東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream (サンドリと呼ばれてます)

2015年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年07月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【報告】6/29(月)ホッとネットおおさか事務局会議参加報告と次回予定

6月29日(月)ホッとネットおおさか事務局会議に
3.11避難当事者として出席させていただきました。

■次回、ホッとネットおおさか事務局会議

8月10日(月)10〜12時@大阪市社協

■その前には、3.11避難当事者はどなたでも参加できる

ホッとネットおおさか定例会

7月9日(木)13時半〜16時@大阪弁護士会館10F

があります。

※サンドリは3.11避難当事者団体として、
避難者の「生の声」「今現在の声」を届ける使命感を持って、
常に会議に参加させていただいています。

| 会議出席 | 05:26 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

7月9日(木)「ホッとネットおおさか」第18回定例会@大阪弁護士会館のご案内

ホッとネットおおさか(大阪府下避難者支援団体等連絡協議会)の
第18回定例会のご案内が届きましたのでお知らせします。

避難者の方はどなたでも参加出来ます(個人でも団体でも)。

会議出席ご希望の方は、下記連絡先まで。

【第18回定例会(平成27年7月9日)のご案内】

今回は、5月17日の「ホッとネットおおさか」避難者交流会の振り返り、
福島県の公営住宅の支援打ち切り問題、
今後の支援のあり方等を話題にしたいと思います。
今回も積極的にご出席いただきますようにお願いいたします。

なお、各団体の最近の活動についても、みなさんで共有したいと思いますので、
よろしくお願いします。


「ホッとネットおおさか」 第18回定例会

平成27年7月9日(木)午後1時30分~4時00分

     会場:大阪弁護士会館 10階会議室


住所:〒530-0047 大阪市北区西天満1-12-5

【内容】

〇 ホッとネットおおさか主催の「避難者交流会」の報告
〇 活動報告
・・・ 復興支援すいた市民会議の活動
〇 今後の避難者の戸別訪問活動
・・・ 5団体による近畿避難者の個別訪問の取り組みを中心に
〇 福島県の公営住宅の無償提供の期限について
〇 宮城県避難者交流会などの支援活動
〇 避難当事者・支援団体の皆さんからのご報告
〇 事務局からのお願い・報告                 など

【問合せ先】  大阪弁護士会 相談1課 (担当:田中)
TEL:06-6364-1238

「大阪府下避難者支援団体等連絡協議会」事務局団体
大阪府社会福祉協議会/大阪市社会福祉協議会/大阪弁護士会/全日本企業福祉協会

=============================
FAX送信先:大阪弁護士会相談課:田中宛
FAX:06-6364-5069
=============================

ホッとネットおおさか(大阪府下避難者支援団体等連絡協議会) 
第18回 定例会 
平成27年7月9日(木) 午後1時30分~4時00分
会場;大阪弁護士会館 10階会議室
  □ 参加します    
□ 欠席します   

参加団体名


参加者名

                      (計   名)
ご連絡先
TEL:           FAX:

※最近の避難者支援のための活動の近況や考えていることなど、お気軽にお書き下さい。当日、みなさんで紹介できればと思います。

また、当日配布したい資料があれば、40部程度ご準備ください。

連絡及び問合せ先
大阪弁護士会 相談1課 事務局 田中 ℡ 06-6364-1238    

| 会議出席 | 23:59 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

大阪府生活協同組合連合会主催の「お盆里帰りバス」のご案内

大阪府生活協働組合連合会さまより、
「お盆里帰りバス」のご支援のお知らせを頂きましたので、
ご案内いたします。

母子避難、父子避難、家族離散、家族内でも考え方の違い、世代によって
避難する・とどまると異なる選択を余儀なくされた避難者に
4年以上経った今も寄り添い続けて下さるご支援に、
心から感謝申し上げます。

避難元への夏休み一時帰宅のご予定にお役立てください。
避難している皆さんが、
1回でも多く、家族再会の機会が得られますように・・・

【大阪府生活協同組合連合会主催の「お盆里帰りバス」のご案内】
 
運行期間 8月12日(水)夜 大阪発 〜8月17日(月)朝 大阪着
     
     片道のみの利用も可
     
     停車地 東京駅・いわき駅・郡山駅・仙台駅

対  象 東日本大震災により関西に避難している人

参加費  無料

定  員 30名(応募多数の場合は抽選)

停車地  8/12 21時発 → 8/13 5時 → 8時半 → 10時→12時10分
         大阪   ・東京駅  ・いわき駅  ・郡山駅 ・仙台駅
     8/17 8時  ← 21時 ← 18時半 ← 16時半 ←8/17 15時発 

の予定です。

 7月29日(水)17時まで締切となります。
 先着順ではなく、応募多数の場合抽選となります。
 ・当落の連絡は、8/1頃に郵送
 ・当選者のみ詳細を案内
 ・乗降場所は参加者の状況によって寄らない場合があります。
 ・往路または復路のみの利用もできます。

お申込・お問合わせ 大阪府生活協同組合連合会

   TEL: 06-6762-7220

  ※平日9時〜17時の間でお願いします。

| ささえ隊 | 00:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

6月27日~7月11日サンドリ展示会『震災から4年、避難者の今』@堺市総合福祉会館

本日から始まりました~。

「震災から4年、避難者の今」

どうぞお知り合いの方をお誘いの上、お越しください!!
避難者の声をはじめ、読み物が多くなってますのでゆっくりとご覧くださいませ。

期間:6月27日~7月11日
場所:堺市総合福祉会館内1F
住所:堺市堺区南瓦町2番1号



20150627g.jpg
20150627h.jpg
20150627f.jpg

チラシ類を置いていますので、多くの方に拡散大歓迎です。
どうぞ、お持ちください!

今回の展示は、避難者仲間で半日かけて展示を完成させました。
お手伝いしてくださった方々、ありがとうございましたm(__)m

| ブース隊 | 21:52 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

7月19日(日)みんなで公害を学びあおう 福島原発の被災者と西淀川大気汚染の被害者から

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
みんなで公害を学びあおう
福島原発の被災者と西淀川大気汚染の被害者から
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日時:2015年7月19日(日) 13:00-16:00
場所:あおぞらビル3階グリーンルーム
   〒555-0013 大阪市西淀川区千舟1-1-1
   JR御幣島駅11番出口すぐ
定員 40人 要申込(7/17まで)託児あり
参加費 無料
アクセス http://aozora.or.jp/accesscontact

主催:あおぞら財団
協力:大阪市立大学除本理史ゼミ
地球環境基金助成事業

オプション:2015年7月19日(日) 16:00-17:00
      西淀川フィールドワーク
      解散場所 阪神なんば線出来島駅

ちらし http://qq4q.biz/lZhZ 

大阪西淀川は、工場と自動車の排ガスによる大気汚染公害に悩まされた地域です。公害患者が裁判に立ちあがり、21年の長きにわたって国と企業と戦い、裁判に勝利しました。裁判の和解金は地域再生に活用され、まだ自動車による大気汚染の問題を残しつつも、患者・住民・行政・企業の協力した取り組みで街は改善され、子育て世代を中心に人口が増えています。
現在の大きな公害問題は、福島の原発問題です。福島の原発関係の訴訟は21にも上り、原告数は1万人を超えました。大阪にも福島原発の被害を逃れて避難してきた人たちが多く、その方々も裁判を提訴しています。
公害の問題はどこにあるのか、共通点があるのか。関西在住の福島の被災者と西淀川公害の裁判の原告のみなさんからお話を伺うことで、公害について考える時間を持ちたいと思います。

<オプション> 西淀川フィールドワーク
移動:徒歩 歩きやすい靴でご参加ください
あおぞら財団→大野川緑陰道路→関西スーパー→あおぞら苑→千北診療所→43号線→出来島小学校(大気汚染の測定所)→出来島駅

<連絡先>
公益財団法人公害地域再生センター(あおぞら財団) 担当:林
〒555-0013 大阪市西淀川区千舟1-1-1あおぞらビル4階
TEL06-6475-8885 FAX06-6478-5885
webmaster@aozora.or.jp


(参照)あおぞら財団のホームページ

7月19日あおぞ財団表
7月19日あおぞ財団裏

| まなび隊 | 07:04 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

7月10日(金)「日本と原発」上映会&おはなし会@神戸大学

「復興」を多面的にとらえる試みの第1弾。原発訴訟を行う弁護士によるドキュメンタリー映画。
復興に及ぼす原発の問題を、避難者ママのおはなしもふまえ捉えかえします。

【映画「日本と原発」上映会&おはなし会】のご案内

日時:2015 年 7月10 日(金)

時間:10:40 ∼ 14:00

場所:神戸大学国際文化学部 K402

対象:大学生、一般

要申込・参加費無料

*お子様連れ OK

問合せ・申込み:神戸大学学生ボランティア支援室
E-mail: hq-vol@lab.kobe-u.ac.jp
    (エイチ キュウ ハイフン ヴィ オー エル@エル エー ビー ストーリー)
Tel: 078-803-6256

10:40 スタート(開場:10:00)
10:45 上映開始(70 分版)
11:55 上映終了
ランチ休憩(持ち込み可)
県外避難者ママのおはなし
質疑応答(座談会形式)
14:00 終了

この映画は、弁護士河合弘之と盟友弁護士海渡雄一、訴訟を共に闘う木村結の 3 人が多くの関係者、 有識者にインタビュー取材を行い、現地での情報収集や報道資料を基に事故に巻き込まれた人々の 苦しみ、原発事故を引き起こした背景、改善されない規制基準、エネルギー政策のウソと真実を追求 したドキュメンタリー映画である。

製作・監督/河合弘之 構成・監修/海渡雄一 制作協力/木村結 音楽/新垣隆 脚本・編集・監督補 拝身風太郎 制作/ K プロジェクト

7月10日日本と原発 神戸大学

| 【映画「日本と原発」】 | 05:56 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

7月4日(土)8・6ヒロシマ平和の夕べ(プレ企画)シンポジウム@兵庫勤労市民センター



【8・6ヒロシマ-平和の夕べ-(プレ企画)シンポジウム】

と き: 7月4日(土) 13:30〜16:30 資料代800円(高校生以下 無料)

ところ: 兵庫勤労市民センター 講習室 (JR「兵庫」北 、陸橋渡る)

☆発言☆

①ぼくは満員電車で原爆を浴びた
米澤鐡志さん(広島電車内被爆者)

②「平和利用」を欺瞞した、原発も核兵器も廃絶を
千葉孝子さん(芦屋市原爆被害者の会会長)

③「避難の権利」確立を求めて
森松明希子さん
(郡山市から関西ヘ避難。原発賠償関西訴訟原告団代表・
東日本大震災避難者の会Thans&Dream代表)


パネル討論(質問、意見、補足スピーチ)

同時: 写真展(「辺野古新基地に抗って」

11:00〜16:30午前中展示のみの入場は無料)

主催: 8・6ヒロシマ-平和の夕べ- 実行委員会

連絡先(神戸) 090-2063-9452
(広島)〒733-0003広島市西区三篠町1-11-9 福見ビル1F 夢や事務所


■2015.7.4シンポジウムのチラシ
20150704ヒロシマ平和の夕べシンポジウム表
20150704ヒロシマ平和の夕べシンポジウム裏

| おはなし隊 | 01:45 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

7月5日(日) 南相馬 避難20ミリ基準撤回訴訟を応援する 全国集会 in 京都

「7月5日 南相馬 避難20ミリ基準撤回訴訟を応援する
全国集会 in 京都」

◆日 時:7月5日(日)13:30~16:30
◆場 所:京都YWCA・住所京都市上京区室町通出水上ル近衛町44
       (地下鉄烏丸線・丸太町駅から徒歩5分 
        丸太町駅2番出口より北へ5分 2つ目の信号を左折)
◆内 容:
 ・「20ミリシーベルト」~被ばく影響を無視する国の政策
 ・ 南相馬・避難20ミリ基準撤回訴訟の意義(弁護団)
 ・ 南相馬の現状(小澤洋一さん/原告)
 ・ 避難者支援打ち切りの中で~避難の権利を!
 ・ 原発再稼動との関係は
 ・ 協力団体からのアピール
◆参加費:500円
◆主 催:南相馬・避難20ミリシーベルト撤回訴訟支援の会
◆協力(五十音順):グリーン・アクション、子どもたちに未来をわたしたい・
      大阪の会、 子ども脱被ばく裁判、 ネットワークあすのわ、
      福島原発告訴団関西支部、 美浜・大飯・高浜原発に反対する大阪の会
◆問い合わせ先:南相馬・避難20ミリシーベルト撤回訴訟支援の会 事務局
  FoE Japan 〒173-0037 東京都板橋区小茂根1-21-9
  Tel:03-6909-5983 Fax:03-6909-5986 
※支援の会の会員・サポーターも募集しています! 詳しくは下記をご覧ください。
 http://minamisouma.blogspot.jp/2015/05/20.html
(チラシは下記からダウンロードできます)
 https://dl.dropboxusercontent.com/u/23151586/kyoto_150705.pdf

| 【裁判所に「声」を届け隊】 | 08:52 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

7月30日(木)『避難の権利』を求める裁判@大阪地裁(原発賠償関西訴訟)第5回口頭弁論期日

20150730期日チラシ_表
20150730期日チラシ_裏


【裁判所に「声」を届け隊】よりお知らせです。

☆3.11避難者の皆さまへ

裁判期日およびそれに続く報告集会には、最も多くの避難者が集まります。
孤立している避難者の方がおられましたら、
是非お近くで行われる「避難の権利」を求める裁判の傍聴、
それに続く報告会にご参加されてみてください(どなたでも無料で傍聴可能です)。
きっと沢山の避難者されている方々とつながることができるはずです。

避難者同士はこの4年数ヶ月の間に随分とつながることが出来ました。
同じ避難元、近い境遇の方と出会えるかもしれません。

また、「避難している」という貴方の存在が、
他の避難者の励みにもなったりします。
孤立し、一人で悩んでいる避難者の方々が、
お一人でも多く、救われますように・・・。


☆すべての皆さまへ

東日本大震災とそれに伴う福島第一原子力発電所の事故の影響で、
今なお避難生活を続けている多くの人びとが、
全国47都道府県に存在しています。
(その正確な実数も実態も誰も把握はしていませんが。)

関西に避難している人たちが、
なぜ避難生活を続けているのか、
その真実の声を、裁判所にも届けています。

是非、宣誓し、真実を包み隠さず、
正々堂々と司法の場で
避難者の「声」を伝える避難者のご支援も、
どうぞよろしくお願い申し上げます。
(もちろん裁判だけが唯一の伝える方法ではありません。)

東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream 
        【裁判所に「声」を届け隊】一同

連絡先  sandori2014@gmail.com

| 【裁判所に「声」を届け隊】 | 08:38 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【避難者の感想】映画「日本と原発」の感想・・・現実を知らないと前に進めない・・・

映画「日本と原発」の感想が届きました。


【3.11避難者の感想】

映画「日本と原発」を見てきました。
弁護士のかたが裁判官に原発事故の現実を知ってもらうためにご自分で資金を出し、
制作された映画と知ってずっと観たいと思っていました。

さすが原発知識の少ない人向けを意識して制作されたこともあり、
非常にわかりやすく、
事故の背景、被害拡大の原因などの流れが説明されており、
知りたかったことがよく分かりました。

同時に、福島原発事故はあきらかに東電と国の安全対策ミスであること、
政府が今もって収束をアピールしている理由
(原発をとりまく東電や政府、マスコミ関係者等の利益の仕組み)
などもわかりました。

私たちは生まれながら母国に、原発は安全と思わせられていた、
つまるところ騙されてきたんだという悲しい現実も実感しました。

悲しいけれど現実を知らないと前に進めない。

だからこそ、この映画は日本国民全員に観てもらいたいと思いました。

特に学校でぜひ上映してほしいですね。

この作品には日本の現実、
日本が今目指すべき方向が描かれていると思います。

大学、高校生はもちろん、
中学生でもその方向性を感じられる作品だと思いました。
SK

(2015.6.20)

東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream (略称:サンドリ)は
映画「日本と原発」を勝手にすすめています。
映画を観られた避難者の皆さん、
是非ご感想をお寄せ下さい。

sandori2014@gmail.com

※タイトルに【避難者の感想】とし、
映画「日本と原発」をご覧になったご感想、
避難を余儀なくされた皆さんの思いをなど、
一言でも何文字でも文字数制限はありません。
【映画「日本と原発」をすすめ隊】係までお寄せ下さい。

頂いた感想は、ブログにアップしたり、展示会、チラシなどに掲載し、
広く世間に原子力災害の避難者の「声」を届けさせていただきます。
(掲載して良いかたちでお送りください。)
思いのある方、どうぞご協力、よろしくお願い致します。

| 【映画「日本と原発」】 | 00:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT