで負担致します。

※雨天の場合は中止です。

参加される方は、8月25日(火)まで

お子さんのお名前ご年齢性別を記載し、
以下のアドレスに宜しくお願い致します。

主催:ライオンズクラブ国際協会レオ335-B地区

お申込・お問合わせの連絡先 (担当:大野 円香)

TEL:090-5641-8624

Mail:335btikuleo@gmail.com
--------------------------------------------------------------------


初めての方も、最近避難をされてこられたかたも
どうぞご遠慮なくお申込ください。

沢山の皆さまからのお申込み、お待ちしております♪

※レオクラブさんは、これまでも継続的に、
お花見&バーベキュー@大阪城公園
秋の紅葉狩り、天王寺動物園遠足などなど・・・
避難生活を送る避難児たちに
沢山の癒やしとお楽しみと人の温かさをくださり、
いつも子どもたちに寄り添い支えてくださっています。

避難者交流会やその他各種イベントでも
お時間許す限り、学業とアルバイトの合間を縫って、
子どもたち・避難世帯の支えになってくださいました。
子どもたちは、レオクラブのお兄さん・お姉さんが本当に大好きです☆

この機会に感謝の気持ちをお伝えしたい避難者の皆さまも、
どうぞふるってご参加ください(^^)

さいごになりましたが、レオクラブの皆さま、
代替わりしても何代にも渡り、長く避難者をお支え下さいまして、
心より感謝申し上げますm(_ _)m

夏休みさいごの日曜日、若い皆さまのパワーと子どもたちの笑顔に出会えますこと、
楽しみにしています。
どうぞよろしくお願い致します。

| ささえ隊 | 21:07 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT