東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream (サンドリと呼ばれてます)

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2017年11月30日(木)『避難の権利』を求める裁判@大阪地裁(原発賠償関西訴訟)第16回口頭弁論期日

2017年11月30日@大阪地裁

【裁判所に「声」を届け隊】よりお知らせです。

☆3.11避難者の皆さまへ

裁判期日およびそれに続く報告集会には、最も多くの避難者が集まります。
孤立している避難者の方がおられましたら、
是非お近くで行われる「避難の権利」を求める裁判の傍聴、
それに続く報告会にご参加されてみてください(どなたでも無料で傍聴可能です)。
きっと沢山の避難者されている方々とつながることができるはずです。

避難者同士はこの6年半の間に随分とつながることが出来ました。
同じ避難元、近い境遇の方と出会えるかもしれません。

また、「避難している」という貴方の存在が、
他の避難者の励みにもなったりします。
孤立し、一人で悩んでいる避難者の方々が、
お一人でも多く、救われますように・・・。


☆すべての皆さまへ

東日本大震災とそれに伴う福島第一原子力発電所の事故の影響で、
今なお避難生活を続けている多くの人びとが、
全国47都道府県に存在しています。
(その正確な実数も実態も誰も把握はしていませんが。)

関西に避難している人たちが、
なぜ避難生活を続けているのか、
その真実の声を、裁判所にも届けています。

是非、宣誓し、真実を包み隠さず、
正々堂々と司法の場
避難者の「声」を伝える避難者のご支援も、
どうぞよろしくお願い申し上げます。
(もちろん裁判だけが唯一の伝える方法ではありません。)

東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream 
        【裁判所に「声」を届け隊】一同

連絡先  sandori2014@gmail.com
 

| 【裁判所に「声」を届け隊】 | 00:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2017年10月25日(水)13時30分~ついに結審!福島原発被害東京訴訟@東京地方裁判所

20171002232051cbd.jpg

| 【裁判所に「声」を届け隊】 | 00:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2017年10月10日(火)「生業訴訟」いよいよ判決! 東電福島原発事故被害者による集団訴訟《生業訴訟》@福島地方裁判所

生業訴訟判決当日スケジュール
20170917113749292.jpg

【福島での活動】
○10:30 期日前集会 @福島市公会堂
       原告や弁護士からの決意表明。全国の支援者からの激励など。
○12:00 デモ行進 @福島市内
       子街道を出発して市内を巡り、裁判所前まで行進します。
〇13:00 裁判所前行動 @福島地裁前
       参加者全員で裁判所を取り囲み、アピールします。
○14:00 判決 @福島地裁
       歴史的瞬間です!
〇15:30 報告集会+記者会見 @福島県文化センター
       判決の中身や評価について、弁護団から詳しく説明し、報道各社からの質問に答えます


生業の判決詳細 
http://www.nariwaisoshou.jp/progress/2017year/entry-748.html

福島県外での予定
20170917113913923.jpg
※10月17日の院内集会は選挙期間中ということで肝心の国会議員さんが院内におられない為延期となりました。ご注意下さい。


| 【裁判所に「声」を届け隊】 | 00:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2017年10月7日(土)17時~東電福島原子力惨禍における原発被害者集団訴訟・生業訴訟判決前アクション@梅田HEP前

20170920181159720.jpg

2017年10月10日(火)「生業訴訟」いよいよ判決!
東電福島原発事故被害者による集団訴訟《生業訴訟》@福島地方裁判所
詳細はコチラ→ http://sandori2014.blog.fc2.com/blog-entry-1637.html

| 【裁判所に「声」を届け隊】 | 00:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2017年9月29日京都訴訟結審@京都地裁

2017年9月29日@京都地裁
原発賠償訴訟・京都原告団を支援する会事務局からのおしらせです。


提訴から4年。長かった京都訴訟もいよいよ9月29日に結審を迎えることとなりました。当日の流れ(スケジュール)についてお知らせします。

◇集合 9:50
9:50~10:05 抽選番号リストバンド配布
10:10      当選番号発表
10:30      開廷

*この日は、開廷前に公正判決要請署名の第4次提出を行ないます。これまでの第1次~第3次の累計は11,919筆。昨日までに届いている署名が4,992筆、累計で16,911筆という状況です。署名用紙の下段には「第4次集約は9月15日」と少し早めに書いていますが、今日以降も届くと思いますので、で
きる限りぎりぎりまで
待って集計したいと考えていますので、お手持ちの署名がありましたら、至急お送りください。

◇法廷
法廷では、原告側の最終弁論が行なわれます。弁護団が20分(総論、因果関係、加害責任、損害について)、原告団が10分(共同代表2人が意見陳述)、被告側の弁論はなしの予定です。

◇模擬法廷
この日は結審ということで全国からも注目されており、各地の原告や弁護団が傍聴に参加されることも予想され、最後だからということでいつもより多い傍聴者が見込まれます。そのため、久しぶりに弁護士会館の大ホール(地階)で模擬法廷を予定しています。抽選に外れた方は模擬法廷にお越しください。

◇記者会見と報告集会
法廷は11時過ぎには終わる予定です。そのまま弁護
士会館の大ホールに移動して、先に記者会見を行ないます。壇上に原告団・弁護団が上り、最前列に記者席を設けます。記者会見の間、支援者の方は記者席の周囲・後方にお座りください。記者会見が終わり次第、そのまま報告集会に切り替えます。12時30分をめどに終わる予定です。

*前回(8月18日)に参加できなかった方、あるいは傍聴カードを忘れた方でスタンプが4個以上ある方にはホール入口付近の「景品渡し」コーナーでカラフルなミニ手帳をお渡しします。スタンプが9個以上ある方にはミニ手帳に加えてボールペンを差し上げます。

*前回(8月18日)、原告の手記集『私たちの決断 あの日を境に…』の予約をされた方は、ホール入口付近の販売コーナーで「引換券」と引き
換えに本をお渡しします。また、当日販売(著者割引価格1,000円)も行ないますので、予約しておられない方もぜひお買い求めください。

◇レセプション

報告集会が終わったあと、キャンパスプラザ京都に移動してレセプションを行ないます。実行委員会で、レセプションの正式名称が「提訴から4年! みんなの思いを集めて勝利をめざそう ラストスパート集会」に決まりました。

受付開始が13時30分から。開会は14時。閉会は16
時30分の予定で、一応閉会したあとみんなで記念撮影。17時には退去というタイムスケジュールになっています。

オードブル、サラダ、サンドウィッチなどの料理とビール、日本酒、お茶などの飲み物も用意するため有料となります。
・原告、避難者は1,000円、・支援者は2,000円、・弁護士は3,000円です。(各地の弁護団の先生方、申し訳ありません。)

レセプションでは、4年間の京都訴訟の歩みを映像とナレーション、そしてそれぞれの場面に関わった人が短くその時の思いなどを語るリレートークで振り返るという企画を原告中心に準備しています。お楽しみに。

できれば、参加者全員に参加していただきたいのですが、定員がある(最大で90名)のと料理をどれくら
い注文すればいいのかという関係もあるため、レ
セプションに参加される方は事前に支援する会のメールアドレス(shien_kyoto@…)にご一報くださるとありがたいです。

では、結審はこれまでにない傍聴者で溢れることを期待して、京都地裁でお会いしましょう


【裁判所に「声」を届け隊】よりお知らせです。

☆3.11避難者の皆さまへ

裁判期日およびそれに続く報告集会には、最も多くの避難者が集まります。
孤立している避難者の方がおられましたら、
是非お近くで行われる「避難の権利」を求める裁判の傍聴、
それに続く報告会にご参加されてみてください(どなたでも無料で傍聴可能です)。
きっと沢山の避難者されている方々とつながることができるはずです。

避難者同士はこの6年半の間に随分とつながることが出来ました。
同じ避難元、近い境遇の方と出会えるかもしれません。

また、「避難している」という貴方の存在が、
他の避難者の励みにもなったりします。
孤立し、一人で悩んでいる避難者の方々が、
お一人でも多く、救われますように・・・。


☆すべての皆さまへ

東日本大震災とそれに伴う福島第一原子力発電所の事故の影響で、
今なお避難生活を続けている多くの人びとが、
全国47都道府県に存在しています。
(その正確な実数も実態も誰も把握はしていませんが。)

関西に避難している人たちが、
なぜ避難生活を続けているのか、
その真実の声を、裁判所にも届けています。

是非、宣誓し、真実を包み隠さず、
正々堂々と司法の場
避難者の「声」を伝える避難者のご支援も、
どうぞよろしくお願い申し上げます。
(もちろん裁判だけが唯一の伝える方法ではありません。)

東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream 
        【裁判所に「声」を届け隊】一同

連絡先  sandori2014@gmail.com
 

| 【裁判所に「声」を届け隊】 | 00:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT