東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream (サンドリと呼ばれてます)

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2017年9月5日(火)ときわ家庭教育学級(岸和田市教育委員会主催)9月学習会「防災」で3.11避難者の体験お話しさせていただきます!

第6回学習会 9月5日(火曜日)10時~12時  テーマ「防災」
講師:森松明希子

場所:桜台市民センター
〒596-0823 大阪府岸和田市下松町4丁目17番1号 常盤地区公民館
Tel:072-428-9229 Fax:072-428-9231

幼児から小学生の子供をもつお母さんたちが
月に二回集まり様々な学習をしていらっしゃるそうです。
メンバーは現在十数人で活動しておられます。
毎月親なら誰しも気になる興味深いテーマを取り上げられておられます。

実際に大震災を経験した人の生の声を伺いたいとのこと。
包み隠さずテレビでは知れない現場の状況を教えてくださいと、
事前に別紙に質問事項を丁寧に聞いてくださいました。

ありがたいと同時に素晴らしいお取り組みに感謝とともに
尊敬の念を抱きました。

私たちの経験したことが、実際に教訓になって今後にいかされることを
願って、全力でお話しさせていただきます!


2017年9月5日質問



ときわ家庭教育学級とは?
桜台市民センター常盤地区公民館で子育て中の悩みや不安を解消できるような事を学んでいます。(岸和田市教育委員会主催)      
子どもたちは学級生で交代しながら保育するので安心です。
興味のある方は、一度見学へお越しください。
対象
幼児から小学生を持つ親
https://www.city.kishiwada.osaka.jp/soshiki/107/tokiwakateikyouikugakkkyuu.htmlより


避難者のお話は、
東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream(サンドリ)代表・
原発賠償関西訴訟原告団代表・
原発被害者訴訟原告団全国連絡会共同代表の
森松明希子さん(福島→大阪・2児を連れて母子避難中)

【おはなし隊】は、
3.11避難者・被災者のお話し・講演情報を随時掲載しております。
情報をお寄せ下さい。
また、お話しの機会をご支援・ご提供くださいm(__)m

メール sandori2014@gmail.com


| おはなし隊 | 12:09 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2017年8月29日(火)福島原発事故避難者のリアルを世界に伝えて@新長田勤労市民センター

福島原発事故避難者のリアルを世界に伝えて
~緑の党世界大会からの発信~

【日時】2017年8月29日(火)14:00~16:00(13:30開場)
【場所】新長田勤労市民センター 4F和室(定員50人)
JR/地下鉄新長田駅から徒歩2分(TOKYU PLAZA のビルです)
【参加費】500円(原発事故避難者/障がいをお持ちの方/学生…100円)
参加者のお子さん…無料

4月にイギリスで行われた緑の党の世界大会(グローバル・グリーンズ2017)。この大会では、福島原発事故によってイギリスに避難されている園田美都子さんにご参加いただき、世界の緑の党メンバーに避難者のおかれた状況を伝えていただきました。この大会をきっかけに、様々な場所で原発事故避難者の声を伝えてこられた園田さんからお話をお聞きし、これから私たちに何ができるのか?いっしょに考えたいと思います。

【園田美都子さんからのメッセージ】
今年3月30日から4月2日に渡り英国リバプールで開催されたグローバル・グリーン世界大会に参加させていただきました。世界中から2000名近くに及ぶ参加者が集まり、私は核セッションで福島原発時被災者として発言させていただく機会を緑の党ジャパンからいただきました。韓国、台湾、リトアニア、スウェーデンなど多くの方々から反響がありました。今回、兵庫で報告会を開きます。是非、みなさんとリバプールでの体験を共有できたらと思います。

【園田美都子さんプロフィール】
2011年3月、福島第一原発事故が起こり、夫と小学生の子供と3人で西日本に避難。現在は英国に避難中。
2017年8月29日避難者お話し会 園田さん

| おはなし隊 | 00:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2017年8月5日(土)14時~「今を知ろう 考えよう」~伝えようヒロシマ忘れまいフクシマ~@被爆72周年原水爆禁止世界大会広島「女性のひろば」

2017年8月5日@広島

広島大会「女性のひろば」

  日時 8月5日 14時~16時30分

  場所 メルパルク広島 5階
    (広島市中区基町6-36 TEL082-222-8501)

     広島駅から路面電車で約20分
    (宮島・江波・西広島行で紙屋町西下車)

  テーマ 「今を知ろう 考えよう」
     ~伝えようヒロシマ忘れまいフクシマ~



避難者のお話は、
東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream(サンドリ)代表・
原発賠償関西訴訟原告団代表・
原発被害者訴訟原告団全国連絡会共同代表の
森松明希子さん(福島→大阪・2児を連れて母子避難中)

【おはなし隊】は、
3.11避難者・被災者のお話し・講演情報を随時掲載しております。
情報をお寄せ下さい。
また、お話しの機会をご支援・ご提供くださいm(__)m

メール sandori2014@gmail.com


| おはなし隊 | 01:54 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2017年8月5日『逃げ遅れる人々』上映と避難者講演「こころはまだフクシマにある」@立命館大学国際平和ミュージアム

20170712185803c44.jpg

避難者のお話は、
鈴木さん・鈴木絹江さん(福島→京都)

【おはなし隊】は、
3.11避難者・被災者のお話し・講演情報を随時掲載しております。
情報をお寄せ下さい。
また、お話しの機会をご支援・ご提供くださいm(__)m

メール sandori2014@gmail.com

| おはなし隊 | 00:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2017年8月4日(金)プレトークイベント「記憶の共有 心の共感」①「福島に寄り添った証言者たち」

日時:8月4日(金)18:00~20:00

会場:ちおん舎(京都市中京区衣棚三条上る突抜町126)
講師:山内正太郎(一般社団法人関西浜通り交流会代表理事)
   天野和彦(福島大学うつくしまふくしま未来支援センター特任教授/はま・なか・あいづ文化連携プロジェクト実行委員会委員)
   安藤栄作(彫刻家)

参加費:無料

申込:不要

主催:はま・なか・あいづ文化連携プロジェクト実行委員会

協力:ちおん舎


2015年度からは、過去・現在・未来の福島を伝え、
福島が抱えた課題を広く共有する「はま・なか・あいづ文化連携プロジェクト成果展」を各地で開催してきました。
今年度その一環として京都市内の複数会場での開催を12月に予定しています。
本トークイベントは同展のプレイベントとして開催します。
京都は震災直後から東北支援を続けている地域の一つ。
震災から6年を過ぎた今、支援について考えたいと思います。
震災後の原発事故により原発近隣の地域はもとより、関西にも東日本から多くの方が避難しました。
それを機に新たなネットワークが生まれ、避難された方々は新しい地で新しい暮らしを始めています。
そうした動きを支援してくださった方々、団体の活動を今一度振り返ることで、
この経験を新しい社会へつなげていきたいと思います。
支援者と避難者をつなぐ活動に尽力されている山内正太郎さんと
震災直後福島県最大の避難所だったビッグパレット福島の運営にあたられた天野和彦さん、
福島県いわき市で被災後、関西に移住し創作活動を続けている安藤栄作さんをお招きし、
お話しをうかがいます。

入場無料

20170804はまなかあいづプロジェクト


主催者: はま・なか・あいづ文化連携プロジェクト



避難者のお話は、
安藤栄作さん
(東日本大震災の津波で被災し直後の原発事故による放射能被曝を避けて福島県いわき市から奈良県に家族で避難移住。彫刻家。) 


【おはなし隊】は、
3.11避難者・被災者のお話し・講演情報を随時掲載しております。
情報をお寄せ下さい。
また、お話しの機会をご支援・ご提供くださいm(__)m

メール sandori2014@gmail.com

| おはなし隊 | 14:11 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT