東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream (サンドリと呼ばれてます)

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

森松明希子のスピーチ、無事終わりました。




森松明希子のスピーチ、無事終わりました。
最後までしっかり読み上げました。
後ほど国連のビデオのリンクをシェアいたします。
お支えくださった皆さん、応援ありがとうございました!
森松はこれからフランスに戻り、ヴァランスの講演会に駆けつけます。
引き続きこのページをご覧ください。

速報で国連WEBを録画してくださったMasatoさん、感謝です☆
子どもたちがとってとってもお世話になりました(^^)

≫ Read More

| 【世界に声をとどけ隊】 | 23:59 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Japan, UPR Report Consideration - 41st Meeting, 37th Regular Session Human Rights Council 19 Mar 2018


Japan, UPR Report Consideration - 41st Meeting, 37th Regular Session Human Rights Council

http://webtv.un.org/watch/japan-upr-report-consideration-41st-meeting-37th-regular-session-human-rights-council/5753738285001/?term=#.Wues-FYYTgo.twitter
(国連で発言すると国連WEBTVにアーカイブとして残ります。)

スクリーンショット 20180319国連UN Web TV.png
http://webtv.un.org/watch/japan-upr-report-consideration-41st-meeting-37th-regular-session-human-rights-council/5753738285001/#

Japan, UPR Report Consideration - 41st Meeting, 37th Regular Session Human Rights Council
19 Mar 2018 - Consideration of the Universal Periodic Review outcome of Japan A/HRC/37/15, A/HRC/37/15/Add.1
Agenda Item:6 - Universal periodic review
37th Regular Session of the Human Rights Council.

HRC extranet (information on daily updates, draft documentation, copies of oral statements etc.)
SPEAKERS
H.E. Ms. Mitsuko Shino, Ambassador and Deputy Permanent Representative of Japan to UNOG (Additional Information)
Tunisia, Ms. Intissar Ben Attitallah
Sudan, Ms. Azza Mohammed Abdalla Hassan
Albania, Mr. Ilir Nezaj
Egypt, Mr. Amr Essam
Ethiopia, Mr. Daniel Tadesse
Ghana, Mr. Joseph Owusu-Ansah
Haiti, Mr. Francois Dessources
Honduras, Mr. Daniel J. Gonzalez
Iran (Islamic Republic of), Mr. Mohsen Ghanei
Iraq, Ms. Alyaa Ihsan Abbood Alsayegh
Lao People's Democratic Republic, Mr. Kittiphone Sayaphet
Madagascar, Ms. Eulalie Yvette Bodosoa
International Movement Against All Forms of Discrimination and Racism, Mr. Taisuke Komatsu
International Association of Democratic Lawyers, Ms. Kazue Nakajima
International Institute of Mary Our Help of the Salesians of Don Bosco (Joint Statement with International Volunteerism Organization for Women, Education and Development – VIDES), Mr. Joseph Vedova
Foundation of Japanese Honorary Debts, Ms. Brigitte van Halder
Franciscans International, Mr. Budi Tjahjono
Amnesty International, Ms. Marianne Liljeberg
Greenpeace International, Ms. Akiko Morimatsu
Japan Federation of Bar Associations (Video Statement), Ms. Emi Omura
Human Rights Now, Ms. Miho Kozawa
Advocates for Human Rights, Ms. Judy Corradi
H.E. Ms. Mitsuko Shino, Ambassador and Deputy Permanent Representative of Japan to UNOG (Final Remarks)
Ms. Antje Leendertse, Vice-President of the Human Right Council (Adoption)

※福島原子力災害による被害、人権状況について言及

| 【世界に声をとどけ隊】 | 23:04 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

国連人権理事会本会議でのスピーチ 本日です!!


グリーンピース・ジャパンの皆さまが字幕を付けて公開してくださいました!ぜひお聞き下さい。
日本から、世界中からのご声援に心から感謝申し上げます。
皆さまの後押しのお陰で無事国連人権理事会本会議でのスピーチを終えることが出来ました。
2018年3月20日 森松明希子


国連の人権理事会本会議が国連のストライキで延期したりして
非常に慌ただしいですが、
国連でのスピーチは本日19日となりました。

ここまでこれたのも、おささえくださる皆様が、
国連人権理事会本会議の送り出してくださったおかげです。
本当にありがとうございます。

世界の皆様に真摯に、原発事故被害における人権侵害の状況をお伝えしてまいりたいとおもいます。

日本時間の3月19日22時~1時間くらいのジャパン・セッションの中で
二分間のスピーチ時間をいただきました。


http://webtv.un.org/live-now/watch/37th-regular-session-of-human-rights-council/5708657554001


こちらで生中継される予定です。


サンドリ紹介ちらし国連用_OL

| 【世界に声をとどけ隊】 | 06:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【報告】2018年3月16日@ジュネーブ国連サイドイベントでの福島原発被災者(母親で原発避難民)の発言要旨

2018年3月16日@ジュネーブ国連サイドイベント

【3.11避難者の声】(福島原発避難者の声)

福島原発被災者(母親で原発避難民)の発言要旨


1.発言の機会をいただき感謝します。
2.森松明希子と申します。
3.私は福島から二人の子どもを連れた避難者です。
4.日本国憲法には、「全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免れ平和のうちに生存する権利」を有すると書かれていますが、私は福島原発事故以来、平和のうちに生きていると感じたことは一度もありません。

5.放射線被ばくから免れ平和に生きる権利は、誰にでも等しく与えられるべきです。
6,広島、長崎、そして福島を経験し、私たちはもうこれ以上誰ひとり「ヒバクシャ」を作り出してはいけないと気づくべきです。

7.福島原発事故直後、放射能汚染が広がり、周辺に住む人々の多くが被爆しました。
8.私たち一般市民には汚染の情報は即座には知らされず無用な被ばくを重ねました。
9.事故直後、空気、水、土壌全てが汚染される中、私は放射性物質が検出された水を飲むしかなく、生後5ヶ月の私の赤ん坊に母乳を与えてしまいました。
10.3歳だった幼い息子にも放射能汚染された水を与えるしかありませんでした。

11.放射線被ばくから免れ健康を享受するということは、命を守るための原則的行為です。
12.人の命や健康に直接かかわる権利であり、最も大切で、普遍的な基本的人権だと思うのです。
13.人の命よりも大切にされなければならないものはありますか?

14.多くの日本に住む人々が、放射線を避けて避難を続けている現状があります。
15.私も被ばくにぜい弱な子どもたちにこれ以上の被ばくをさせたくありません。

16.しかし、日本政府は、被ばくから身を守る施策は7年間、何一つ実施してきませんでした。
17.それどころか、被ばくを避けたい人々の存在をことごとく無視しつづけてきました。
18.原子力被災当事者の声が反映されることはなく、人権に基づく政府の保護責任も果たされていません。
19.さらに、あろうことか、個人の尊厳を踏みにじり、放射線量の高い地域への帰還政策にばかり力を注いでいます。
20.避難住宅を取り上げることは実質的には強制的に被ばくを強いることにほかなりません。
21.全世界の皆さん、原子力災害の全ての被害者と避難者をどうか助けてください。
日本政府に対し、国際法を遵守し、国連の指導原則や勧告を尊重するように今後もはたらきかけてください。
22.世界の皆さん、どうか助けてください。
23.福島と東日本の人々、特に子どもたちを被ばくからまもって下さい。

24.ご静聴、ありがとうございました。

2018年3月16日国連サイドイベント@スイス・ジュネーブ     森松明希子

| 【世界に声をとどけ隊】 | 00:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【カンパのお願い】国連(スイスのジュネーブ)・欧州渡航の費用のカンパのご支援、よろしくお願い申し上げます。

【カンパのお願い】国連(スイスのジュネーブ)・欧州渡航の費用のカンパのご支援、よろしくお願い申し上げます。


避難者母子3組8人が渡欧します! みなさまのご支援をおねがいします。

2018年3月16日、スイスのジュネーブで開催される国連人権理事会で
避難者がスピーチをすることになりました。

渡欧の目的は2つあります。

まず、福島原子力惨禍の被災当事者として、
7年経過した日本の現状を全世界に伝えてきます。
また、フランス各地をまわり、
核被害に関心を持つヨーロッパ市民との交流に参加します。

国連に行くための旅費(森松ひとり分)は基本的にNGOが用意してくれますが、
フランス各地で核被害に関心をもつ市民との
交流会や講演会のために費用が必要です。

関東から参加される1組3人は関東で募金されますが、
関西から参加する2組5人の費用に
みなさまの暖かいご支援をお願いいたします。

もちろん基本的には自費で行きますが、
みなさまには少額で結構ですので寄付という方法で
参加していただけないでしょうか?

そして今後のつながりのために、
おなまえ、連絡方法(メールアドレス等)をお知らせいただければ幸いです。
帰国後の報告会や出版も企画しています。
どうぞよろしくお願い申しあげます。

東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream 一同
代表 森松明希子
連絡先 
sandori2014@gmail.com




ゆうちょ銀行


記号 14170 番号 58568201 加入者名  
東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream
(ヒガシニホンダイシンサイヒナンシャノカイサンクスアンドドリーム)



サンドリ紹介ちらし国連用_OL

≫ Read More

| 【世界に声をとどけ隊】 | 00:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT