東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream (サンドリと呼ばれてます)

2015年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年08月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

7月11日(土)枚方公聴会&福島訪問団報告会

「やっぱり心配、放射能。被ばくしない権利を求める7.11
   枚方公聴会&福島訪問団報告会」のご案内です。

3.11避難者のお話しがあります。

日時:7月11日(土)14時00分〜16時半

場所:ひらかたサンプラザ 生涯学習市民センター
 (京阪枚方市駅下車3分)

資料代:500円

証言者 
 ・Oさん(茨城県から関西に避難、原発損賠関西訴訟団原告)
 ・小野さん(枚方で農家を営む、安全な食べ物を供給したいと、作物や土壌の放射
能検査を行っている)
 ・福島激励訪問団(南相馬、飯館村、福島市などで現地の方と交流した映像報告)

主催者からの呼びかけ

 政府は2017年3月で居住制限区域と避難指示解除準備区域の避難指示を解
除する方針を決定しました。現在も福島原発事故は収束のめどさえたっていない
のに、年間20ミリシーベルトという高線量地域への住民の帰還政策がすすめら
れています。自主避難者への住宅支援をうちきり、帰還せざるを得ない状況をつ
くろうとしています。
 南相馬市の132家族534名が20ミリシーベルトへの帰還は違法と裁判に
訴えました。子ども脱被ばく裁判など被ばく強要を許さない闘いが次々におこされ
ています。
 わたしたちは、7月3日〜5日、南相馬市や福島市で裁判に立ち上がる原告と
の交流、放射能汚染の実態調査、放射能健康診断実現の署名活動などを取り組み
ました。  
 7月11日、被ばくを許さない社会、放射能健診実現をめざして、激励団の現
地報告、避難者のお話、枚方市の農家の方のお話を聴く公聴会を開催しまず。
 ぜひご参加ください。

| おはなし隊 | 13:08 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |