FC2ブログ

Entries

2020年2月20日(木)『避難の権利』を求める裁判(原発賠償関西訴訟)第25回口頭弁論期日 @大阪地方裁判所

20200220関西訴訟第25回期日チラシ.jpg


日時:2020年2月20日(木)14:00~
場所:大阪地方裁判所
集合:13:00
※抽選に外れた方は模擬裁判を予定
※12:00〜淀屋橋で街頭アピール宣伝も行います!


【3.11避難者の声】
原発賠償関西訴訟原告の森松明希子です。
いつも傍聴応援ありがとうございます。
毎回KANSAIサポーターズの皆さまのお力をお借りして
この裁判のチラシを作っていただいていますが、
本人尋問が始まるまでに、少しでもお顔を見て、
どんな人が声をあげ、応援してほしいことををお願いしているのかが
伝わるように、イラストを写真に変えました。
また、毎回、関西訴訟原告が、
皆さまに裁判で訴えたいこと、伝えるべきことを
メッセージとして載せていただいています。

ぜひ、チラシの表の文章(原告メッセージ)も、
お手にとってお読みくださいm(_ _)m

***被災者が前を向いたら、原発事故は終りですか?***
原告:石塚愛紗(20歳)さんより 
日本は自然災害が多い国と言われています。大きな地震や台風が毎年のように発生しそのたびに“被災者”が生まれます。先日SNSで「被災者気取り」というツイートを見ました。被害が大きくなかったのに、もう何年も経っているのに、いつまでそんな話をしているのだと言いたいのでしょう。
では私はもう被災者ではないのでしょうか。私は小さい頃から舞台女優になりたいと願い続け、その思いは震災にも負けない程強く、今でも目標に向かって頑張っていると話すと、「もう大丈夫」と言われることが多いです。被災者とは「たくさんのものを失い、心に深い傷を負った人」であるべきなのでしょうか。前を向いてがんばっている人はもう被災者ではないのでしょうか?被災者が前を向いたら原発事故は終わったことになるのでしょうか?この文章を読んでくださった方がどう思われるかもちろん自由です。ですがかわいそうな人を助けるだけでなく、頑張っている人を暖かく見守って頂けると嬉しいです。



20200220原発賠償関西訴訟第25回期日チラシ.jpg

※できるだけ多くの皆さまにお知らせくださいm(_ _)m
傍聴応援、周知のお願い、どうぞよろしくお願い申し上げます。

続きを読む

2020年2月5日(水)3.11避難者による「自然環境と防災」の授業「福島からの避難者の『今』」@兵庫県立舞子高校で環境防災科1年生の皆さまにお話しさせていただきます!


兵庫県立舞子高校でお話させていただく機会をいただきました。
環境防災科の1年生の授業の講師としてお招き頂きました。

舞子高校でのお話は今年で3回目となります。
今回も環境防災科の専門科目としての「自然環境と防災Ⅰ」の授業です。
テーマは「福島からの避難者の『今』」


前回・前々回のお話はコチラ

2019年1月31日(木)3.11避難者による「自然環境と防災」の授業「福島からの避難者の『今』」@兵庫県立舞子高校で環境防災科1年生の皆さまにお話しさせていただきます!
http://sandori2014.blog.fc2.com/blog-entry-2066.html

2018年10月31日(水)3.11避難者による高校3年生へ基本的人権のお話@舞子高校 

http://sandori2014.blog.fc2.com/blog-entry-1940.html

3.11被災・避難当事者の声に耳を傾け、
ともに考えて下さることに心から感謝と敬意を申し上げます。

3.11避難者のお話:森松明希子さん
(福島→大阪・2児を連れて母子避難中)
 
東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream(サンドリ)代表・
原発賠償関西訴訟原告団代表・
原発被害者訴訟原告団全国連絡会共同代表

2011 年 3 月福島県郡山市在住中に被災。当時0歳と3歳の 2 児とともに同年 5月に大阪へ母子避難。
2018 年 3 月、国連人権理事会(ジュネーヴ)にてスピーチ。


著書:「母子避難、心の軌跡」(かもがわ出版)
共著:「3.11避難者の声~当事者自身がアーカイブ~」、
『 red kimono~福島原子力発電所事故からの避難者たちによ
るスピーチ、手紙、そして避難手記 ・ A speech,letters
and memoirsby evacuees from Fukushima ~』


貴重な機会をいただきまして感謝です。

サンドリは、3.11避難を体験した「当時者自身がアーカイブ♪」をモットーに、
事実と体験に基づく真実を真摯にお伝えする活動を続けています。
今後の防災・減災・災害時における基本的人権が尊重されますことを
心から願っています。


学校に声をとどけ隊

【学校に声をとどけ隊】からのお願い
http://sandori2014.blog.fc2.com/blog-entry-1309.html

※3.11から8年10ヶ月が経過し、避難している現状は変わらないのに風化のスピードも加速し、
避難者の現状・実情など事実を知っていただく必要性を感じております。
特に子どもたちを連れて避難している避難者の現状に鑑み、
今後ともぜひ学校・教育機関は特に、
それ以外の場においても311避難の現況をお伝えする機会の提供を
なお一層ご支援いただけましたら幸いにございます。

生徒会企画、文化祭企画でも是非取り上げて頂けましたら、
サンドリ一同、嬉しく思います☆


防災・減災・災害時における人権擁護に私たち3.11避難当事者の経験が活かされ、
社会に貢献できることを私たちは心から願っています。

東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream(略称:サンドリ)
代表メール  sandori2014@gmail.com



2020年1月24日(金)小学校5・6年生の児童に3.11被災・避難の経験をお話させていただきました@東大阪市立意岐部東小学校

東大阪市にある小学校で5・6年生の生徒さんたちに、
3.11東日本大震災で福島県郡山市で被災した体験と、
その後の避難の経験をお伝えしてきました。

2年前にも5・6年生の皆さんにお話をさせていただきましたが、
今年は自分の子どもと同じ学年のお子さんたちにお話することになり、
非常に親近感を持ってお話することが出来ました。

途中で質問を投げかけながら1時間お時間を頂いてお話をしたのですが、
ものすごくよく聞いてくださって、
質問の時間にも5年生も6年生も沢山の子たちがこちらも考えさせられるような質問をしてくれました。

3.11は地震・津波・原子力災害という3つの複合的な災害なのですよ、
いちばん大切なのは、「たった一つしかない命を守る行動をとること」なのだと思います、
ということを中心にお話をしたのですが、
子どもたちは、一生懸命聞いてくれて、
また、聞いた話に基づいて疑問に思ったことを質問してくれたことに、
とても感銘を受けました。
質問してくださることで、より深く、より具体的に3.11の経験と避難するということをお伝えすることが出来ました。

《小学5・6年生から受けた質問》
・大阪に避難をしてきて一番ホッとしたことはどんなことですか?
・原子力発電所はどうして日本にあるのですか?
・お見舞いは何をもらいましたか?
・これから地震とか災害にあったときに一番必要な備えは何ですか?
・家族が離れ離れになっている今、どういう生活をしていますか?
(父と子はどうやって会っているのか?どんな避難生活なのか?)
など。

2年前、6年生の担任で一度お話を聞いてくださった先生が、
学校全体の人権担当の先生になっておられたり、
校長先生は9年前、直後に東北支援に行かれて、その時の現地の写真(津波被害が主ですが)を
ずっと校長室に「忘れない」ように見える形で置かれていて、
児童の皆さんにも、「興味を持った人がいたら、いつでも見に来たり話を聞きにきてくださいね」と語りかけられたり、
教頭先生は、直後の海外からの情報を得られたことなど、控室でそういうお話ができたこともありまして、
私の方こそ、学校の教育現場でも多くの先生方が3.11での教訓を今後の防災・減災・人権教育に活かそうとしてくださっていうることに、非常に心打たれました。

【写真報告集】☆ななつ星ツアー2019☆ 子ども達を福島事故の被ばくから守る母親ツアー
欧州の小中高・大学などでの講演の様子などの報告写真集でもあるのですが、
海外での学校でのお取り組みなどにも興味を示してくださいましたので、
1冊献本させていただきました!
ななつ星ツアー2019冊子.jpg

おきべひがし小学校の皆さま、どうもありがとうございました。
(2020年1月24日 森松明希子)


3.11被災・避難当事者の声に耳を傾け、
ともに考えて下さることに心から感謝と敬意を申し上げます。

3.11避難者のお話:森松明希子さん
(福島→大阪・2児を連れて母子避難中)
 
東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream(サンドリ)代表・
原発賠償関西訴訟原告団代表・
原発被害者訴訟原告団全国連絡会共同代表

2011 年 3 月福島県郡山市在住中に被災。当時0歳と3歳の 2 児とともに同年 5月に大阪へ母子避難。
2018 年 3 月、国連人権理事会(ジュネーヴ)にてスピーチ。


著書:「母子避難、心の軌跡」(かもがわ出版)
共著:「3.11避難者の声~当事者自身がアーカイブ~」、
『 red kimono~福島原子力発電所事故からの避難者たちによ
るスピーチ、手紙、そして避難手記 ・ A speech,letters
and memoirsby evacuees from Fukushima ~』


貴重な機会をいただきまして感謝です。

サンドリは、3.11避難を体験した「当時者自身がアーカイブ♪」をモットーに、
事実と体験に基づく真実を真摯にお伝えする活動を続けています。
今後の防災・減災・災害時における基本的人権が尊重されますことを
心から願っています。


学校に声をとどけ隊

【学校に声をとどけ隊】からのお願い
http://sandori2014.blog.fc2.com/blog-entry-1309.html

※3.11から8年10ヶ月が経過し、避難している現状は変わらないのに風化のスピードも加速し、
避難者の現状・実情など事実を知っていただく必要性を感じております。
特に子どもたちを連れて避難している避難者の現状に鑑み、
今後ともぜひ学校・教育機関は特に、
それ以外の場においても311避難の現況をお伝えする機会の提供を
なお一層ご支援いただけましたら幸いにございます。

生徒会企画、文化祭企画でも是非取り上げて頂けましたら、
サンドリ一同、嬉しく思います☆


防災・減災・災害時における人権擁護に私たち3.11避難当事者の経験が活かされ、
社会に貢献できることを私たちは心から願っています。

東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream(略称:サンドリ)
代表メール  sandori2014@gmail.com





2020年1月24日(金)小学校5・6年生の児童に3.11被災・避難の経験をお話させていただきました@東大阪市立意岐部東小学校

東大阪市にある小学校で5・6年生の生徒さんたちに、
3.11東日本大震災で福島県郡山市で被災した体験と、
その後の避難の経験をお伝えしてきました。

2年前にも5・6年生の皆さんにお話をさせていただきましたが、
今年は自分の子どもと同じ学年のお子さんたちにお話することになり、
非常に親近感を持ってお話することが出来ました。

途中で質問を投げかけながら1時間お時間を頂いてお話をしたのですが、
ものすごくよく聞いてくださって、
質問の時間にも5年生も6年生も沢山の子たちがこちらも考えさせられるような質問をしてくれました。

3.11は地震・津波・原子力災害という3つの複合的な災害なのですよ、
いちばん大切なのは、「たった一つしかない命を守る行動をとること」なのだと思います、
ということを中心にお話をしたのですが、
子どもたちは、一生懸命聞いてくれて、
また、聞いた話に基づいて疑問に思ったことを質問してくれたことに、
とても感銘を受けました。
質問してくださることで、より深く、より具体的に3.11の経験と避難するということをお伝えすることが出来ました。

《小学5・6年生から受けた質問》
・大阪に避難をしてきて一番ホッとしたことはどんなことですか?
・原子力発電所はどうして日本にあるのですか?
・お見舞いは何をもらいましたか?
・これから地震とか災害にあったときに一番必要な備えは何ですか?
・家族が離れ離れになっている今、どういう生活をしていますか?
(父と子はどうやって会っているのか?どんな避難生活なのか?)
など。

2年前、6年生の担任で一度お話を聞いてくださった先生が、
学校全体の人権担当の先生になっておられたり、
校長先生は9年前、直後に東北支援に行かれて、その時の現地の写真(津波被害が主ですが)を
ずっと校長室に「忘れない」ように見える形で置かれていて、
児童の皆さんにも、「興味を持った人がいたら、いつでも見に来たり話を聞きにきてくださいね」と語りかけられたり、
教頭先生は、直後の海外からの情報を得られたことなど、控室でそういうお話ができたこともありまして、
私の方こそ、学校の教育現場でも多くの先生方が3.11での教訓を今後の防災・減災・人権教育に活かそうとしてくださっていうることに、非常に心打たれました。

【写真報告集】☆ななつ星ツアー2019☆ 子ども達を福島事故の被ばくから守る母親ツアー
欧州の小中高・大学などでの講演の様子などの報告写真集でもあるのですが、
海外での学校でのお取り組みなどにも興味を示してくださいましたので、
1冊献本させていただきました!

おきべひがし小学校の皆さま、どうもありがとうございました。
(2020年1月24日 森松明希子)


3.11被災・避難当事者の声に耳を傾け、
ともに考えて下さることに心から感謝と敬意を申し上げます。

3.11避難者のお話:森松明希子さん
(福島→大阪・2児を連れて母子避難中)
 
東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream(サンドリ)代表・
原発賠償関西訴訟原告団代表・
原発被害者訴訟原告団全国連絡会共同代表

2011 年 3 月福島県郡山市在住中に被災。当時0歳と3歳の 2 児とともに同年 5月に大阪へ母子避難。
2018 年 3 月、国連人権理事会(ジュネーヴ)にてスピーチ。


著書:「母子避難、心の軌跡」(かもがわ出版)
共著:「3.11避難者の声~当事者自身がアーカイブ~」、
『 red kimono~福島原子力発電所事故からの避難者たちによ
るスピーチ、手紙、そして避難手記 ・ A speech,letters
and memoirsby evacuees from Fukushima ~』


貴重な機会をいただきまして感謝です。

サンドリは、3.11避難を体験した「当時者自身がアーカイブ♪」をモットーに、
事実と体験に基づく真実を真摯にお伝えする活動を続けています。
今後の防災・減災・災害時における基本的人権が尊重されますことを
心から願っています。


学校に声をとどけ隊

【学校に声をとどけ隊】からのお願い
http://sandori2014.blog.fc2.com/blog-entry-1309.html

※3.11から8年10ヶ月が経過し、避難している現状は変わらないのに風化のスピードも加速し、
避難者の現状・実情など事実を知っていただく必要性を感じております。
特に子どもたちを連れて避難している避難者の現状に鑑み、
今後ともぜひ学校・教育機関は特に、
それ以外の場においても311避難の現況をお伝えする機会の提供を
なお一層ご支援いただけましたら幸いにございます。

生徒会企画、文化祭企画でも是非取り上げて頂けましたら、
サンドリ一同、嬉しく思います☆


防災・減災・災害時における人権擁護に私たち3.11避難当事者の経験が活かされ、
社会に貢献できることを私たちは心から願っています。

東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream(略称:サンドリ)
代表メール  sandori2014@gmail.com





続きを読む

2020年1月23日(木)3.11避難者のお話を大阪商業大学堺高校の1年生にお話させていただくことになりました。

2020年1月23日(木)3.11避難者のお話しを大阪商業大学堺高校の1年生(約500名)の防災学習の時間に
させていただくことになりました。大商大堺高校は今回で4度めですが、
すでに事前学習をしてくださった生徒さんからの質問を先生が送ってくださいました。

【高校1年生の皆さんからのご質問】

l 国に対して思うこと
l ペットなどはやっぱりおいていかないといけないんですか。どうしたらいいですか。
l 今と昔の暮らしが変わったのか?
l 津波が来た時はどんな感じでしたか?
l どれぐらい家に帰れないのか。
l 日頃からどんなことをしていたらよいですか。
l 自分の家があった場所に帰るのは嫌ですか。
l 初めその光景を見たとき、どうかんじましたか。
l 震災が起きた時、どのような気持ちでしたか。
l 南海トラフは東日本大震災よりも大きいと思います。その時よりも多くの対応策を考えていた方がいいのでしょうか。
l 津波は来ますか。
l 避難をしている時にうれしかったことはありますか。
l 食料・飲料をどうやって確保していましたか。
l 避難生活をしている間、何が一番欲しかったですか。
l 避難していた時に役立ったもの(持って行ってよかったもの)。
l 災害時に、最終的に自分を信じるか、大人を信じるか。


しっかり準備して、3.11避難当事者の「声」を言葉にしてお伝えしたいと思います。

2019年1月24日(木)3.11避難者のお話を大阪商業大学堺高校の1年生にお話させていただくことになりました→『災害について知っておきたいこと』
http://sandori2014.blog.fc2.com/blog-entry-2040.html

2018年1月18日(木)3.11避難者講演@大阪商業大学堺高校
sandori2014.blog.fc2.com/blog-entry-1632.html

2017年1月12日(木) 大阪商業大学堺高校の人権教育の授業で3.11被災・避難の体験をお話しさせていただきした。

sandori2014.blog.fc2.com/blog-entry-1380.html

大商大堺高校の皆様、どうぞよろしくお願い申し上げます。

3.11避難者のお話:森松明希子さん
(福島→大阪・2児を連れて母子避難中)
 
東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream(サンドリ)代表・
原発賠償関西訴訟原告団代表・
原発被害者訴訟原告団全国連絡会共同代表

2011 年 3 月福島県郡山市在住中に被災。当時0歳と3歳の 2 児とともに同年 5月に大阪へ母子避難。
2018 年 3 月、国連人権理事会(ジュネーヴ)にてスピーチ。


著書:「母子避難、心の軌跡」(かもがわ出版)
共著:「3.11避難者の声~当事者自身がアーカイブ~」、
『 red kimono~福島原子力発電所事故からの避難者たちによ
るスピーチ、手紙、そして避難手記 ・ A speech,letters
and memoirsby evacuees from Fukushima ~』


貴重な機会をいただきまして感謝です。

サンドリは、3.11避難を体験した「当時者自身がアーカイブ♪」をモットーに、
事実と体験に基づく真実を真摯にお伝えする活動を続けています。
今後の防災・減災・災害時における基本的人権が尊重されますことを
心から願っています。


学校に声をとどけ隊

【学校に声をとどけ隊】からのお願い
http://sandori2014.blog.fc2.com/blog-entry-1309.html

※3.11から8年10ヶ月が経過し、避難している現状は変わらないのに風化のスピードも加速し、
避難者の現状・実情など事実を知っていただく必要性を感じております。
特に子どもたちを連れて避難している避難者の現状に鑑み、
今後ともぜひ学校・教育機関は特に、
それ以外の場においても311避難の現況をお伝えする機会の提供を
なお一層ご支援いただけましたら幸いにございます。

生徒会企画、文化祭企画でも是非取り上げて頂けましたら、
サンドリ一同、嬉しく思います☆


防災・減災・災害時における人権擁護に私たち3.11避難当事者の経験が活かされ、
社会に貢献できることを私たちは心から願っています。

東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream(略称:サンドリ)
代表メール  sandori2014@gmail.com

Appendix

Recent Comments

Recent Trackbacks

Profile

サンドリ2014

Extra

振込先

ゆうちょ銀行  
記号 14170 番号 58568201 加入者名  東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream (ヒガシニホンダイシンサイヒナンシャノカイサンクスアンドドリーム)

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

12月 | 2020年01月 | 02月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


アクセス数

まとめプラグイン

12 | 2020/01 [GO]| 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリ一覧 最新記事一覧 コメント一覧 トラックバック一覧
[カテゴリ一覧]
WEBコンサルティングのバンブーウエイブ

検索フォーム