東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream (サンドリと呼ばれてます)

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2017年8月31日(木)『避難の権利』を求める裁判@大阪地裁(原発賠償関西訴訟)第15回口頭弁論期日

第15回裁判の期日は2017年8月31日午後2時~
2017年8月31日(木)『避難の権利』を求める裁判@大阪地裁(原発賠償関西訴訟)第15回口頭弁論期日
【裁判所に「声」を届け隊】よりお知らせです。

☆3.11避難者の皆さまへ

裁判期日およびそれに続く報告集会には、最も多くの避難者が集まります。
孤立している避難者の方がおられましたら、
是非お近くで行われる「避難の権利」を求める裁判の傍聴、
それに続く報告会にご参加されてみてください(どなたでも無料で傍聴可能です)。
きっと沢山の避難者されている方々とつながることができるはずです。

避難者同士はこの6年の間に随分とつながることが出来ました。
同じ避難元、近い境遇の方と出会えるかもしれません。

また、「避難している」という貴方の存在が、
他の避難者の励みにもなったりします。
孤立し、一人で悩んでいる避難者の方々が、
お一人でも多く、救われますように・・・。


☆すべての皆さまへ

東日本大震災とそれに伴う福島第一原子力発電所の事故の影響で、
今なお避難生活を続けている多くの人びとが、
全国47都道府県に存在しています。
(その正確な実数も実態も誰も把握はしていませんが。)

関西に避難している人たちが、
なぜ避難生活を続けているのか、
その真実の声を、裁判所にも届けています。

是非、宣誓し、真実を包み隠さず、
正々堂々と司法の場
避難者の「声」を伝える避難者のご支援も、
どうぞよろしくお願い申し上げます。
(もちろん裁判だけが唯一の伝える方法ではありません。)

東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream 
        【裁判所に「声」を届け隊】一同

連絡先  sandori2014@gmail.com
 

| 【裁判所に「声」を届け隊】 | 00:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2017年8月18日(金)原発賠償京都訴訟@京都地裁

原発賠償京都訴訟原告団代表のお二方からの
メッセージとご案内です。
いつも応援頂き、有り難うございます。共同代表の萩原、福島です。

お盆が過ぎた18日(金曜日)は、30回目の期日です。

☆10時30分開廷。京都地裁。
9時50分から10時5分の間に抽選券の配布。(ポイントカードをお忘れなく。)
14:00から署名活動 

 朝早いですが、期日は今回と9月29日の結審、来年3月29日の判決日のみとなりました。

皆さまがわが事のように感じ、寄り添ってくださったおかげでここまでこれたと心から実感しております。深く感謝の意を表させて頂きます。

 ☆17日は、ひょうご訴訟の期日です。14時開廷。13時半集合。神戸地裁。

 ☆31日は、関西訴訟の期日です。14時開廷。13時集合。大阪地裁。

みなさまの笑顔に 支えられ、今回の期日も乗りきり、より良い判決を勝ち取っていきます。今回の期日も乗りきります。傍聴していただきますようどうかよろしくお願い申し上げます。

萩原
福島


(^○^)(*^^*)(^○^)(⌒0⌒)/~~(^○^)(*^^*)(⌒0⌒)/~~


以下、詳細です。

集合9時50分。 
原告側は、(1)損害賠償基準について、(2)高橋意見書(被告側専門家証人)
批判の準備書面を提出し、プレゼンが行なわれます。
裁判の時間は30分程度の予定。

◆◆報告集会の会場が変わりました

報告集会の会場を弁護士会館地階大ホールとお伝えしていましたが、京都商
工会議所2F第1~3教室に変更になりました。

今回は裁判自体が短く、報告集会の場所が遠いことなどから、模擬法廷は予
定しておりません。

◆◆◆弁護団の報告

結審(9月29日)で総括的な最終弁論を行なう川中弁護団長に「勝利判決
をめざして」(仮題)という報告をしてもらうことになりました。

◆◆◆◆傍聴ポイントに応じた景品渡し

今回、報告集会の会場入り口で受付を済まされた方に、傍聴カードのポイン
ト(「勝」のハンコの数)に応じて景品をお渡しします。傍聴カードを持参
してください。

◆◆◆◆◆原告の手記集『私たちの決断 あの日を境に…』が出版されます

報告集会で報告しますが、いま原告団は手記集を制作しています。8月末出
版予定です。
報告集会終了後、予約販売を行ないますので、ぜひご協力ください。
手記集の定価は1200円ですが、手売りの場合は頒価1000円で販売します。

◆◆◆◆◆◆午後から街頭署名を行ないます

いま取り組んでいる公正判決要請署名は、結審時に第4次提出を予定してい
ます。目標は累計2万筆ですが、5月26日の第3次提出時点で累計は約1
万2000筆でした。

18日も、14時から1時間程度、四条河原町マルイ前で街頭署名行動に取
り組みます。外国人観光客が多いのを考慮して、英語と中国語の署名も用意
します。一緒に署名を集めていただける方は、それぞれ昼食をとったあと、
14時までに直接マルイ前にお集まりください。

【裁判所に「声」を届け隊】よりお知らせです。

☆3.11避難者の皆さまへ

裁判期日およびそれに続く報告集会には、最も多くの避難者が集まります。
孤立している避難者の方がおられましたら、
是非お近くで行われる「避難の権利」を求める裁判の傍聴、
それに続く報告会にご参加されてみてください(どなたでも無料で傍聴可能です)。
きっと沢山の避難者されている方々とつながることができるはずです。

避難者同士はこの6年の間に随分とつながることが出来ました。
同じ避難元、近い境遇の方と出会えるかもしれません。

また、「避難している」という貴方の存在が、
他の避難者の励みにもなったりします。
孤立し、一人で悩んでいる避難者の方々が、
お一人でも多く、救われますように・・・。


☆すべての皆さまへ

東日本大震災とそれに伴う福島第一原子力発電所の事故の影響で、
今なお避難生活を続けている多くの人びとが、
全国47都道府県に存在しています。
(その正確な実数も実態も誰も把握はしていませんが。)

関西に避難している人たちが、
なぜ避難生活を続けているのか、
その真実の声を、裁判所にも届けています。

是非、宣誓し、真実を包み隠さず、
正々堂々と司法の場
避難者の「声」を伝える避難者のご支援も、
どうぞよろしくお願い申し上げます。
(もちろん裁判だけが唯一の伝える方法ではありません。)

東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream 
        【裁判所に「声」を届け隊】一同

連絡先  sandori2014@gmail.com
 

| 【裁判所に「声」を届け隊】 | 00:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2017年8月17日(木) 原発賠償ひょうご訴訟@神戸地方裁判所


第1次訴訟第20回期日
第2次訴訟第16期日
第3次訴訟第11期日
 日時: 2017年8月17日(木) 午後14時~
 場所: 神戸地方裁判所
 集合: 午後13時半(12時半より神戸駅にて街宣します)

兵庫訴訟5/25


【裁判所に「声」を届け隊】よりお知らせです。

☆3.11避難者の皆さまへ

裁判期日およびそれに続く報告集会には、最も多くの避難者が集まります。
孤立している避難者の方がおられましたら、
是非お近くで行われる「避難の権利」を求める裁判の傍聴、
それに続く報告会にご参加されてみてください(どなたでも無料で傍聴可能です)。
きっと沢山の避難者されている方々とつながることができるはずです。

避難者同士はこの6年の間に随分とつながることが出来ました。
同じ避難元、近い境遇の方と出会えるかもしれません。

また、「避難している」という貴方の存在が、
他の避難者の励みにもなったりします。
孤立し、一人で悩んでいる避難者の方々が、
お一人でも多く、救われますように・・・。


☆すべての皆さまへ

東日本大震災とそれに伴う福島第一原子力発電所の事故の影響で、
今なお避難生活を続けている多くの人びとが、
全国47都道府県に存在しています。
(その正確な実数も実態も誰も把握はしていませんが。)

関西に避難している人たちが、
なぜ避難生活を続けているのか、
その真実の声を、裁判所にも届けています。

是非、宣誓し、真実を包み隠さず、
正々堂々と司法の場
避難者の「声」を伝える避難者のご支援も、
どうぞよろしくお願い申し上げます。
(もちろん裁判だけが唯一の伝える方法ではありません。)

東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream 
        【裁判所に「声」を届け隊】一同

連絡先  sandori2014@gmail.com
 

| 【裁判所に「声」を届け隊】 | 00:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【報告】「今を知ろう 考えよう」~伝えようヒロシマ忘れまいフクシマ~@被爆72周年原水爆禁止世界大会広島「女性のひろば」 (2017年8月5日)

2017年8月5日 女性のひろば 報告

「平和」というのは、日々の暮らし、日常の何気ない暮らしそのものをいうのだと
私は思うのです。
そのことを私は福島原子力惨禍を通じて知ったから、気づいたから、
知った者、気付いた者の責任として、
全世界の平和を愛する皆様へ伝えていきたいと思うのです。
72年もの長きにわたって伝えつづけてくださった先人の方々、
今なお被ばくを伝えつづけてくださる方々に、
心から感謝と尊敬の思いを込めて・・・
72年前、戦争による惨禍で失われた多くの尊いお一人お一人の「命」の重さをこの地・広島で感じながら・・・
同じ過ちは繰り返すべきでないと、心から平和を願います。

2017年8月6日
東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream(サンドリ)代表・
原発賠償関西訴訟原告団代表・
原発被害者訴訟原告団全国連絡会共同代表
森松明希子
(福島→大阪・2児を連れて母子避難中


2017年8月5日(土)14時~「今を知ろう 考えよう」~伝えようヒロシマ忘れまいフクシマ~@被爆72周年原水爆禁止世界大会広島「女性のひろば」
http://sandori2014.blog.fc2.com/blog-entry-1597.html
【報告】

※当日、会場の皆様よりたくさんの温かいカンパのおこころざしを
頂きました。核被害拡散を止めるため、原子力惨禍の当事者としての3.11避難者の真実の声を伝える活動に大切に活用させて頂きます。
心より感謝を込めて・・・ありがとうございました。

| 避難者の「声」をとどけ隊 | 06:40 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2017年7月24日(月)福島原発被害訴訟の連続判決へ「オール福島決起集会」@福島市ラコパ福島

2017年7月24日生業訴訟@福島


福島原発被害訴訟の連続判決へ
「オール福島決起集会」ご参加のお願い


謹啓
初夏の候、皆様には益々ご清祥のこととお喜び申し上げます。
さて、福島第1原発事故における国と東京電力の責任を追及するため、2013年より裁判を行 ってきた当訴訟も、今年3月に結審し、10月10日の判決を待つばかりとなりました。全国最大、 約4千人もの原告を擁し、かつその大半を福島県民が占める裁判に出される判決は、今後続々と結 審・判決を迎える全国の訴訟に大きな影響を与えるだけでなく、国や東電が賠償の根拠とする中間 指針など、不完全な賠償の仕組みを抜本的に是正させる力になるものと信じます。
私たちは、9月22日の千葉訴訟での判決、そして10月10日の判決を契機に、県内で原発訴 訟をはじめ様々な運動に取り組む人々が力を結集し、原発事故被害の完全な救済と、原発のない社 会の実現を求める県民世論を作り上げ、さらに大きな運動へと発展させたいと考えております。
 つきましては、県内で志を同じく活動する団体を挙げての集会を呼びかけ、今後の運動の方向性 を全員で共有しながら、来るべき一連の判決に向けて、運動のスタートを切る「号砲」にしたいと考 えております。
お忙しい時期とは存じますが、原発訴訟の重要局面とご理解をいただき、是非ともご参加下さい ますよう、お願い申し上げます。
                     謹白

・開催日 2017年7月24日(月)
・時間  13時30分~16時30分
・場所 ラコパふくしま 5階会議室
   【福島市仲間町 4-8 Tel.024-522-1600 】
・内容
◆裁判経過報告、判決の見通し
◆今後の運動方針
◆支援団体、各訴訟原告団との連携について
◆意見交換 ほか

・その他  会場は駐車スペースが限られているため、自動車でお越しの際は、近隣の有料駐 車場をご利用ください。
公共交通機関の方 … 福島駅東口・福島交通バス乗場9番ポールから「ももりん1コース」乗車 ( 約10分 ) 、新浜公園下車 ( 100円 ) →公園を左側に見て東に徒歩2~3分(信号のある交差点右角、1階が労金のビル)です。

| 【裁判所に「声」を届け隊】 | 00:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT