FC2ブログ

Entries

神戸ルミナリエ企画2014 避難者の声 No.13 千葉県鎌ケ谷市→滋賀県東近江市

【神戸ルミナリエ企画2014 避難者の声 No.13】

昨年千葉県鎌ケ谷市(柏市、松戸市などと隣接している市)から滋賀県に移住した。鎌ヶ谷市を含む千葉県北西部は汚染状況重点調査地域という国が認めた汚染地帯、ホットスポットだったのにそのことに気づかず2年間を過ごしてしまった。東日本一帯が黄色で覆われたセシウム137のマップを見た時の衝撃は今でも忘れられない。「ただちに健康に影響はありません」。気がついた人たちはその言葉で危機感をもったと今になっていろんな人から聞くが、あの時の私は “ただちにない” ということは “いつかは影響があることだ” と認識することができず、政府が影響ないと言っているのだから騒いではいけない、冷静にしているのが日本人としての美徳みたいな感覚さえあった。
“国に裏切られる”なんて考えたこともなく、この事実を知った時、まさか日本が…とものすごく混乱した。

この問題に気がつき、自分の体調不良は放射能の影響によるものが大きかったのだとようやく結びついた。私の場合は目への影響が深刻で、2年間ずっと続いていて、移住せずにとどまっていたら目が見えなくなっていたのではないか、と今でもあの時のことを思い出す。

関西で放射能のことを気にしていらっしゃる方からは、「関東の人は知っていて、でも事情があるから仕方なく住んでいる」とよく聞くけれど、私の感覚ではあの時の私のように“単純に知らない” “まさか自分のことと思っていない” 人がほとんどだと思っている。
人々が東京を含む首都圏にも放射性管理区域に該当する汚染が存在していることを知った時の衝撃はいかほどであろうか。
今なお以前と変わらぬ生活をしている人が事実を知った時の悔しさはいかほどであろうか。
体に起きている不調が放射能による影響と認識した時の絶望はいかほどであろうか。

気がついた今、知ろうとしなかった自分自身ももちろん問題だったと反省するが、ひたすら真実を隠し、新聞やテレビで真実を伝えていない日本で気がつかないでいる人がいるのは当然で、その人たちにどうにかして伝えたいと願っている。
みなさんにも東北、関東にご家族、ご親戚、大切な友だちがいらっしゃると思う。
その方たちは放射能の “本当のところ” に気がついておられるだろうか?
放射能のことを話題にするのはしんどいことかもしれない。でもそこを確認しあいたいし、みんなで気づきあいたい。 
あとになって “伝えなかった後悔” だけはしたくない。

放射能により人と人とが分断してしまうのではなく、
愛をもってつながっていくことができると、私は心から信じている。

千葉県鎌ケ谷市→滋賀県東近江市 

神戸ルミナリエ企画2014 避難者の声 No.12 茨城県→大阪府

【神戸ルミナリエ企画2014 避難者の声 No.12】

震災直後、私は茨城県から大阪に避難してきました。当初私が感じた事は、避難者がランク付けされているという事です。放射能避難と言うと、風評被害と言われ、単身避難で男性の私は、最下位のCランクなんだという思いにかられました。その後、関西原発賠償訴訟の原告になる事ができました。場所も被害も微妙な茨城県のため、避難民になれない難民のような立場でしたが、原告になることで、初めて避難民として認められた、CランクからBランクへ上がった気がしました。
たくさんの福島県の人が、茨城県はじめ関東に避難しています。この状況が、福島以外は大丈夫だという誤解をあたえ、関東から避難する事をより複雑に難しくしています。放射能避難と言えない隠れ避難者がたくさんいます。この事実を隠さずに生活できる日を願っています。

茨城県→大阪府

神戸ルミナリエ企画2014 避難者の声 No.11 南相馬市→木津川市

【神戸ルミナリエ企画2014 避難者の声 No.11】

キレイな電飾のこの街。思い出されるのは、2011年3月12日夜。ただ言われるままに車に乗る娘二人と、訳がわからずに嫌がる両親を連れ、飛び出すように車を走らせ『避難』。屋内待機の防災無線が流れる静かな南相馬市。私は事故の場所から遠ざかりたくて必死でした。隣村の飯舘に入ると様子は一変。車のテールランプの赤い光で、村を焦がすかのようでした。時間もだいぶ過ぎたのにどの車内も小さな子供連れでした。
あれから、3年9か月。目の前の光は、優しく人の心を和ませるLEDランプに変わったけれど、あの時の混乱の中出会った人々の生活も心も、同じように変わったのでしょうか。
私はあの日、あの時、傷ついた人々全員が幸せに思える日が来るまで。
私は、この命の光を燈しつづけます。

                         南相馬市→木津川市

神戸ルミナリエ企画2014 避難者の声 No.9 東京都葛飾区→大阪府茨木市

【神戸ルミナリエ企画2014 避難者の声 No.9】

「放射線管理区域で暮らしたくない」ただその思いだけで必死に西へと家族で移住してきて3年。避難先や避難元の人々とふれあい、支えられたり支えたり、今家族と幸せに暮らしています。
震災後に産まれた娘の死を乗り越えた今、気持ちはありがとう…
一年間幸せをくれた娘にありがとう。 
そばにいてくれる夫と息子にありがとう。
助けてくれる親や兄弟や友達にありがとう。
おいしい食べ物がたくさんあることにありがとう。
私を守り愛してくれる地球にありがとう。
宇宙から見れば良いも悪いもなく、
私は自分を幸せにすればいいんだなと。
これを読んでくれたみなさま、ありがとう。

                   東京都葛飾区→大阪府茨木市

神戸ルミナリエ企画2014 避難者の声 No.8 福島県中通り→大阪府・母子避難中

【神戸ルミナリエ企画2014 避難者の声 No.8】


~避難者の『今』~

 皆さんに知っていただくとても良いテーマだと思います。

 なぜなら、震災・原発事故からもうすぐ4年になりますが、
 避難者である私達に『今』など無いから。。。

 3.11そして原発事故直後から私たちは何ひとつ変わってはいない。変わったこととと
 いえば、世間から忘れ去られようとしているくらいでしょうか。

 私は今も母子避難、一家離散、子どもの健康被害に対する不安。。。
 何一つ変わってはいない。真実は公表されないということも。

 ただただ悲しい、情けない。。
 事実をしっかり見てはもらえない。

 そこには誰にも消せない『放射能』という汚染がある。事実がある。
 首にメスを入れられた子どもたちを直視して欲しい。それが事実。。
 消しようがない事実です。。

                  福島県中通り→大阪府・母子避難中

Appendix

Recent Comments

Recent Trackbacks

Profile

サンドリ2014

Extra

振込先

ゆうちょ銀行  
記号 14170 番号 58568201 加入者名  東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream (ヒガシニホンダイシンサイヒナンシャノカイサンクスアンドドリーム)

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2020年08月 | 09月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


アクセス数

まとめプラグイン

07 | 2020/08 [GO]| 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ一覧 最新記事一覧 コメント一覧 トラックバック一覧
[カテゴリ一覧]
WEBコンサルティングのバンブーウエイブ

検索フォーム