FC2ブログ

東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream (サンドリと呼ばれてます)

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2019年5月23日(木)『避難の権利』を求める裁判(原発賠償関西訴訟)第22回口頭弁論期日 @大阪地方裁判所

20190523原発賠償関西訴訟第22回口頭弁論期日チラシ

【裁判所に「声」を届け隊】よりお知らせです。

☆3.11避難者の皆さまへ

裁判期日およびそれに続く報告集会には、最も多くの避難者が集まります。
孤立している避難者の方がおられましたら、
是非お近くで行われる「避難の権利」を求める裁判の傍聴、
それに続く報告会にご参加されてみてください(どなたでも無料で傍聴可能です)。
きっと沢山の避難者されている方々とつながることができるはずです。

避難者同士はこの8年数ヶ月の間に随分とつながることが出来ました。
同じ避難元、近い境遇の方と出会えるかもしれません。

また、「避難している」という貴方の存在が、
他の避難者の励みにもなったりします。
孤立し、一人で悩んでいる避難者の方々が、
お一人でも多く、救われますように・・・。


☆すべての皆さまへ

東日本大震災とそれに伴う福島第一原子力発電所の事故の影響で、
今なお避難生活を続けている多くの人びとが、
全国47都道府県に存在しています。
(その正確な実数も実態も誰も把握はしていませんが。)

関西に避難している人たちが、
なぜ避難生活を続けているのか、
その真実の声を、裁判所にも届けています。

是非、宣誓し、真実を包み隠さず、
正々堂々と司法の場
避難者の「声」を伝える避難者のご支援も、
どうぞよろしくお願い申し上げます。
(もちろん裁判だけが唯一の伝える方法ではありません。)

東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream 
        【裁判所に「声」を届け隊】一同

連絡先  sandori2014@gmail.com
 


| 【裁判所に「声」を届け隊】 | 00:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2019年4月28日(日)第15回 避難者こども健康相談会おおさか@ドーンセンター

◆ 第15回 避難者こども健康相談会おおさか

  日時:2019年4月28日(日) 13:30~15:00

  場所:ドーンセンター (地下鉄谷町線・京阪 天満橋駅東へ350m)  
http://www.dawncenter.or.jp/shisetsu/map.html
       
対象:東日本から避難されたお子様。事前申込制。参加は無料。
       
申込みはこちらから⇒http://form1.fc2.com/form/?id=863095


◆ 当日同会場にて避難者こども健康相談会セミナー  10:00 ~12:30

 「9年目を迎え明らかになってきた健康被害」   
       入江 紀夫さん(医療問題研究会)

 
 原発事故後8年 福島は・避難者は~そして『控訴審』に向けてのおもい  
       福島敦子さん(福島県からの避難者)
     
〈福島敦子さんプロフィール〉
2011年3月11日の福島第1原発事故翌日、娘二人と両親と福島県南相馬市から川俣町、福島市へと避難。
京都府木津川市へは2011年4月2日に再避難。
現在は、避難者に無償提供されていたみなし仮設住宅の打切りが国によって施策展開され、京田辺市へと居を移した。
現在、大飯原発差止京都訴訟世話人、原発賠償京都訴訟原告団共同代表を務める。
放射性物質撒き散らし事件による健康問題や住宅問題などで闘う中、疲弊し、声も出せなくなっている人が増える福島県内外でさらに声を上げる。

      主催:避難者こども健康相談会おおさか実行委員会
       http://osakasoudankai.blog.fc2.com/

2012年4月から,春・秋、年2回行う大阪での健康相談会は、今回で15回目となります。
医療問題研究会の医師の協力で、1家族、30分枠で、希望時間の予約制とし、個別面談を行っています。
その他フロアーでは、アロマハンドマッサージ、司法書士による法律相談、交流茶話会の部屋やブースを設けています。
また、子どもの部屋でお子様を預かります。
これまでのこと今後のこと、成長していく子どもたちのこと、
等々立ち止まって考える機会に、お気軽にお越しください。
おしゃべりのスペースもあります。午前のセミナーはどなたでも参加できます


| 避難者の「声」をとどけ隊 | 05:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2019年4月3日(水)19時30分〜福島から避難した家族の講演会@フランス・パリ2区区役所

4月3日19時半からのパリ2区、
区役所での講演会のお知らせです。
パリ及び近郊の皆さん、是非ご参加下さい。
入場無料、予約の必要はありません


201943パリ区役所チラシ

日時:4月3日(水)19時半より 講演会(一般参加・可)
場所:パリ2区区役所(2 rue de la Banque)


2019ななつ母子ツアー 表紙.png
https://www.facebook.com/MoriinEurope/?notif_id=1550858780724423¬if_t=page_fan

「被ばくから免れ健康を享受する権利は基本的人権です」

2018年3月19日国連人権理事会本会議でスピーチした
東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream(サンドリ)代表・森松明希子さんが
遠くの隣人3.11(フランス)に招聘いただき、
欧州各地の個人・団体の皆様方のご協力により、
3人のお母さん(福島発・東京発・大阪発)と子どもたちの7人
世界に東電福島原子力惨禍の被害と実相を訴えるツアーを敢行しています!

昨年につづく
子ども達を福島事故の被ばくから守る母親ツアー 第2弾 
コードネームは2019年ななつ星ツアー

※できるだけ世界中の多くの皆さまにツアーの模様をお伝えしたいです。
ご支援・ご協力・応援、よろしくお願い申し上げます。

「いいね」「シェア」での応援、よろしくお願い申し上げますm(_ _)m
   ↓  ↓  ↓
https://www.facebook.com/MoriinEurope/?notif_id=1550858780724423¬if_t=page_fan


森松明希子(もりまつ・あきこ)さん
「知って被ばくすることと何も知らされずに被ばくさせられること
 全然意味が違うのです」
「被ばくを避け健康を享受することは基本的人権です」
「放射能は県境では止まらない
「『避難の権利』は『平和のうちに生きる権利』なのです」
被ばくからまぬがれいのちと健康が守られる権利の大切さを世界のみなさんに伝えたい」

著書:「母子避難、心の軌跡」(かもがわ出版)
共著:「3.11避難者の声~当事者自身がアーカイブ~」、
red kimono~福島原子力発電所事故からの避難者たちによ
るスピーチ、手紙、そして避難手記 ・ A speech,letters
and memoirsby evacuees from Fukushima ~』
東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream(サンドリ)代表・
原発賠償関西訴訟原告団代表・
原発被害者訴訟原告団全国連絡会共同代表
(福島→大阪・2児を連れて母子避難中)


おはなし隊

【おはなし隊】は、
3.11避難者・被災者のお話し・講演情報を随時掲載しております。
情報をお寄せ下さい。
また、お話しの機会をご支援・ご提供くださいm(__)m

メール sandori2014@gmail.com


| 【東日本大震災8周年企画】 | 05:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

4月2日11時より記者会見(報道関係者のみ) 4月3日19時半より 講演会(一般参加)@パリ2区区役所(2 rue de la Banque)




パリ2区の区役所のイベントのグラフィックを担当するデザイナーさんの作品。
背景のデッサンは創作だそうです。
福島から避難された家族のイベントは
4月2日11時より  記者会見(報道関係者のみ)
4月3日19時半より 講演会(一般参加)
いずれもパリ2区区役所(2 rue de la Banque)です。

| 【世界から声をとどけ隊】 | 05:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2019年4月2日(火)11時より記者会見(報道関係者のみ) 4月3日(水)19時半より 講演会(一般参加可)@パリ2区区役所(2 rue de la Banque)

20190402パリ2区区役所.jpg
2019年4月2日11時より記者会見(報道関係者のみ)
4月3日19時半より 講演会(一般参加可)@パリ2区区役所(2 rue de la Banque)

2019ななつ母子ツアー 表紙.png
https://www.facebook.com/MoriinEurope/?notif_id=1550858780724423¬if_t=page_fan

「被ばくから免れ健康を享受する権利は基本的人権です」

2018年3月19日国連人権理事会本会議でスピーチした
東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream(サンドリ)代表・森松明希子さんが
遠くの隣人3.11(フランス)に招聘いただき、
3人のお母さん(福島発・東京発・大阪発)と子どもたちの7人で
世界に東電福島原子力惨禍の被害と実相を訴えるツアーを敢行します!

昨年につづく
子ども達を福島事故の被ばくから守る母親ツアー 第2弾 
コードネームは2019年ななつ星ツアー

※できるだけ世界中の多くの皆さまにツアーの模様をお伝えしたいです。
ご支援・ご協力・応援、よろしくお願い申し上げます。

「いいね」「シェア」での応援、よろしくお願い申し上げますm(_ _)m
   ↓  ↓  ↓
https://www.facebook.com/MoriinEurope/?notif_id=1550858780724423¬if_t=page_fan


森松明希子(もりまつ・あきこ)さん
「知って被ばくすることと何も知らされずに被ばくさせられること
 全然意味が違うのです」
「被ばくを避け健康を享受することは基本的人権です」
「放射能は県境では止まらない
「『避難の権利』は『平和のうちに生きる権利』なのです」
被ばくからまぬがれいのちと健康が守られる権利の大切さを世界のみなさんに伝えたい」

著書:「母子避難、心の軌跡」(かもがわ出版)
共著:「3.11避難者の声~当事者自身がアーカイブ~」、
red kimono~福島原子力発電所事故からの避難者たちによ
るスピーチ、手紙、そして避難手記 ・ A speech,letters
and memoirsby evacuees from Fukushima ~』
東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream(サンドリ)代表・
原発賠償関西訴訟原告団代表・
原発被害者訴訟原告団全国連絡会共同代表
(福島→大阪・2児を連れて母子避難中)


おはなし隊

【おはなし隊】は、
3.11避難者・被災者のお話し・講演情報を随時掲載しております。
情報をお寄せ下さい。
また、お話しの機会をご支援・ご提供くださいm(__)m

メール sandori2014@gmail.com



≫ Read More

| 【東日本大震災8周年企画】 | 00:05 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT