FC2ブログ

Entries

【緊急対談】2021年4月21日(水)19:30〜汚染水海洋放出 民意なき切り捨て@「いないことにされる私たち」青木美希氏×「災害からの命の守り方」森松明希子氏×福島出身の大学生@LIVE対談(ZOOM・無料)

20210421青木美希さん出版イベント@ZOOM.jpg

緊急対談します】汚染水問題で漁業者から「民意を無視している」と声があがっています。緊急ZOOM対談します。

「処理済み汚染水海洋放出 民意なき切り捨て」
2021年4月21日(水)午後7時半~9時半 
オンライン(参加無料) 


青木美希(朝日新聞)
森松明希子(避難者「災害からの命の守り方」著者)
福島出身の大学生


森松さんは12日、政府に「政府は『関係者の理解なしにはいかなる処分も行わない』と約束したのに反故(ほご)にするのですか」と問いただしました。
廃炉は子ども、孫世代にに引き継がざるを得ない問題です。
福島出身の大学生を交えてお話します。
福島のNPO法人アースウォーカーズが共催です。
事前申し込みが必要です。

お申し込みは
https://forms.gle/9HFszbuZJ3piWU1Q7

または、メール aokimiki0311@gmail.com でお願いします。

ZOOMですので、みなさん意見も質問もどんどんおっしゃってください。
どうぞよろしくお願いいたします。


(参照)青木美希さんのFacebookより

【緊急対談します】汚染水問題で漁業者から「民意を無視している」と声があがっています。緊急ZOOM対談します。

「処理済み汚染水海洋放出 民意なき切り捨て」
21日(水)午後7時半~9時半 オンライン(参加無料) 
青木美希(朝日新聞)
森...

青木 美希さんの投稿 2021年4月13日火曜日

2021年4月3日(土)13時〜福島原発事故から10年 摂津・吹田市民集会「命を守る、自由を守る、笑顔を守る-原発避難者の人権-」森松明希子さん講演@吹田市立岸部市民センター

20210403摂津・吹田市民集会@原発ゼロの会・摂津、千里丘(吹田).jpg
チラシ→http://www17.plala.or.jp/kyodo/20210403.pdf

福島原発事故から10年 摂津・吹田市民集会
「命を守る、自由を守る、笑顔を守る-原発避難者の人権-」

日 時:2021年4月3日(土)
午後1時30分~3時30分(受付:午後1時~)

場 所:吹田市立岸部市民センター

    〒564-0011 大阪府吹田市岸部南1丁目4番8号
    JR「岸辺駅」徒歩5分
    阪急「正雀駅」徒歩2分
    地図→https://tinyurl.com/2sg7leu2
内 容:
・DVD「ふるさと津島~消えゆくふるさと 最後の7つの物語~」視聴
 ドローンで空撮した500戸あまりの家屋。
 かわりはてた家から住民が想いを語る。
 制作:ふるさと津島を映像で残す会
 全編は 70分あります。
 1時から映し始めますので自由にご覧下さい。
 尚、集会のはじめに全員で視聴します。

・お話:命を守る、自由を守る、笑顔を守る―原発避難者の人権―
 講師:森松明希子さん(原発賠償関西訴訟原告団代表)

参加費:500円

主 催:原発ゼロの会・摂津、千里丘(吹田)

連絡先:TEL 06-6381-5709


*参加についてのお願い*
 この集会は新型コロナ感染防止と参加人数把握のため事前予約をとっています。
 参加ご希望の方は、メールで wasser861.a@pure.zaq.jp までお名前、電話、集会参加希望と書いてお知らせ下さい。
 電話・FAXの方は、どちらも 06-6875-5558・福田 まで同様にお知らせ下さい。

※現在会場は人数制限されていて、定員(50名)になり次第締め切ります。

森松明希子さん
 福島県郡山市在住中に東日本大震災に被災。
 3歳と0歳の2児を連れ、2011年5月大阪市へ母子避難。
 2018年3月19日スイス・ジュネーブの国連人権理事会本会議にてスピーチ。
 原発被害者訴訟原告団全国連絡会共同代表。


(記事引用・参照)
申込み 福島原発事故から10年、摂津・吹田市民集会「命を守る、自由を守る、笑顔を守る-原発避難者の人権-」森松明希子さん(4/3、大阪・吹田市)レイバーネットHPより
http://www.labornetjp.org/EventItem/1612517367019matuzawa

森松明希子さんFacebookより

2021年4月3日(土)はこちらでお話しさせて頂くことになりました。区域内・外の被害に実相、不可逆的で甚大な原発事故による被害をできるだけ多くの方々に知って欲しいです。
守るべきものは何かをご一緒に考える機会にしていただけましたらと思います...

森松 明希子さんの投稿 2021年1月28日木曜日

2021年3月29日(月)19:30〜東日本大震災・福島原発事故から10年。被災地と被災者の今、そしてこれから。@HRN主催(ZOOM開催・無料)で3.11福島からの避難者お話し

20210329 @HRN.jpg
HRNのHPより


HRN震災プロジェクト企画トークイベント
東日本大震災・福島原発事故から10年。被災地と被災者の今、そしてこれから。

東日本大震災・福島原発事故の発生から10年が経ち、世間的には節目と見るむきもある中で、震災・原発事故により生活が一変してしまった被災者の方の中には今でも震災・原発事故のために苦しんでいる方もいらっしゃいます。
東日本大震災は、地震と津波という自然災害による未曾有の被害だけでなく、福島原発事故によって原発の安全神話を崩壊させ、甚大な被害を今なおもたらしています。このように、東日本大震災・福島原発事故は、日本で暮らす私たちが常に自然災害やこれに伴う人災によって甚大な被害に直面するおそれの中で生きており、これにどのように向き合うのかという課題を突き付けました。
ヒューマンライツ・ナウ震災プロジェクトでは、自らも被災者でありながら、それぞれ別の地域で東日本大震災・福島原発事故がもたらした被害と課題に10年間向き合ってこられた3名のスピーカーをお招きして、活動内容、活動から実感している現状、今後についての展望や課題を、それぞれお話をしていただくトークイベントを開催いたします。
参加費無料のウェブ開催ですので、少しでも興味のある方はお申し込みください。
◆開催日時  :2021年3月29日(月) 19時30分〜21時30分

◆開催方法  :ZOOMウェビナー

◆参加費   :無料


◆お申し込み :チケットサイトPeatix(https://shinsai-event20210329.peatix.com)より無料チケットをお申し込みください。

◆視聴方法  :
前日までに、お申込いただいたメールアドレスに参加用URL(要事前登録)をお送りします。または、Peatixの視聴ページからも事前登録いただくことが可能です。

◆スピーカー :
● 岩城 恭治さん(大船渡)
大船渡市議会議員として任期満了後、夢ネット大船渡理事長。大船渡市市民活動支援協議会副会長、いわて定住・交流促進協議会理事、三陸鉄道沿線地域公共交通活性化協議会副会長などを歴任。

● 村上 充さん(気仙沼)
東日本大震災時、自宅が半壊し避難所で2ヶ月過ごした後、ムラカミサポートとして草の根の活動を続ける。活動の一環でHRN被災地支援プロジェクトの法律相談に協力。

● 森松 明希子さん(福島)
福島県郡山市在住中に東日本大震災に被災。2011年5月から、大阪市へ母子避難。原発賠償関西訴訟原告団代表。2018年3月、国連人権理事会で被災当事者としてスピーチ。

● 後藤 弘子(H R N理事)
ヒューマンライツ・ナウ副理事長。千葉大学大学院社会科学研究院教授。

◆コーディネーター:伊藤和子(H R N事務局長)

◆主催      :認定N P O法人ヒューマンライツ・ナウ(震災プロジェクト)

【お問い合わせ】
メール:info@hrn.or.jp


(参照)
https://hrn.or.jp/news/19476/?fbclid=IwAR15Xg9eMpRUcXGTnTLRw7oA4oy58GYErEW3_tVKGzPwYz_ty6VraB56W24

続きを読む

【公開取材】2021年3月24日(水)20時〜原発事故避難者と福島在住者に今を伺います@クラブハウス

20210324公開取材@クラブハウス.png

【公開取材】2021年3月24日(水)20時〜@クラブハウス
インタビュアー:青木美希さん(『地図から消される街』)
取材対象者(インタビューされる人たち):
◆鴨下全生(まつき)さん 東京に避難。教皇来日の際にスピーチする1人に選ばれ教皇と抱擁。
◆島明美さん 福島県伊達市の個人被曝線量調査について情報開示請求を行い、日隅一雄・情報流通促進賞奨励賞を受賞
◆森松明希子 大阪への原発事故避難者。国連でスピーチした。著書に「災害からの命の守り方」など。
上記3人のほか、福島に住む方々、避難した方々のお話を福島県、
大阪、東京を結んで行われます。

https://ios.joinclubhouse.com/event/MRQWBgKN

☆青木美希さんFacebookより

政府は避難者を4万人としていますが、実際は7万人と指摘されています。311が過ぎて報道が一気に減りましたが、実情をお伝えする試みを続けようと思っています。
クラブハウスで避難者の方々と、福島に住む人たちのお話を福島県、大阪、東京を結んで伺い...

青木 美希さんの投稿 2021年3月17日水曜日


☆森松明希子さんFacebookより

【公開取材】2021年3月24日(水)20時〜@クラブハウス
インタビュアー:青木美希さん(『地図から消される街』)
取材対象者(インタビューされる人たち):
◆鴨下全生(まつき)さん 東京に避難。教皇来日の際にスピーチする1人に選ばれ教皇...

森松 明希子さんの投稿 2021年3月22日月曜日

2021年3月13日(土)13時30分~16時 オンラインシンポジウム「3.11 から10年 東日本大震災と福島第一原発事故から私たちは何を学ぶのか」@大阪弁護士会(参加無料・要申込み)

20210313大阪弁護士会.jpg

大阪弁護士会災害復興支援委員会(共催;近弁連災害復興支援協議会)では、

3月13日(土曜日) 13時30分から16時(すぎまで)の予定で、

シンポジウム
「3.11から10年 東日本大震災と福島第一原発事故から私たちは何を学ぶのか」


を開催します。

ZOOMでのウェビナーでの開催です。参加費は無料。

まだ10年ですが、それでも10年。
ここまでを改めて振り返り、被災と避難の実情と課題をしっかり受け止め、自分ごととして考えるために、関西・大阪から、発信します。

第一部講演
「被災者支援法制―東日本大震災後の10年と今後の課題」
講師 関西大学社会安全学部教授 山崎 栄一 氏

第二部 座談会
「福島第一原発事故から関西に避難して~災害から命と暮らしをどう守るのか」
コーディネーター 兵庫県弁護士会会員 津久井 進 弁護士
<被災者>
森松明希子 氏(中通り:郡山市からの避難者)
井上美和子 氏(浜通り:南相馬市からの避難者)

<支援者>
久一千春 氏(KANSAIサポーターズ)
<弁護士>
白倉典武 氏(災害復興支援委員会次期委員長、福島第一原発賠償訴訟関西弁護団事務局長)
<助言者>
山崎 栄一 氏(関西大学社会安全学部教授)


第一部は、憲法と被災者法制の専門家で、被災者総合支援法を提唱されている関西大学の山崎栄一教授の講演。

第二部は、福島原発事故と被曝からのがれる権利を議論する関西のオールスターキャストが、
津久井進弁護士の掌の上で、縦横に語り合います。
あまりに面白くて終わらないのではないかということだけを心配しています。

3.11から様々に関わってきた方、あのときはまだ何もできなかったけれど大切にしたいという方、
この区切りに再度考えようという方などなど、是非ご参加ください。

お申し込みは、事前にこちらからお願いします。

http://www.osakaben.or.jp/event/2021/2021_0313.php?fbclid=IwAR3rhAhkHB_FBR-MDoSwzjssGdDvkwY0eX1RjfKxyOOOASbrrjxZ0L-ITX4


3.11避難者のおはなしは森松明希子さん井上美和子さん

森松明希子(もりまつ・あきこ)さん
2011年3月11日、福島県郡山市在住中に
東日本大震災に被災、0歳と3歳の2児を連れて同年5月に大阪市へ母子避難。
原発賠償関西訴訟原告団代表・原発被害者訴訟原告団全国連絡会共同代表を務める。
また、東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream(サンドリ)を主宰、
国連や国会などで 精力的に避難者の声を発し続けている。
2018年3月19日、スイス・ジュネーブの国連人権理事会にてスピーチ(http://goo.gl/Y7z72s
帰国後、7月11日、参議院東日本大震災復興特別委員会にて参考人として陳述。
http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/sangiin/196/0152/19607110152006.pdf
2018年3月ジュネーブで開かれた国連人権理事会にてスピーチ
2019年10月31日「黒田裕子賞」受賞  


著書:「災害からの命の守り方ー私が避難できたわけー
https://www.bungeisha.co.jp/bookinfo/detail/978-4-286-21793-2.jsp>(2021年・文芸社)

母子避難、心の軌跡
<http://www.kamogawa.co.jp/kensaku/syoseki/ha/0676.html>(2013年・かもがわ出版)

共著:「3.11避難者の声〜当事者自身がアーカイブ〜」、
red kimono 福島原子力発電所事故からの避難者たちによるスピーチ、手紙、そして避難手記 ・
A speech,letters and memoirsby evacuees from Fukushima 』

発言:「知って被ばくすることと何も知らされずに被ばくさせられること
 全然意味が違うのです」
「被ばくを避け健康を享受することは基本的人権です」
「放射能は県境では止まらない
「『避難の権利』は『平和のうちに生きる権利』なのです」
被ばくからまぬがれいのちと健康が守られる権利の大切さを世界のみなさんに伝えたい」
「『避難』は『保養』の最たるものです」
自主避難ではなく『自力避難』ではないですか?」


東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream(サンドリ)代表・
原発賠償関西訴訟原告団代表・
原発被害者訴訟原告団全国連絡会共同代表
(福島→大阪・2児を連れて母子避難中)


おはなし隊

【おはなし隊】は、
3.11避難者・被災者のお話し・講演情報を随時掲載しております。
情報をお寄せ下さい。
また、お話しの機会をご支援・ご提供くださいm(__)m

メール sandori2014@gmail.com

Appendix

Recent Comments

Recent Trackbacks

Profile

サンドリ2014

東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream(サンドリ)とは、
避難者が主体的に活動し、 お支え下さる方々へ感謝することを忘れず、 避難者の「今」を真摯にお伝えすることによって 社会貢献につながる活動を自発的・能動的に行う3.11避難当事者団体です。 参加メンバー随時募集中(^^) sandori2014@gmail.com

Extra

振込先

ゆうちょ銀行  
記号 14170 番号 58568201 加入者名  東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream (ヒガシニホンダイシンサイヒナンシャノカイサンクスアンドドリーム)

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2021年05月 | 06月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


アクセス数

まとめプラグイン

04 | 2021/05 [GO]| 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ一覧 最新記事一覧 コメント一覧 トラックバック一覧
[カテゴリ一覧]
WEBコンサルティングのバンブーウエイブ

検索フォーム