東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream (サンドリと呼ばれてます)

2015年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年08月

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

7月22日(水)避難者交流会Cafe IMONIKAI(7月)@大阪市社協のご案内(子連れOK・参加費不要)

避難者交流会Cafe IMONIKAI(7月)@大阪市社協のご案内(子連れOK・参加費不要)です。

毎月大阪で、たとえ参加者が少なくても、
必要としている避難者がいる限り、
細く長く続けてくださるという主催者さまのご意向により、
2012年夏〜毎月第4水曜日、
一日お部屋を開放し、自由に避難者が集える「場」をご提供くださっています。

過去の交流会の様子はコチラ

サンドリメンバーも、毎回、一度も欠かさず通っている避難者がいます。
とても自由な雰囲気で、
避難者が震災のこと、避難のこと・・・
本当の思いを各々自由に話せる
3.11避難当事者がホッとできる素敵な「場所」です。

初めてでも大いに歓迎していただけますし、
何も話さなくても、聞くだけの方もおられます。

色々な情報も得られますし、また、避難者の思いも、
ご支援の方々に伝えることも出来ますし、
本当にオススメ出来る交流会の一つです。

避難者の皆さん同士、待ち合わせの場所にされても、
全く初めてでプラっと一人でお寄り頂いても大歓迎です。
ホッと一息ついてください(^^)

【避難者交流会Cafe IMONIKAIのご案内(保育あり)】

日 時:平成27年7月22日(水) 10:00~15:00
    
    (途中からの参加、途中退室も可能です)
    ※昼食は各自でご用意ください

場 所:大阪市立社会福祉センター
    (地下鉄「谷町九丁目」駅、近鉄「大阪上本町」駅11番出口)

主催/申込み:大阪市ボランティア・市民活動センター
    電話またはメールにて
    電話06-6765-4041・メールimonikai@osakacity-vnet.or.jp
    (名前・年齢・〒・住所・TELを添えてお申込ください。)

※6月から、サンドリも午後、13−15時の間、
避難当事者コーナーを設けて
お手伝い参加させていただくことになりました!

避難者が避難者のために出来るボランティア参加です(^^)
主に、初めて参加の方や避難してきて間もない方へ、
先に避難してきて参考になったことなど、
避難者にとってのお役立ち情報などの提供など、
出来る範囲で背伸びせず、出来る事を担っていきたいと思っています。


☆3.11避難者の皆さまへ☆

何かお手伝い出来る事はないかしら?
避難してきた自分に出来ることはないかしら?
支援頂いた4年間に感謝して今度は自分にできる社会へのご恩返しはないかしら?
とお考えの避難者の皆さん、
是非、お手伝い参加のご協力、お願いいたします。

参加しながら、徐々にお手伝い参加ということも可能です。
(というより、ほぼ、参加者と変わりないような参加の形態ですので、
特別難しいことは何もありません。)
参加者申込と同様に上記申込先までお申込ください。
当日は、サンドリメンバーがいますので、
お気軽にお声がけください(^^)

| 【避難者交流会】 | 21:48 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

7月30日(木)『避難の権利』を求める裁判@大阪地裁(原発賠償関西訴訟)第5回口頭弁論期日の詳細

日時: 7月30日(木)14:00~14:30頃

場所: 大阪地方裁判所本館2階202号法廷

事件番号: 平成25年(ワ)第9521号等・損害賠償請求事件
 ※ 抽選があります(後述)

20150730期日チラシ_表

■ 当日のスケジュールを以下に記載します(サポーターの行動予定を中心に)。

12:00 淀屋橋にて宣伝行動 地下鉄御堂筋線/京阪「淀屋橋」駅1番出口出たところに集合
      (12:30終了予定)

13:00 大阪地方裁判所・本館南側玄関集合 (注:原告と弁護団は弁護士会館集合です)

http://www.courts.go.jp/osaka/about_tiho/syozai/osakamain/index.html

13:15~13:30 大阪地方裁判所・本館南側玄関前 整理券配布(13:30抽選予定)

 ※ 傍聴券交付状況は裁判所のHPをご確認ください。

   http://www.courts.go.jp/app/botyokoufu_jp/list?id=146

 ※ 13:20~13:30頃に、原告・弁護団は正面から裁判所に入廷を行う予定です。

14:00 弁論開始(202号法廷)

 ※ 抽選に外れた方は、同時刻に、報告集会会場(AP大阪淀屋橋・4階南B室)にて、模擬法廷を行いますので、そちらに移動をお願いします。

14:30頃 弁論終了予定

14:40頃 報告集会 AP大阪淀屋橋・4階南B室

http://www.ap-osaka.jp/info/access.html

16:00頃 報告集会終了予定

なお、裁判所敷地内では一般のチラシ配布などは禁止されておりますのでご注意ください。
弁護団からは、当日のスケジュール等を記載したものを配布する予定です。

■ 法廷の内容・報告集会について

今回は、原告側から2通の準備書面を提出予定です。中間指針に関する書面と低線量被ばくに関する書面です。
この説明のパワーポイントを準備しています。
抽選に漏れた方も、模擬法廷にて同様のプレゼンを行いますので、ご安心ください。
なお、今回は原告意見陳述は予定しておりません。

期日後には、いつものとおり、報告集会が行われます。
宣伝物を配布したい方が多数おられると思いますが、事前に弁護団に一声おかけください。
原発と無関係な宣伝物の配布はお断りすることがあります。
また、報告集会にて宣伝したい事項があれば、こちらも弁護団に一声おかけください。
報告集会の時間が短いため、事前に申し出があったものに限らせていただく予定です。

過去に提出された書面は、以下の弁護団のHPから見ることができます。
ただし、第5回期日において提出された書面は期日以降のアップとなります。

http://hinansha-shien.sakura.ne.jp/kansai_bengodan/katsudou.html

【裁判所に「声」を届け隊】よりお知らせです。

☆3.11避難者の皆さまへ

裁判期日およびそれに続く報告集会には、最も多くの避難者が集まります。
孤立している避難者の方がおられましたら、
是非お近くで行われる「避難の権利」を求める裁判の傍聴、
それに続く報告会にご参加されてみてください(どなたでも無料で傍聴可能です)。
きっと沢山の避難者されている方々とつながることができるはずです。

避難者同士はこの4年4ヶ月の間に随分とつながることが出来ました。
同じ避難元、近い境遇の方と出会えるかもしれません。

また、「避難している」という貴方の存在が、
他の避難者の励みにもなったりします。
孤立し、一人で悩んでいる避難者の方々が、
お一人でも多く、救われますように・・・。


☆すべての皆さまへ

東日本大震災とそれに伴う福島第一原子力発電所の事故の影響で、
今なお避難生活を続けている多くの人びとが、
全国47都道府県に存在しています。
(その正確な実数も実態も誰も把握はしていませんが。)

関西に避難している人たちが、
なぜ避難生活を続けているのか、
その真実の声を、裁判所にも届けています。

是非、宣誓し、真実を包み隠さず、
正々堂々と司法の場
避難者の「声」を伝える避難者のご支援も、
どうぞよろしくお願い申し上げます。
(もちろん裁判だけが唯一の伝える方法ではありません。)

東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream 
        【裁判所に「声」を届け隊】一同

連絡先  sandori2014@gmail.com

| 【裁判所に「声」を届け隊】 | 07:19 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【みんな地球の子どもじゃん】パパに会いたいプロジェクトの報告記事に掲載していただきました。

NPO法人 みんな地球の子どもじゃん様の
【パパに会いたいプロジェクト】のおかげで、
2015年GW,
この関西の地でも多くの避難世帯が家族再会を果たすことが出来ました。
避難世帯にとって5年目の今、
真に必要なご支援に、心より感謝申し上げます。

Webサイトにて、報告レポート記事を掲載していただきました。
多くの避難者の感謝の【声】も寄せられています。
 ↓
http://chikyuunokodomo.wix.com/papaniaitai#!readyfor-report1/clzz
 ↑
「レディーフォー報告」1〜6および「寄せられた声」メッセージ1〜6
どうぞすべてお読みくださいm(_ _)m

是非広く皆様に、災害により一家離散生活を送りつづけている
「避難者の声」を多くの方々にお読みいただけましたらと思います。

【避難者の(感謝の)声】

このたびは、【パパに会いたいプロジェクト】に応募させて頂きまして、
本当にありがとうございました。
我が家は4年前のGWの長期休暇をきっかけに、
母子だけが福島を離れるという母子避難を決断することになりました。
ですからGWには特別な思いがございます。
(家族バラバラになることを決断した日でもあり、
子どもたちにとっては試練の連続の日々でもありますから・・・)

そのような中、今年の家族GWの家族再会は諦めかけていたのですが、
こちらの【パパに会いたいプロジェクト】のおかげで、
家族一緒に過ごすことが出来ました。

最近、荒れていた子どもたちも、
家族が揃うと本当に落ち着いて、
父母2人の目が行き届くと2人の子どもたちも穏やかに
休暇を過ごすことが出来ました。

何気ない日常を、数日の間ではありましたが
取り戻せました。
本当にありがとうございます。

休暇が終わり、また一家離散の生活に戻りますが、
また一緒に過ごせる日が来ることを信じて、
何気ないあたり前の安全で平和な日常がある事自体に感謝しつつ
母子避難を続けてまいりたいと思います。

今回のご支援、心から感謝申し上げます。
3.11をさかいに、一家離散、家族バラバラになられたご家庭は我が家だけではないと思います。
皆さまの善意と温かいお気持ちで今回家族再会が果たせましたが、
このご支援にたどり着けていない多くの被災の皆さまにも等しくこのような支援が行き渡るよう、
国の制度として確立してくださったら良いのになぁと思います。


(NPO法人みんな地球の子どもじゃん様[パパに会いたいプロジェクト]
クラウドファンディング報告2015年4月29日~5月6日より)


☆2015年夏 パパに会いたいプロジェクト夏休み募集記事はコチラ

(参照)
NPO法人 みんな地球の子どもじゃんWeb Site

| ひろめ隊(メディア掲載・リンク等) | 07:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2015年夏 パパに会いたいプロジェクト夏休み募集

NPO法人 みんな地球の子どもじゃん様より、

パパに会いたいプロジェクト~2015年夏休み~

の募集を開始されたとのお知らせを頂きましたのでご案内いたします。
3.11避難者で当該ご支援の必要な皆さまは、
どうぞふるってご応募ください。

※パパに会いたいプロジェクト~夏休み~は、多くのご応募を頂いたため募集を締め切りとさせて頂きます。
とのご連絡を主催者さまよりいただきました。


パパに会いたいプロジェクト~夏休み~募集のお知らせ

■実施期間:2015年7月後~8月後半まで、各家庭にて自由

■応募期間:2015年7月5日より受付開始

■応募資格:原発事故による災害救助法適用地域からの母子避難をされている方で、
      被災県に残る父親、あるいは母親や兄弟が
      避難先の家族へ会いに行くことを条件とします。
      移動は公共交通機関に限定させて頂きます。
      プロジェクト参加の感想、移動の際の使用交通機関の領収書を
      画像と共に提出頂ける方。

      ※今後の支援活動拡大のためHPで公開が条件となります。
      ※今回より父親だけでなく、おじいちゃん、おばあちゃん、兄弟、姉妹
       を対象とします。
      ※帰郷のための交通費支援は対象となりません。
       ご理解くださいますようお願いします。


■必要書類:自主避難を証明する書類(入居先の許可書のコピー、またはお電話、メールにて確認)

■移動手段:公共交通機関(自家用車による面会は対象外とさせて頂きます)

■支援内容:交通費の一部として2万円を補助

■支援金支払い:2015年9月中旬より随時

■応募方法:kimura@chikyuunokodomo.comまでメールにて

■必要応募情報:①お名前 ②生年月日 ③避難先ご住所 ④面会者住所 ⑤連絡先電話番号 ⑥面会予定日
        ⑦メールアドレス(※携帯の場合はPC受信を必ず可能に設定して下さい)
        ※件名を「パパに会いたいプロジェクト応募」として送信くだい。

■締め切り:定員となり次第締め切りとさせていただきます。

■お問い合わせ先:03-6908-7780 担当、木村

■支援金協力:命をつなぐチャリティーマルシェ2015春、あいのうた&ラヂヲデイズ

(参照)
http://chikyuunokodomo.wix.com/papaniaitai#!-activity/cxtn

| ささえ隊 | 17:14 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

7月18日(土)KANSAIサポーターズ主催 訴訟学習会のご案内@大阪弁護士会館

7月18日(土)「避難の権利」を求めて大阪地方裁判所に訴えた3.11避難者を支えてくださる
応援団KANSAIサポーターズ主催の訴訟学習会が開催されますので、
お知らせします。

裁判所への傍聴は敷居が高い、という方にもオススメです。

3.11避難者、支援者、原告、理解ある弁護士が一堂に会する「場」でもあります。
雰囲気は、堅苦しくなくて参加しやすいです。


………… 訴訟学習会のご案内…………

案内が遅くなってしまいました。
KANSAIサポーターズでは、毎月第3土曜日に訴訟学習会を開催しています。

7月18日(土)の訴訟学習会は
「国・東電の責任に関する原告準備書面の概要」
地震・津波・SA(シビアアクシデント)対策の不十分さについてです。
ポイントを弁護士の中島清治先生が説明してくださいます。
この機会にみんなで学びたいと思います。

原告の方や避難者、裁判を応援するサポーターの方であれば参加できます。
是非、ご参加ください。
なお。提出済みの準備書面は、弁護団のHPに掲載済みです。
http://hinansha-shien.sakura.ne.jp/kansai_bengodan/katsudou.html

■日時■

2015年7月18日(土)

13時〜14時

■場所■
大阪弁護士会館 903号室
大阪市北区西天満1−12−5


■参加費■
原告の方々や避難者の方    無料
サポーター(テキスト代として) 200円

■ご予約・お問合せ■
kansaisapo@gmail.com
上記に参加者される方の氏名をお書きの上、
お申込みください。
当日の連絡先 → 090-8191-7027(久一)

■今回の内容■
「国・東電の責任に関する原告準備書面の概要」
講師:中島清治弁護士

※なお、8月は第3土曜がお盆になるのでお休みです。

■チラシ■
勉強会20150718

☆3.11避難者の皆さまへ

関西方面へ避難をした避難者の方で、
「避難の権利」を求める裁判にご興味・ご関心のある方、
この裁判を応援したいなと思われる方は、
KANSAIサポーターズに登録をお薦めします。
(サポーターズ登録は無料で、
応援してくださる方であればどなたでもご登録可能です。
「避難の権利」関連の裁判に関する情報がタイムリーに流れてきますので
避難者の方やそのご家族、ご支援の方にはオススメです。)

KANSAIサポーターズ http://kansapo.jugem.jp/

| まなび隊 | 02:08 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

私の好きなこの街復興支援プロジェクトHPにリンクを貼りました。

私の好きなこの街復興支援プロジェクトHPより

関西の避難者への呼びかけチラシに応えて続々入団!!

<メイン子役>の他にも<さらわれる子役>が
 たくさん欲しい所、左のチラシのよびかけに応えて、
何と6月初めの練習には4組の家族が見学され、
数名のお子さんが入団してくれました。
これでステージに立つ<子どもたち>の姿が見えたことは
とても嬉しいことです!!

見学のご家族は、福島・関東の放射能災害を逃れて
関西に自主避難された皆さんで、
母子避難 や一家を上げて移住されてきた方などです。
 
今や災害列島の様相を呈してきた日本では、
皆さんの苦難は決して他人事ではないことを思います。
関西を<第二の故郷>に求めた皆さんと 
共に歌えることを喜びとします!!
詳細はチラシをクリックしてご覧ください。

雪の女王

私たちは大人の皆さん、支援をする皆さんも舞台に乗る仲間として募集をし続けます。
共に歌うことで癒され、励ましを与えられることでしょう!!

 皆さんに「雪の女王」の物語の中に生き、歌うことを心より歓迎します!!

連絡先 090-9116-8122 村嶋携帯 

    0797-22-9438 テラホール

| おんがく隊 | 22:20 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【神戸新聞】2015年7月5日(日)神戸で核兵器廃絶など考えるシンポ「原爆の悲劇繰り返すな」被爆者や原発事故避難者ら語る

7月4日(土)8・6ヒロシマ平和の夕べ(プレ企画)シンポジウム@兵庫勤労市民センター
の様子が神戸新聞に掲載されました。

20150705神戸新聞プレ企画(神戸) 「平和利用」という欺瞞の原発も核兵器も廃絶を

2015年7月5日(日)神戸新聞

| ひろめ隊(メディア掲載・リンク等) | 15:43 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【報告】6月28日(日)東日本大震災復興支援・さよなら原発第7回北千里駅前 チャリティーフェスタ出店報告

6月28日(日)東日本大震災復興支援・さよなら原発第7回北千里駅前 チャリティーフェスタ

サンドリブース出店しました↓

20150628b.jpg
開催直前に雨が降ったのですが、天気回復してくれました(^^)

チャリティーフェスタは11時スタート、音楽を挟んでトークがあって・・・という流れで
音楽にも癒されていました♪

11時40分〜12時頃 東日本大震災避難者の会 Thanks & Dreamから森松明希子氏のお話し。

舞台前にはテントと椅子が用意されてまして座って聞いてくれてる方、
また、会場の周りには一般の店舗が多く並んでいましたので人の流れもあり、
歩きながら聞いてくださってる方、
多くの方に避難者の声を聞いていただきました。

20150628c.jpg

本日のサンドリブースを盛り上げて下さった方々です。
応援・ご支援・ご協力、ありがとうございました!
本当にありがたいです
一緒に舞台へ!!
20150628d.jpg
本日2回目の避難者トーク。15時20分頃〜。
2回も3.11避難当事者にお話しの機会を下さって、
主催の皆さま方に大感謝です。

また、会場には顔なじみの方々の出店もあり、
何人もの避難者もスタッフ・来場者として参加していました。
そういった方々にお会いできることで、
ひとつのチャリティーイベントを通して、
沢山のパワーをいただくことができました。

今回も無事に終えることができたのも、温かい仲間の存在のおかげです。
人と人との繋がりの大切さを感じ、さらに次の活動への活力を得ることができました。
チャリティーフェスタに参加して良かったです。
参加させていただき、本当にありがとうございました。

本日は、別会場でもサンドリブース出店いたしました。
その様子はこちら!

【報告】6月28日(日)世界難民の日 関西集会2015 ブース参加報告

沢山の方々のお力添えで、
同時多発的に3.11避難者の「声」、実情をお伝えすることが出来ました。
これからも、サンドリは、
3.11避難者の「今」をお伝えすべく、
真摯に活動を続けて参りたいと思います。

また、アナタの街で、「声」を届けさせてください。
現在展示中の声はコチラ

6月27日~7月11日サンドリ展示会『震災から4年、避難者の今』@堺市総合福祉会館

| ブース隊 | 18:25 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

7月22日(水)関西避難者のための学習会&戦略会議

【関西避難者のための学習会&戦略会議へのお誘い】

熱い夏が到来しました。みなさまいかがお過ごしですか?
区域外避難者の住宅支援打ち切り、避難区域指定解除、
そして、支援法基本方針改定案の「避難する状況にない」と
いう信じられない文言・・・私たち被災者・避難者の声はきか
れず、望まない政策が次々と打ち出されています。

でも、私たちは言いたい。
Nothing About Us Without Us!
私たちのことを、私たち抜きに決めないで! と。

未来を守るために避難をしている私たちが、あきらめるわけ
にはいきません。私たちには今、何ができるでしょうか?
どんなことが必要なのでしょうか?

今後のことを考える学習会と戦略会議をもちたいと思います。
避難者の皆様のご参加をお待ちしています。

と き: 2015年7月22日(水)

10時~12時 学習会

13時~17時 戦略会議



ところ: 京都市内(お申込みの方にお知らせいたします)


学習会講師: 津久井進弁護士


資料代: 500円


持ち物: 伝えるツールとしてよさそうな資料(汚染地図など)
をお持ちでしたら、ご持参ください。


★お弁当もご予約いただけます:
キッチンnagomiさんのお弁当(800円程度)
をご希望の方は、下記へご連絡ください♪
(お弁当申し込み〆切:7月17日(金)13時まで)


参加申し込み・お問い合わせ: saekouno2013@gmail.com
070-5537-0478 (うの)


*ご参加は避難者の方に限らせていただきます(避難元不問です)。

| まなび隊 | 18:39 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【報告】3/22環境講座「3・11東日本大震災から学ぶ」第二回講座『“母子避難”そのとき・今何が起こっているのか』@守口市立中央公民館

【環境講座 3・11東日本大震災から学ぶ】

★第一回講座 『原発事故後のフクシマ』
講 師:  京都大学原子炉実験所 助教 今中哲二 氏

★第二回講座『“母子避難”そのとき・今何が起こっているのか』
講 師::東日本大震災避難者の会Thanks&Dream 代表 森松明希子

★第三回講座『南海トラフ巨大地震とわたしたちのくらし』
講 師: 関西大学 社会安全学部  教授 河田惠昭 氏

3月22日の講演の様子が、守口市の公民館フラッシュニュースに掲載されました。

公民館フラッシュニュース@守口市3月22日


守口公民館ニュース 3月22日2015年講演記事


(参照)
http://www.kyoiku-moriguchi.jp/contents/syougai/kouminkan/flash_news/flash_news_083.pdf

| おはなし隊 | 08:15 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT