FC2ブログ

Entries

【朝日新聞デジタル】 原発避難、隠すのやめた 16歳がローマ法王とした約束(2019年3月20日)




 「東京電力福島第一原発事故からの避難者であることを周囲に隠してきた福島県出身の16歳の少年が20日、
バチカン・サンピエトロ広場でフランシスコ法王と面会した。
今年11月に来日予定の法王に「福島に足を運んで、原発事故被害者のために祈ってほしい」とお願いすると、
法王は少年の手を握って「行きます」と答えたという。

 鴨下全生(まつき)さんは8年前、福島県いわき市で被災した。
自宅は避難指示区域の外だったが、放射線量の高さを心配して、家族で都内に自主避難した。

 転校先で待っていたのは、原発事故を理由にしたいじめだった。
「菌」と呼ばれたり、暴力を振るわれたり。
9歳ごろの願い事に「天国に行きたい」と書いたこともあった。

 中学に進学してからは、避難者であることを隠すようになった。
だが月日がたつにつれて、友人に何一つ福島のことを話せない自分が苦しくなった。

 本当は堂々と自分のことを語りたいのに。
何も悪いことをしていないのに。
でも周りに受け入れられず、平和な生活を再び失うことになったら――。
「心が砕け散りそうになった」

 原発事故避難者の支援団体に勧められて昨年11月、自らの苦しみを法王あての手紙につづった。
手紙はローマ法王庁(バチカン)に届けられ、
信徒との面会行事への招待状が届いた。
鴨下さんは法王との面会後、
「避難者の苦しみを伝えられた。
これからは名前と顔を出して、自分の思いを語っていく」と話した。(バチカン=河原田慎一)

2019年3月15日(金)アレクサンドル・ベラール高校での講演の様子

ただ今18時🇫🇷
アンベリューにある
アレクサンドル・べラール高校で
午前(16〜19歳)と午後(15〜16歳)
合計100人くらいに話して参りました!
講演会の後
地元新聞社の取材も受けました!
ランチは学食を頂きました
これから
アンベリュー青年センターに移動
本日3本目の講演会
20時からの講演に向かいます!







2018年3月19日 国連人権理事会本会合 森松明希子・発言

20180319国連人権理事会での森松明希子演説抜粋.png


【UNHRC Oral Statement of MORIMATSU Akiko】 (text of 20180314)
 
1. ( Thank you for the opportunity to speak.)
2. My name is Akiko Morimatsu. I am here with other evacuees and mothers, together with Greenpeace (Japan).
3. I evacuated from the Fukushima disaster with my two children in May 2011.
4. Shortly a er the nuclear accident, radiation contamination spread.
5. We were repeatedly and unnecessarily exposed to unannounced radiation.
6. The air, water and soil became severely contaminated. I had no choice but to drink the contaminated water, to breast-feed my baby.
7. To enjoy health, free from radiation exposure, is a fundamental principle. e Japanese Constitution states, “We recognize that all peoples of the world have the right to live in peace, free from fear and want.”
8. However, the Japanese government has implemented almost no policies to protect its citizens.
9. Furthermore, the government is focusing on a policy to force people to return to highly contaminated areas.
10. I call on the Japanese government to immediately, fully adopt and implement the recommendations of the UN Human Rights Council.
11. I thank UN member states for defending the rights of residents in Japan. Please help us protect people in Fukushima, and in East Japan, especially vulnerable children, from further radiation exposure.
12. Thank you (for your attention).


【国連人権理事会本会合 発言】

森松明希子 2018.3.19

1.発言の機会をいただき感謝します。

2.森松明希子と申します。こちらに、他の避難者の母親たちとグリーンピース・ジャパンとともにきています。

3.私は福島から二人の子どもを連れた避難者です。

4.福島原発事故後、放射能汚染が広がり、周辺に住む人々の多くが被爆しました。

5.私たち一般市民には汚染の情報は知らされず無用な被ばくを重ねました。

6.空気、水、土壌が汚染される中、私は放射性物質が検出された水を飲むしか なく、生後5ヶ月の私の赤ん坊に母乳を与えてしまいました。

7.放射線被ばくから免れ健康を享受するということは、命を守るための原則です。日本国憲法には、「全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免れ平和のうちに生存する権利」を有すると書かれています。

8.しかし、日本政府は、被ばくから身を守る施策は、何一つと言っていいほど実施してきませんでした。

9.さらに 、高度に汚染された地域への帰還を強力に進める政策にばかり力を注いでいます。

10. 結論として、日本政府は、国連人権理事会の勧告を、ただちに、完全に実施をしてください。

11.国連加盟国のみなさんの福島の人々の権利擁護に感謝します。今後も原子力災害の全ての被害者と避難者をどうか助けてください。福島と東日本の人々、特に子どもたちを被ばくからまもって下さい。私たちは被ばくにぜい弱な子どもたちにこれ以上の被ばくをさせたくありません。

12.ご静聴、ありがとうございました。

森松明希子のスピーチ、無事終わりました。




森松明希子のスピーチ、無事終わりました。
最後までしっかり読み上げました。
後ほど国連のビデオのリンクをシェアいたします。
お支えくださった皆さん、応援ありがとうございました!
森松はこれからフランスに戻り、ヴァランスの講演会に駆けつけます。
引き続きこのページをご覧ください。

速報で国連WEBを録画してくださったMasatoさん、感謝です☆
子どもたちがとってとってもお世話になりました(^^)

森松明希子のスピーチ、無事終わりました。




森松明希子のスピーチ、無事終わりました。
最後までしっかり読み上げました。
後ほど国連のビデオのリンクをシェアいたします。
お支えくださった皆さん、応援ありがとうございました!
森松はこれからフランスに戻り、ヴァランスの講演会に駆けつけます。
引き続きこのページをご覧ください。

速報で国連WEBを録画してくださったMasatoさん、感謝です☆
子どもたちがとってとってもお世話になりました(^^)

続きを読む

Appendix

Recent Comments

Recent Trackbacks

Profile

サンドリ2014

Extra

振込先

ゆうちょ銀行  
記号 14170 番号 58568201 加入者名  東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream (ヒガシニホンダイシンサイヒナンシャノカイサンクスアンドドリーム)

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2020年08月 | 09月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


アクセス数

まとめプラグイン

07 | 2020/08 [GO]| 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ一覧 最新記事一覧 コメント一覧 トラックバック一覧
[カテゴリ一覧]
WEBコンサルティングのバンブーウエイブ

検索フォーム