fc2ブログ

Entries

2024年4月25日(木)「ふつうの暮らし 避難の権利 つかもう安心の未来」裁判(原発賠償関西訴訟)第46回口頭弁論期日@大阪地方裁判所1009号法廷 #本人尋問

20240425関西期日@大阪地裁1009.jpg

2024年4月25日(木)10:00~17:00
大阪地方裁判所本館1009号法廷
集合:午前9:00



■ 第47回期日以降の日程

第47回期日 2024年5月30日(木)10:00~17:00 202法廷(原告本人尋問9回目)
第48回期日 2024年7月11日(木)10:00~17:00 202法廷(原告本人尋問10回目)
第49回期日 2024年9月 5日(木)10:00~17:00 202法廷(原告本人尋問11回目)
第50回期日 2024年10月17日(木)10:00~17:00 1009法廷(原告本人尋問12回目)
第51回期日 2024年11月28日(木)10:00~17:00 202法廷(原告本人尋問13回目)


※原告本人尋問はまだ続きます。
 カレンダーに◎印をつけて、傍聴応援、周知のご協力、どうぞよろしくお願い致します。

本人尋問は、特に【3.11避難者の声】を直接法廷で聞く事ができる大変貴重な機会です。
ぜひ、大阪地方裁判所、報告会にお運びください。

2024年3月21日(水)原発賠償ひょうご訴訟 判決言い渡し@神戸地方裁判所

20240321判決言い渡し@ひょうご訴訟(神戸地裁)

【原発賠償ひょうご訴訟 判決言い渡し期日】

日時 3月21日(木)

12:30~13:00  神戸駅北側で街頭宣伝
13:20      神戸地裁前 入廷行進
 (直前にならないと抽選券配布があるかどうかわかりませんが、あるとすると13時過ぎになると思われます)

14:00開廷    判決言い渡し
         裁判所前 旗出し  弁護団より判決報告 
15:00~     あすてっぷ神戸(2F セミナー1) 報告集会 & 記者会見 
17:00      終了 

※YouTube配信あり 
詳しくは添付の案内をご覧ください。
是非、神戸地裁前に多くの方にご参集いただき、判決を聞いていただきたいと思います。
YouTube配信のURLは追ってお知らせします。


ぽかぽかサポートチームFacebookより

2024年3月20日(水・祝)原発賠償ひょうご訴訟 判決直前 前日集会@灘区文化センター(JR六甲道)

20240320判決前日集会@ひょうご訴訟(六甲道).jpg

前日集会
日時 3月20日(祝・水)10:30 開場 ~16:00
場所 灘区文化センター(JR六甲道南側)5階大会議室
https://maps.app.goo.gl/DpWayasDExv7Bn9K9
11:00 郷地医師 講演
   「福島原発事故による内部被曝  最近の放射線汚染は?」   
    記者会見 & 質疑応答
12:30~13:30 休憩
13:30  弁護団より訴訟概要説明   
     ひょうご訴訟原告発言
     京都訴訟 関西訴訟 他訴訟団より発言  
     記念撮影
16:00   終了                            
※YouTube配信あり 


②判決言い渡し期日
日時 3月21日(木)
12:30~13:00  神戸駅北側で街頭宣伝
13:20      神戸地裁前 入廷行進
 (直前にならないと抽選券配布があるかどうかわかりませんが、あるとすると13時過ぎになると思われます)
14:00開廷    判決言い渡し
         裁判所前 旗出し  弁護団より判決報告 
15:00~     あすてっぷ神戸(2F セミナー1) 報告集会 & 記者会見 
17:00      終了 
※YouTube配信あり 

原発賠償ひょうご訴訟(ぽかぽかサポートチーム)からのお知らせ@判決前日集会・判決言い渡し(神戸地裁)



20240320判決前日集会@ひょうご訴訟(六甲道).jpg
20240321判決言い渡し@ひょうご訴訟(神戸地裁)


ぽかぽかサポートチームFacebookより

【3.11避難者の声】 私たちは偽証しないと宣誓して事実だけを法廷で話しています。経験した事実だけを… #原発賠償関西訴訟 #本人尋問 #法廷の中の様子 #傍聴録



【3.11避難者の声】 #原発賠償関西訴訟 
多くの皆様のお支えがあって、裁判所に被害事実を伝えることができています。
この声に耳を傾けてほしい…
私たちは偽証しないと宣誓して事実だけを法廷で話しています。経験した事実だけを…
ぜひお時間ある時に全文読んでほしい…法廷の中の様子です。



★2月29日は「第45回原発賠償関西訴訟」・7回目の本人尋問でした。
私も参加している「豊中の市民・子どもたちを放射能から守る会」では、本人尋問の内容をメンバーが分担し合ってできる限り正確に書き取り、メンバーで共有するとともに、さまざまなところに発信しています。
この日、私は午前中の本人尋問を担当、そのごく一部を紹介します。
★Aさんは、2011年3月11日は福島市に夫と夫の両親、子ども二人とともに住んでいました。
車のラジオのニュースで福島原発事故を知りましたが、外を歩いたのですでに自分たちは被ばくしたと思ったとのこと。
7月21日、子どもたちが夏休みに入ってすぐに避難。子どもたちは友だちと離れたくないと避難を嫌がりましたが、最終的には了解。
夫が運転する車で避難しましたが、下の子が大泣きし、そのとき「黒い涙」を流したとのこと。Aさんは広島の「黒い雨」を思い出しました。2011年には福島では小学校が4クラスあったのが2学期になって3クラスになったということです。
★Aさんが避難を決めた理由の一つに食材の問題があります、夫の両親は家庭菜園を楽しみ、その野菜を事故後も食事に使っていました。「やめてほしい」と言いましたが、やめてもらえませんでした。スーパーのものも地産地消ということで地場産のものしか売っていませんでした。
★避難先での暮らしには言葉の壁があり、長男は話し方をからかわれて、中3まで学校ではひとことも話さず、ジェスチャーのみでした。
福島の地元の人たちとの関係はだんだん疎遠になり。「逃げた人はいいわね」と言われるのがつらいと。みんな福島が安全だから残っているのではなく、逃げたくても逃げられない理由があるから残っているのです。
「福島原発事故は終わっていません。そして、これからの日本にもあり得ることです。未来のことを考えて裁判所は公正な判断をしてください」とAさんは訴えました。
★Bさんは、2011年3月11日には夫と小学校1年生の子と3人で茨木県つくばしに住んでいました。
自身は防災の仕事に就き、ずっと続けるつもりでした。第二子も考えていました。
原発事故を知って、まず子どもへの影響を考えました。Bさんは小・中学で平和教育の授業を受け、広島原爆ついても学んだので、あとから健康被害が出ることを恐れました。
夫の研究仲間が世界各国にいて、ロシアや中国の研究者仲間は避難した方が良いと言いました。
★事故から9日後の3月20日に大阪府茨木市の祖母宅に避難し、その後、夫はつくば市に帰りました。仲が良い父娘だったので夫はつらそうでした。娘も「お父さんが知らない人になったみたい」とこっそり告げました。
避難について、両親の理解を得るのは難しかったと。また、福島県外の避難者についてはメディアで取り上げられることもなく、孤立感を抱いていました。
★原発事故から13年、国は福島県を中心に帰還支援をすすめ、帰還支援以外の提案がないことが問題だとBさん。海外ではチェルノブイリでもスリーマイルでも、被ばくから逃げるのは身を守るためということで、その支援が行われています。
福島は家父長制が強く、弱い立場の「嫁」が勝手に子どもを連れて逃げたという感じでとらえられ、家族の中で誹謗中傷する人も多くいるようです。両親に申し訳ないという気持を抱きながら、子どもの健康や将来を考えて避難し、家族の中でも孤独しています。また、避難していることで「変わった人」と思われ、家族の中で「特別な人」と思われるケースも。そして、避難先では、「また、いつか戻っていく人」ととらえられ、多くの人は応援がない中で、事故が風化されるにつれて怒りや悲しみを心にため込んでしまう状況です。
「被ばくから逃れるために避難したのは当然のことです。本来、原発はこんなに必要ないのです。国は避難者を避難させることを一番に考えてほしい」と訴えました。
★「放射能から豊中の市民・子どもを守る会」は2011年3月11日の福島原発事故をきっかけにつくられたグループ。
本日行われる「すてっぷフェスタ」では、「原発賠償関西訴訟」や「311脱子ども被ばく裁判」への支援を訴える「劇」を披露します。
さて、うまく演じられるかな?…ちょっと心配ですが、そろそろ出かけます。
(高橋もと子さんのfacebook記事よりご本人の許可を得て転載させていただきましたm(__)m)

傍聴応援だけでも大変ありがたいのに、こうして傍聴録を残してくださり、原告(避難者)の事実を語る「声」を残してくださり、
本当にありがとうございます。貴重な証言録です。

#原発賠償京都訴訟 大阪高裁前は盛り上がってます✨ #民意の力が必要 #原発事故は国に責任です

#原発賠償京都訴訟 大阪高裁前は盛り上がってます✨
#民意の力が必要(原告小林さんの訴え)
#原発事故は国に責任です
#牧裁判長!#勇気を持って判断を!



#サンドリは原発賠償京都訴訟を応援しています!

2024年2月29日(木)「ふつうの暮らし 避難の権利 つかもう安心の未来」裁判(原発賠償関西訴訟)第45回口頭弁論期日@大阪地方裁判所(原告5世帯の本人尋問)

20240229_20240425@関西期日.jpg

2024年2月29日(木)10:00~17:00
大阪地方裁判所本館202号法廷
集合:午前9:00


■ 当日のスケジュール(関西弁護団より)

9:00 大阪地方裁判所・別館正面玄関集合 (注:原告と弁護団は弁護士会館1階集合です)

http://www.courts.go.jp/osaka/about_tiho/syozai/osakamain/index.html

なお、裁判所敷地内では一般のチラシ配布・写真撮影などは禁止されておりますのでご注意ください。
弁護団からは、敷地外(東門を出たところ)で当日のスケジュール等を記載したものを配布する予定です。

9:10~9:20 大阪地方裁判所・別館正面玄関前 整理券配布(9:20抽選)

※ 傍聴券交付状況をご確認ください。

https://www.courts.go.jp/app/botyokoufu_jp/detail?id=17758&list_id=146,148,147,149,150,151,152,153,154,155,156,157,158,159

※ 9:15~9:20頃に、原告・弁護団は裁判所に入廷を行う予定です。

 ※ 抽選に外れた方は、控室(大阪弁護士会館920号室)にお越しください。なお、今回も、Zoom配信は行いません。
淀屋橋での署名活動も行いますので、ご協力お願いします。

10:00 原告本人尋問開始(202号法廷)

※ 午前中は2名の原告本人尋問の予定です。

12:00頃 午前中の尋問終了予定


12:15 ミニ集会①(大阪弁護士会920号室)

午前中の尋問を終えた原告・担当弁護士に一言あいさつをいただきます。

12:45 ミニ集会①終了予定 

 ※ 昼食休憩

13:15頃  原告本人尋問再開(202号法廷)

 ※ 午後は3名の原告本人尋問の予定です。

16:50頃 原告本人尋問終了予定

期日後には、ミニ報告集会が行われます。

17:00頃 ミニ報告②集会(大阪弁護士会920号室)
 
午後の尋問を終えた原告・担当弁護士に一言あいさつをいただきます。
他地域から参加された方等にもご挨拶をいただく予定です。

宣伝物を配布したい方が多数おられると思いますが、事前に弁護団に一声おかけください。
原発と無関係な宣伝物の配布はお断りすることがあります。
また、報告集会にて宣伝したい事項があれば、こちらも弁護団に一声おかけください。

17:45頃 ミニ報告集会②終了予定

傍聴に来られる方は、9:20までに裁判所の別館正面玄関前にお越し下さい。
傍聴券の抽選に外れた方は、大阪弁護士会920号室に移動してください。法廷外企画を準備しております。

なお、当日は、当日のスケジュールや報告集会の地図を記載したチラシを配布する予定です。
このところ敷地内でのチラシ配布について厳しいため、敷地外(東門出たところ)にて配布します。

■ 第46回期日以降の日程
第46回期日 2024年4月25日(木)10:00~17:00 1009法廷(原告本人尋問8回目)
第47回期日 2024年5月30日(木)10:00~17:00 202法廷(原告本人尋問9回目)
第48回期日 2024年7月11日(木)10:00~17:00 202法廷(原告本人尋問10回目)
第49回期日 2024年9月 5日(木)10:00~17:00 202法廷(原告本人尋問11回目)
第50回期日 2024年10月17日(木)10:00~17:00 1009法廷(原告本人尋問12回目)
第51回期日 2024年11月28日(木)10:00~17:00 202法廷(原告本人尋問13回目)
※原告本人尋問はまだ続きます。

続きを読む

2024年2月10日(土)14時~事実を捻じ曲げ原発事故の責任が問われない社会をあなたは受け入れますか?(原発被害者訴訟原告団全国連絡会主催)@東京日比谷コンベンションホール&オンライン(参加無料)

20240210事実を捻じ曲げ原発事故の責任が問われない社会をあなたは受け入れますか?@全国連

事実を捻じ曲げ原発事故の責任が問われない社会をあなたは受け入れますか?

#原発事故は国の責任です

~私たちは被害者切り捨てと分断を許さない~

日時:2月10日(土)14:00~

場所:日比谷図書文化館 地下1階〈コンベンションホール〉


◇当日のスケジュール

◎原発事故被害者の訴え

◎記念講演

  ①6.17 最高裁判決後の高裁判決をどう見るか 吉村良一氏(立命館大学名誉教授)

 ②ノーモア原発公害市民連絡会より 関 礼子氏(立教大学教授)

■主催/原発被害者訴訟原告団全国連絡会

お問合せ:024(572)6480 生業訴訟事務局内


☆原発被害者訴訟原告団全国連絡会より呼びかけメッセージ☆

2024 年 2.10集会 ご参加のお願い ~被害者切り捨てと分断を許さない~

2024 年は「志賀原発」がある能登半島巨大地震で年が明けました。
被災された皆様に 心よりお見舞いを申し上げます。
そして、もし志賀原発が再稼動されていたら、と地震大 国日本における1日も早い『脱原発』の思いを強くいたしました。
さらに、被災された方々が 3.11 後と同様に過酷な状況に置かれている、原発の被害を心 配しているとの報道に、
東日本大震災の教訓が生かされていない事に忸怩たる思いです。
福島第一原発事故の震災関連死は 2,300 人余、元の故郷に戻っていない避難者は8万人を 超え、
2011年3.11から13年を迎える今も被害者は沢山の深刻な課題を抱えていますが、
誰も事故の責任 を取らず、被害者切り捨て、福島事故は終わった事にされようとしています。

2022年 6 月 17 日最高裁は国・東電と癒着のある裁判官によって「原発事故の国 の責任を認めない」不当・不正義判決を出しました。
この判決は、津波の到来の予測と事故回避の可能性、被害の甚大さについて重要な争点の判断を避け、原発再稼 動を進める国に忖度し、司法の果たすべき役割を放棄したものです。決して許され るものではありません。

今、最高裁判決を覆す「第2陣」上告の闘いが始まりました。
また、全国各地の 地裁・高裁においても国と東電の責任を明らかにし、避難の権利や実態に見合った 賠償を求める裁判が続いています。すべての裁判で勝利を勝ち取るために今大切な ことは多くの国民世論の支持をひろげる事です。

そこで、私たち「原発被害者訴訟原告団全国連絡会」は、
最高裁判決後に次々 出された全国の訴訟判決の驚くべき不正義と、
過酷な被害者の実態を皆様に知って いただき、
最高裁の第2陣の闘いへのご支援をお願いしたいと思い、2.10 集会を企 画いたしました。

ご多用の事とは存じますが何卒、万障お繰り上げいただき、皆様 のご参加をよろしくお願いいたします。
どなたでもご自由にご参加いただけます。

2024年1月26日(金)福島原発かながわ訴訟 控訴審判決期日です‼️@東京高等裁判所 



本日いよいよ #福島原発かながわ訴訟 の控訴審判決です✨公正判決を期待します👀

【かながわ訴訟第1陣:東京高裁 1月26日(金)※判決※10時15分集合です!】
1月26日の判決日は10時30分から判決入廷行動、結審日と同様に旗の隊列と音楽で原告団と弁護団を応援します。
12時頃には判決旗出し、裁判所前で速報の予定です。
傍聴抽選に外れても裁判所前に待機して判決を見守りましょう。
午後1時からの報告集会は日比谷コンベンションホールで開催します。

第1陣 判決 1月26日(金)東京高裁101号法廷
〇結審入廷行動 10:30~11:00 東京高裁前(旗の隊列と音楽で応援)
〇傍聴抽選整理券交付締切 11:10見込み
○判決言い渡し 11:30 101号法廷
○判決旗出し・概要報告 東京高裁正門前
○報告集会(予定) 13:00~15:00頃 日比谷コンベンションホール
 原告団の発言、弁護団からの判決解説、全国の原告・支援者との交流を予定しています。
※ユーチューブ中継は愛知・岐阜訴訟のみなさんのご協力により
 だまっちゃおれんチャンネルで配信します。
 https://youtube.com/live/F0E9X80uxuw?feature=share
※録画映像は後日、高画質でふくかなHPに掲載予定です。
(ふくかな通信より引用ここまで)

東京高等裁判所に向かってただいま爆走中です💨(新幹線が🚅)名古屋まではおよそ新幹線の速度ではないゆっくり走行でしたが、17分遅れで今名古屋です💦三本早い列車に変えたから間に合うと思いますが⛄
#原発事故は国に責任です という判決をなんとしても直接この耳で聞きたいです👂
全国からも続々と東京高裁前に結集している模様です🔥💛🔥
#原発賠償関西訴訟 はかながわ訴訟団のみなさんを心から応援しています📣
#原発被害者訴訟原告団全国連絡会

2024年1月20日(土)14時~私たちが避難をした理由(わけ)~もう一度、内部被ばくのことを考える~@原発賠償ひょうご訴訟(ゲスト斉藤とも子さん)

20240120斉藤とも子さん@ひょうご訴訟.jpg

なぜ避難をしなければならなかったのか、そもそも原発事故はなぜ起こったのか、防ぐことができたんじゃないか、原子力を推進してきた国が万が一にも起こしてはならない事故を起こしたのに、だれも責任をとらないでどんどん原発再稼働に前のめりになっている今、原告たちが事故によって人生を翻弄された無念の思いを本人尋問で訴えてきたことなども法廷を再現してお伝えします。
当日は俳優の斉藤とも子さん(原爆を描いた舞台「父と暮せば」出演により、被爆者の方との交流が続き、原爆小頭症の患者やその家族らでつくる「きのこ会」の活動に携わっておられます、原発事故後は、避難者にも関心を寄せておられます)をお招きして「被ばく問題」を近畿3訴訟団(京都・関西・ひょうご)とともに考えます。
斉藤とも子さんの朗読とお話しはきっと、あなたの心に沁みることでしょう。原告の思いと共に
是非、お越しください。
日時:1月20日(土)14時~16時半
場所:尼崎市センター・トレピエ
参加費:無料

ぽかぽかサポートチームfacebookより

続きを読む

Appendix

Categories Archives

Recent Trackbacks

Profile

サンドリ2014

東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream(サンドリ)とは、
避難者が主体的に活動し、 お支え下さる方々へ感謝することを忘れず、 避難者の「今」を真摯にお伝えすることによって 社会貢献につながる活動を自発的・能動的に行う3.11避難当事者団体です。 参加メンバー随時募集中(^^) sandori2014@gmail.com

Extra

振込先

ゆうちょ銀行  
記号 14170 番号 58568201 加入者名  東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream (ヒガシニホンダイシンサイヒナンシャノカイサンクスアンドドリーム)

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2024年04月 | 05月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -


カテゴリ

アクセス数

まとめプラグイン

03 | 2024/04 [GO]| 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

カテゴリ一覧 最新記事一覧 コメント一覧 トラックバック一覧
[カテゴリ一覧]
WEBコンサルティングのバンブーウエイブ

検索フォーム