東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream (サンドリと呼ばれてます)

2015年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年08月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

【みんな地球の子どもじゃん】パパに会いたいプロジェクトの報告記事に掲載していただきました。

NPO法人 みんな地球の子どもじゃん様の
【パパに会いたいプロジェクト】のおかげで、
2015年GW,
この関西の地でも多くの避難世帯が家族再会を果たすことが出来ました。
避難世帯にとって5年目の今、
真に必要なご支援に、心より感謝申し上げます。

Webサイトにて、報告レポート記事を掲載していただきました。
多くの避難者の感謝の【声】も寄せられています。
 ↓
http://chikyuunokodomo.wix.com/papaniaitai#!readyfor-report1/clzz
 ↑
「レディーフォー報告」1〜6および「寄せられた声」メッセージ1〜6
どうぞすべてお読みくださいm(_ _)m

是非広く皆様に、災害により一家離散生活を送りつづけている
「避難者の声」を多くの方々にお読みいただけましたらと思います。

【避難者の(感謝の)声】

このたびは、【パパに会いたいプロジェクト】に応募させて頂きまして、
本当にありがとうございました。
我が家は4年前のGWの長期休暇をきっかけに、
母子だけが福島を離れるという母子避難を決断することになりました。
ですからGWには特別な思いがございます。
(家族バラバラになることを決断した日でもあり、
子どもたちにとっては試練の連続の日々でもありますから・・・)

そのような中、今年の家族GWの家族再会は諦めかけていたのですが、
こちらの【パパに会いたいプロジェクト】のおかげで、
家族一緒に過ごすことが出来ました。

最近、荒れていた子どもたちも、
家族が揃うと本当に落ち着いて、
父母2人の目が行き届くと2人の子どもたちも穏やかに
休暇を過ごすことが出来ました。

何気ない日常を、数日の間ではありましたが
取り戻せました。
本当にありがとうございます。

休暇が終わり、また一家離散の生活に戻りますが、
また一緒に過ごせる日が来ることを信じて、
何気ないあたり前の安全で平和な日常がある事自体に感謝しつつ
母子避難を続けてまいりたいと思います。

今回のご支援、心から感謝申し上げます。
3.11をさかいに、一家離散、家族バラバラになられたご家庭は我が家だけではないと思います。
皆さまの善意と温かいお気持ちで今回家族再会が果たせましたが、
このご支援にたどり着けていない多くの被災の皆さまにも等しくこのような支援が行き渡るよう、
国の制度として確立してくださったら良いのになぁと思います。


(NPO法人みんな地球の子どもじゃん様[パパに会いたいプロジェクト]
クラウドファンディング報告2015年4月29日~5月6日より)


☆2015年夏 パパに会いたいプロジェクト夏休み募集記事はコチラ

(参照)
NPO法人 みんな地球の子どもじゃんWeb Site

| ひろめ隊(メディア掲載・リンク等) | 07:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |