東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream (サンドリと呼ばれてます)

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2018年8月26日(日)14:00~16:30 あなたならどうしますか? もしもお家から一番近くの原発が事故を起こした時「原発事故による 被ばくからの自由・避難の権利とは」(お話し:森松明希子)@和歌山

20180826@和歌山県民交流プラザ講演チラシ.jpg

あなたならどうしますか?
もしもお家から一番近くの原発が事故を起こした時  
「原発事故による
被ばくからの自由・避難の権利とは」

講師:森松明希子さん

●日時 2018年8月26日(日)14:00~16:30
●会場 県民交流プラザ 和歌山ビッグ愛 9階会議室A
      (和歌山市手平2丁目1-2 ℡:073-435-5200)
●参加費 無料


東京電力福島第一原発の事故により、福島県だけでなく東日本の広大な地域が放射能汚染されました。しかし、避難したり住む場所を選択するための補償は十分ではなく、いのちや健康を脅かす放射能被ばくから逃れるための権利は守られていないのが現状です。いま自分たちに何ができるのか、また今後再び原発事故が起きたとき、避難する権利が守られるにはどうすればいいのか、一緒に考えていきましょう。
                    
【森松明希子さんプロフィール】
福島県郡山市在住中に東日本大震災に被災。3歳と0歳の2児を連れ2011年5月大阪市へ母子避難。東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream(サンドリ)代表、原発賠償関西訴訟原告団代表、原発被害者訴訟原告団全国連絡会共同代表、2018年3月20日スイス・ジュネーブの国連人権理事会本会議にてスピーチ。

主催:子どもたちの未来と被ばくを考える会
連絡先:和歌山市三番丁6番地関西電電ビル4階 金原法律事務所内
℡:073-451-5960(松浦)
ブログ  http://kodomomiraikibou2012.seesaa.net/
 
(参照)森松明希子さん「原発事故による被ばくからの自由・避難の権利とは」(2018年8月26日@和歌山ビッグ愛)へのお誘い - 弁護士・金原徹雄のブログ http://blog.livedoor.jp/wakaben6888/archives/52220159.html

避難者のお話は
森松明希子(もりまつ・あきこ)さん
「知って被ばくすることと何も知らされずに被ばくさせられること
 全然意味が違うのです」
「被ばくを避け健康を享受することは基本的人権です」
「放射能は県境では止まらない
「『避難の権利』は『平和のうちに生きる権利』なのです」
被ばくからまぬがれいのちと健康が守られる権利の大切さを世界のみなさんに伝えたい」

東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream(サンドリ)代表・
原発賠償関西訴訟原告団代表・
原発被害者訴訟原告団全国連絡会共同代表
(福島→大阪・2児を連れて母子避難中)


【おはなし隊】は、
3.11避難者・被災者のお話し・講演情報を随時掲載しております。
情報をお寄せ下さい。
また、お話しの機会をご支援・ご提供くださいm(__)m

メール sandori2014@gmail.com




| おはなし隊 | 00:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2018年8月6日(月) ーヒロシマ平和の夕べー @広島YMCA国際文化ホール

20180806広島1


20180806広島2


避難者のお話は

■福島から 渡部 美和(わたなべ・みわ)さん
「原発事故は継続中、みんなが当事者であることを伝えたい。」広島市段原に生まれ、入市被爆の祖母を持つ三世。31 歳の時、福島市に移住。ゆるやかな助け合い、自然農に出会い、自宅でヨガなどのサロンを開き、障がい者ヘルパーとして働く。福島原発事故により生後2カ月の息子と広島に母子避難し1 年後、夫も広島に避難した。福島原発ひろしま訴訟原告団代表。(http://heiwayube.org/より参照)

■リレートークにて 森松明希子(もりまつ・あきこ)さん
(福島→大阪・2児を連れて母子避難中)
「知って被ばくすることと何も知らされずに被ばくさせられることは全然意味が違うのです」
「被ばくを避け健康を享受することは基本的人権です」
「放射能は県境では止まらない」
「『避難の権利』は『平和のうちに生きる権利』なのです」
「被ばくからまぬがれいのちと健康が守られる権利の大切さを世界のみなさんに伝えたい」
東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream(サンドリ)代表・
原発賠償関西訴訟原告団代表・
原発被害者訴訟原告団全国連絡会共同代表

【おはなし隊】は、
3.11避難者・被災者のお話し・講演情報を随時掲載しております。
情報をお寄せ下さい。
また、お話しの機会をご支援・ご提供くださいm(__)m

メール sandori2014@gmail.com




| おはなし隊 | 04:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2018年8月4日(土)13:30〜15:30 憲法・原発カフェ 原発賠償KANSAIサポーターズ×あすわか大阪@リバティおおさか研修室

日本国憲法展season3裏面 20180804Jpeg 原発カフェ.jpg

憲法前文では、「恐怖と欠乏から免れ平和のうちに生存する権利(平和的生存権)」がうたわれています。

では仮に、「戦争」が起きなかったとしても、放射能汚染にさらされるおそれのある状況で、果たして「平和」といえるのでしょうか。

原発事故、避難の権利から考えてみたいと思います。

【日時】2018年8月4日(土)13:30~15:30
【場所】リバティ大阪 研修室
【参加費】大人500円、中学生以下無料
【講師】森松明希子さん


(引用・参照ページ)https://www.facebook.com/events/183625775679408/
↑詳細はコチラを御覧ください。
できるだけ多くの皆さまにお知らせくださいm(_ _)m

【3.11避難者の声】

平和を愛する皆さまへ

8月は、この国の多くの人が「平和」について考える機会が最も増えるときだと思います。
平和とは、日々の日常の暮らしそのものだと私は思うのです。
同じ形で「戦争」は起こらないでしょう。
それと同時に、「平和」は戦争によってのみ奪われるという思い込みは、
より「平和」からは遠くの反対側へと突き進むような気がしています。

3.11後に気づいたこと、原子力惨禍を通じて知ったことを皆さまと共有し、
対話を重ねて新しい気づきの輪を広げたいと思うのです。

「先入観を打ち破れ!」が最近の私の中の一番多いつぶやき。。。
8月4日お目にかかれる皆さま、どうぞよろしくお願い致します。

憲法・原発カフェで皆様とともに
「平和」について語り合える「平和」に、心より感謝申し上げます。

森松明希子
(福島→大阪・2児を連れて母子避難中)



避難者のお話は
森松明希子(もりまつ・あきこ)さん
「知って被ばくすることと何も知らされずに被ばくさせられること
 全然意味が違うのです」
「被ばくを避け健康を享受することは基本的人権です」
「放射能は県境では止まらない
「『避難の権利』は『平和のうちに生きる権利』なのです」
被ばくからまぬがれいのちと健康が守られる権利の大切さを世界のみなさんに伝えたい」

東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream(サンドリ)代表・
原発賠償関西訴訟原告団代表・
原発被害者訴訟原告団全国連絡会共同代表
(福島→大阪・2児を連れて母子避難中)


【おはなし隊】は、
3.11避難者・被災者のお話し・講演情報を随時掲載しております。
情報をお寄せ下さい。
また、お話しの機会をご支援・ご提供くださいm(__)m

メール sandori2014@gmail.com

≫ Read More

| おはなし隊 | 00:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2018年7月25日(水)午前10時30分~「 福島から母子避難7年『避難の権利』と憲法 〜国連人権理事会で世界に伝えた母たちの願い・子どもたちを被ばくから守って!〜」@神戸青年センター

「 福島から母子避難7年『避難の権利』と憲法
〜国連人権理事会で世界に伝えた母たちの願い・
子どもたちを被ばくから守って!〜」


2018年7月25日(水)午前10時30分~12時

(原発賠償関西訴訟原告団代表)東日本大震災避難者の会Thanks&Dream 代表 森松 明希子さん
原子力発電所の事故による今も続く数々の人権侵害について、2018年 3月に国連人権理事会でスピーチをされたことは、マスコミでも取り上げられましたのでご存知の方も多いことでしょう。「放射能被曝から逃れ健康を享受する権利」「平和に生きる権利」の確立を求めての活動および、国連での訴えについてお話いただきます。

●会場:神戸学生青年センターホール
(阪急六甲下車徒歩3分、JR六甲道下車徒歩15分)
●参加費:600円 ※託児(無料)があります。
必要な方は前々日までに予約してください。
●主 催 : (公財)神戸学生青年センター

〒657-0064 神戸市灘区山田町3-1-1
TEL 078-851-2760  FAX 078-821-5878
ホームページ http://ksyc.jp  e-mail info@ksyc.jp


2018年7月25日@神戸青年センター

(参照HP)http://ksyc.jp/seminar/food/

避難者のお話は
森松明希子(もりまつ・あきこ)さん
「知って被ばくすることと何も知らされずに被ばくさせられること
 全然意味が違うのです」
「被ばくを避け健康を享受することは基本的人権です」
「放射能は県境では止まらない
「『避難の権利』は『平和のうちに生きる権利』なのです」
被ばくからまぬがれいのちと健康が守られる権利の大切さを世界のみなさんに伝えたい」

東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream(サンドリ)代表・
原発賠償関西訴訟原告団代表・
原発被害者訴訟原告団全国連絡会共同代表
(福島→大阪・2児を連れて母子避難中)


【おはなし隊】は、
3.11避難者・被災者のお話し・講演情報を随時掲載しております。
情報をお寄せ下さい。
また、お話しの機会をご支援・ご提供くださいm(__)m

メール sandori2014@gmail.com




| おはなし隊 | 00:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【報告】「民度の低い国の国民は、より被曝するんです」@おしどりマコケンさんの7月集会「原発問題」分科会より。レポート是非お読み下さい!(^^)!

20180716041642b45.jpg

■分科会開始前のおしどりマコケンさんと楽屋にて♪
20180715楽屋にておしどりマコケンさん.jpg

■いよいよ分科会開始♪登壇者たちは司会の司法修習生の「風化」をテーマにという言葉に、
何を伝えようかな〜ってエンジン掛け始めています(^^)このあと大変熱気あふれる分科会となったことは
言うまでもありません(^^)
20180715おしどりマコケンさん分科会開始.jpg

■参加者の皆様とともに充実の素晴らしい分科会となりました☆皆さまに感謝♪
20180715おしどりマコケンさん.jpg

■分科会の後半には別の分科会でご登壇の女優・東ちづるさんも覗いてくださいました♪
20180715東ちづるさんとおしどりマコケンさんと司法修習生の皆さんたち.jpg

■新作川柳も掲載!避難者あるある575と国連人権理事会スピーチ報告の展示♪
20180715ブース隊の川柳と国連報告展示.jpg

サンドリメンバーの田中里子さんの渾身のレポート、是非お読みくださいm(_ _)m

※できるだけ多くの皆さまと共有したいです☆
「いいね」「シェア」で沢山の方々にお知らせくださいm(_ _)m

☆サンドリ・レポーター絶賛大募集(^^)
3.11避難者の声をともに届けてくださるFacebookレポーターを
サンドリは募集しています(^^)
避難者が登壇する集会、スピーチなどの【3.11避難者の声】をレポートして
サンドリのWebページに「埋め込み」記事をいただける方はご連絡くださいm(_ _)m


| おはなし隊 | 04:21 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT