FC2ブログ

東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream (サンドリと呼ばれてます)

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【サンドリ文庫】デイズ・ジャパン福島・被曝安全神話のワナ

20180701221807082.jpg

Days Japan 8月増刊号
「福島・被曝安全神話のワナ」
―放射能を気にしなければ幸せになれるのか―

事故から7 年。いま福島では、「風評被害」「不安をあおる」「福島を差別するな」という言葉のもと、
甲状腺検査の縮小、自主避難の人々の切り捨て、住民の分断が進む。私たちは何を守るべきか。

第1章 母と子のチェルノブイリ
2017 年夏、福島の母子3組がベラルーシを訪れた。訪ねたのは子どもの時にチェルノブイリ事故で被曝し、甲状腺がんの手術をし、母になった人々。
この人々が過ごしてきた人生は、福島の母子に何を伝えたか。福島の母、中高生からの報告ほか。

第2 章 小出裕章さん(元京都大学原子炉実験所助教)特別報告
「福島、原発安全神話から被曝安全神話へ」

第3章 福島差別と風評被害の本当の姿

●復興と差別
吉田千亜(フリーライター)「子どもを守ることと風評被害」
青木美希(朝日新聞記者) 「苦しむ被害者」

●放射線測定からわかること
阿部浩美(福島30 年プロジェクト理事長) 「食の安全と危険」
鈴木 薫(いわき放射能測定室たらちね事務局長)「たらちねの日々から思うこと」

●甲状腺がんという「不都合な真実」
白石 草(Our Planet TV) 「 『軽いがん』なんて言わないで――甲状腺がんの 子をもつ母たちの思い」
崎山比早子(元国会事故調査委員会委員)「福島県における甲状腺がん多発と放射線安全論」
和田真(ジャーナリスト)「県民に知らされない60ミリの甲状腺がん」

●安全論者からの攻撃をはね返す
明石昇二郎(ルポライター) 「開沼博氏への公開質問状」
東原晃一郎(グリーンコープ連合(生協))「福島民友新聞による風評被害攻撃」
木野龍逸(フリージャーナリスト)「政府・メディアによる事故収束かのような印象操作」
山田耕作(京都大学名誉教授)「存在する被害をなしとしている学者・文化人の被曝安全論を批判する」

●終わりに 広河隆一(DAYS JAPAN 発行人)「過去をなかったことにすると、未来を失う―『しあわせになるための「福島差別論」を読んで」


https://daysjapan.net/2018/06/28/%E3%80%90%E6%96%B0%E5%88%8A%E6%A1%88%E5%86%85%E3%80%91days-japan%EF%BC%98%E6%9C%88%E5%A2%97%E5%88%8A%E5%8F%B7%E3%80%8C%E7%A6%8F%E5%B3%B6%E3%83%BB%E8%A2%AB%E6%9B%9D%E5%AE%89%E5%85%A8%E7%A5%9E%E8%A9%B1/

| サンドリ文庫 | 22:22 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【サンドリ文庫】ブリッジブック国際人権法

201807012218078cd.jpg

| サンドリ文庫 | 22:19 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【サンドリ文庫】原告の手記集「私たちの決断 あの日を境に……」 原発賠償京都訴訟原告団 編  耕文社、A5、128頁

20170928224317b3d.jpg

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

原告の手記集「私たちの決断 あの日を境に……」

原発賠償京都訴訟原告団 編  耕文社、A5、128頁

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

 福島の原発事故を忘れたかのように原発の再稼働が進むこの日本に生きる人々
へ、道しるべのような一冊ができました!

 当たり前の日常を送っていた福島県や近隣都県に住まう私たちが、原発事故
で避難を決意し国と東京電力を訴えた理由、事故後の自然の変化、身体に起き
た異変、家族との葛藤、原発事故からの避難の困難。

 目の前に起こったこととこれからのこと……すべてをギュッと濃縮した本を
ぜひ手にしてください。


●構成

はじめに/弁護団からのメッセージ/原告の思い(24人)/支援する会共同代
表からのメッセージ/原告の思い~アンケートから(8人)/支援する会スタッ
フからのメッセージ

●税込価格1,296円のところ、著者割引で1,000円でご購入いただけます。

※郵送の場合は別途送料が必要です。

  2冊まで 200円、3~5冊 400円、6冊以上 無料

●申し込み方法

 支援する会のホームページのメールフォームに必要事項を記入の上、送信し
てください。ご注文いただきましたら、こちらから確認のメールを差し上げま
す。その後、注文冊数を郵送させていただきます。
 http://fukushimakyoto.namaste.jp/shien_kyoto/17kouseisaiban.htm

●連絡先

 原発賠償京都訴訟原告団

 〒612-0066 京都府京都市伏見区桃山羽柴長吉中町55-1
 コーポ桃山105 市民測定所気付
  FAX:075-622-9870
  E-Mail:shien_kyoto@yahoo.co.jp

| サンドリ文庫 | 00:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

 【サンドリ文庫】水俣1974-2013 : 水俣よサヨウナラ、コンニチワ 小柴一良 著

20170802131452e09.jpg

水俣1974-2013 : 水俣よサヨウナラ、コンニチワ
著者の小柴一良さまよりお送りいただきました。
ありがとうございます!

関連記事
http://www.nikkyoken.com/catalog/catalog_culture/570

| サンドリ文庫 | 00:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【サンドリ文庫NO.30】  子どもの人権と保育 『原発と子育て』(はらっぱ 2017年2月号)

はらっぱ2017

原発被害者の子どもに対するいじめについての声明
(2016年12月22日 ・原発被害者訴訟原告団全国連絡会)
http://sandori2014.blog.fc2.com/blog-entry-1354.html

いじめ声明

| サンドリ文庫 | 08:47 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT