東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream (サンドリと呼ばれてます)

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2017年9月22日(金)東電福島原発被害者による集団訴訟 千葉訴訟の判決があります!!!世界のみなさん、注目してください!

英字千葉訴訟


9月22日 東電福島原発被害者による集団訴訟 
千葉訴訟の判決があります!!!
世界のみなさん、注目してください!!!!!


☆3.11避難者の皆さまへ

裁判期日およびそれに続く報告集会には、最も多くの避難者が集まります。
孤立している避難者の方がおられましたら、
是非お近くで行われる「避難の権利」を求める裁判の傍聴、
それに続く報告会にご参加されてみてください(どなたでも無料で傍聴可能です)。
きっと沢山の避難者されている方々とつながることができるはずです。

避難者同士はこの6年半の間に随分とつながることが出来ました。
同じ避難元、近い境遇の方と出会えるかもしれません。

また、「避難している」という貴方の存在が、
他の避難者の励みにもなったりします。
孤立し、一人で悩んでいる避難者の方々が、
お一人でも多く、救われますように・・・。


☆すべての皆さまへ

東日本大震災とそれに伴う福島第一原子力発電所の事故の影響で、
今なお避難生活を続けている多くの人びとが、
全国47都道府県に存在しています。
(その正確な実数も実態も誰も把握はしていませんが。)

関西に避難している人たちが、
なぜ避難生活を続けているのか、
その真実の声を、裁判所にも届けています。

是非、宣誓し、真実を包み隠さず、
正々堂々と司法の場
避難者の「声」を伝える避難者のご支援も、
どうぞよろしくお願い申し上げます。
(もちろん裁判だけが唯一の伝える方法ではありません。)

東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream 
        【裁判所に「声」を届け隊】一同

連絡先  sandori2014@gmail.com
 

| 【世界に声をとどけ隊】 | 00:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2017年9月16日(土)17時~東電福島原子力惨禍における原発被害者集団訴訟・千葉判決前アクション@梅田HEP前にて

20170916015007f7c.jpg

201709150841257b4.jpeg

東電福島原子力惨禍に心をお寄せくださる全世界の皆様へ

2017年9月16日(土)17時~1時間、
梅田HEP前にて、
千葉訴訟判決 直前アクションがあります!
ご参集お願い申しあげますm(._.)m

千葉訴訟応援メッセージもあればお持ちください!
手作り大歓迎!!!

判決注目してください!チラシの配布のお手伝い、
街頭宣伝のスピーチ協力もよろしくお願いしますm(._.)m

原発賠償関西訴訟団は千葉訴訟を全力で応援しています!!!
来られない方も、ぜひ、全国どこでもアクションお願いします。
「いいね」「シェア」での応援、意思表明も合わせてお願い申しあげますm(._.)m

大注目の千葉訴訟判決は9.22☆生業訴訟判決は10.10です!

【3.11避難者の声】

| 【世界に声をとどけ隊】 | 00:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ブックレット『 red kimono ~福島原子力発電所事故からの避難者たちによるスピーチ、手紙、そして避難手記 A speech,letters and memoirs by evacuees from Fukushima~』 バージョン5(全文英語版)絶賛頒布中☆

バージョン5(オール・イングリッシュ)

※福島→西日本→英国へ避難した園田美都子さんのスピーチを
追加収録致しました。



red kimono omote

※このブックレットの表紙の写真はある避難者の福島県内の避難元の自宅裏庭の写真です。
庭の放射線量を少しでも下げるため、汚染された樹齢100年の大木を切り倒したものの、
持っていく場所がなく、そのまま庭に放置されています。

いまだ線量が高く、幼い子供を安心して連れては戻れない・・・

5年経ってもまだまだ終わりが見えない現状を物語る一枚の写真です。
この家庭も大家族が離散し、幼子は母子避難を継続しており、
今なお家族バラバラの生活です。
繰り返します。

この写真は外国ではなく、日本の福島の現状を表しています。



| 【世界に声をとどけ隊】 | 15:19 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

La brimade des enfants évacués 原発避難の子どものいじめ:何がそうさせるのか?(フランス語)

2016年12月5日放映の関西テレビ、ニュース情報番組での
サンドリ代表・森松明希子の
原発事故避難した子どもに対するいじめに関するインタビュー記事と3.11避難者の声
日本語、フランス語併記の記事にしていただきました!

できるだけ多くの皆様に、世界の皆様に、お知らせくださいm(__)m

20161205カンテレニュースワンダー

La brimade des enfants évacués
6/1/2017
|
NVL311+Akiko MORIMATSU


原発避難の子どものいじめ:何がそうさせるのか?

Récemment les mass média japonais ont diffusé à mainte reprise les informations sur la brimade des enfants évacués à l’école. En fait, ce genre de brimade existe depuis longtemps. Toutefois, après un long silence, les actualités récentes traitent ce problème avec zèle. Cependant, la brimade est souvent réduite à un problème du système d’éducation sans faire référence au problème environnemental du fond, cause de l’évacuation. Akiko MORIMATSU analyse la brimade des enfants évacués du point de vue d’une évacuée du désastre nucléaire. Elle a été interviewée dans “Minna no News Wonder” à la Kansai TV le 5 décembre 2016.

最近、原子力災害から逃げてきた子供たちが学校でいじめにあっていることが何度も報道に取り上げられています。このようないじめはずい分以前から存在するのですが、今まで取り上げられることがなかったのに、ここ最近の報道は熱心にこの問題を扱っています。しかし、これらの出来事はややもすると、教育の現場問題として捉えられてしまいがちで、そもそも原発避難者が何故存在するのかという問題の根源に言及されることがありません。この問題を、避難者の立場から考えた森松明希子さんのコメントをご紹介します。関西テレビ 2016年12月5日ニュース情報番組「みんなのニュースワンダー」でのインタビューです。


(引用記事)http://nosvoisins311.wixsite.com/voisins311-france/single-post/2017/01/05/La-brimade-des-enfants-%C3%A9vacu%C3%A9s

| 【世界に声をとどけ隊】 | 12:31 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Bullying of evacuated children 原発避難の子どものいじめ:何がそうさせるのか?

20161205カンテレニュースワンダー

Bullying of evacuated children

原発避難の子どものいじめ:何がそうさせるのか?


2016年12月5日放映の関西テレビ、ニュース情報番組での
サンドリ代表・森松明希子の
原発事故避難した子どもに対するいじめに関するインタビュー記事と3.11避難者の声
日本語、英語併記の記事にしていただきました!

できるだけ多くの皆様に、世界の皆様に、お知らせくださいm(__)m

Translation in English of the interview of Akiko Morimatsu on bullying of evacuated children.
Please share!

https://fukushima311voices.wordpress.com/2017/01/01/bullying-of-evacuated-children/

| 【世界に声をとどけ隊】 | 00:41 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT