FC2ブログ

≫ひろめ隊(メディア掲載・リンク等)

【朝日新聞】 (現場へ!)福島原発事故裁判:3 「子を危険に」、親たちの苦悩 2019年7月31日(夕刊)

20190731朝日新聞夕刊 現場へ!
東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream(サンドリ)代表で
原発賠償関西訴訟原告団代表の森松明希子さんも生業訴訟原告団事務局長、
いわき市民訴訟原告の方々とともに取り上げていただきました。
避難しても、とどまっても、帰還したとしても、苦悩は共通のものがあります。
特に親として子どもを危険にさらしてしまったという事実と向き合う当事者の声を
ぜひ共有してください。
https://digital.asahi.com/articles/DA3S14122025.html?iref=pc_ss_date



(現場へ!)福島原発事故裁判:3 「子を危険に」、親たちの苦悩  2019年7月31日

 2011年の東京電力福島第一原発事故で放射能に襲われた時、避難指示が出ていない地域でも小さな子を持つ親は苦しみ、悩んだ。避難した人もしなかった人も同じだ。各地の集団訴訟でそれぞれの親たちが葛藤した苛烈(かれつ)な日々が改めて浮き彫りになった。
     *
 今年1月。証言台の小林敬子さん(52)=仮名=は、東電側の代理人弁護士の質問に、「なんて意地悪な」と内心、憤った。福島県いわき市の住民が、東京電力や国に損害賠償を求めた「いわき市民訴訟」。福島地裁いわき支部の本人尋問でのことだった。
 事故の時、長男は10歳、長女は7歳。2人ともアレルギー体質のため天然素材の家を建ててローンを抱えていた。事故で敬子さんは子どもの被曝(ひばく)をおそれ、2人を連れて長野県の夫の実家に避難。作業療法士の夫は地元に残った。が、避難指示が出ていないので慰謝料はわずか。経済的に苦しく、家族の一体感も失いたくないと、11年の暮れ、いわき市に戻った。
 それなのに東電側は、インフラも回復したのだからもっと早く戻れたのでは、とただした。
 「自宅の周りにはセブン―イレブンとかございますね。開いているか旦那さんに聞かれましたか」
 「バスはもう回復しているのとか、話題には上りましたか」
 敬子さんはこみ上げる感情を抑えつつ反論した。「そこは第一の問題ではなくて、放射能がどうなのかだけが本当に中心なんです」

 18年3月、スイス・ジュネーブであった国連人権理事会。
原発事故で母子避難している森松明希子さん(45)は、英語で必死に悔しさを訴えた。
「空気、水、土壌がひどく汚染される中、私は汚染した水を飲むしかなく、赤ん坊に母乳を与えてしまいました」
 福島県郡山市は避難指示は出なかったが、当時、3歳の長男と0歳の長女の被曝(ひばく)を恐れ、
11年5月、土地勘のある大阪市に3人で避難した。13年9月、大阪地裁に集団訴訟を起こし、
原告団代表に。地元に残った医師の夫との二重生活を支えるため、平日は働き週末は講演で全国を飛び回る。
 「直ちに影響はなかったとしても、生涯、自分や子どもたちに出るかもしれない健康被害の可能性と向き合っていかなければならない現実があるのです」。16年6月の法廷でそう訴えた。

     *
 シリーズ初回で取り上げた「生業(なりわい)訴訟」の原告団事務局長を務める服部浩幸さん(50)は、福島県二本松市東部でスーパーマーケットを営む。周囲半径5キロに食料品店はない。事故後、避難指示は出ず、店は地域住民ばかりか、近くの浪江町から逃げてきた避難者にとっても唯一の食料供給基地になった。閉店できなかった。
 当時、中学1年の長女、小学4年と幼稚園児の息子2人がいた。17年3月、浩幸さんは福島地裁の法廷で語った。「子どもたちを危険にさらしてしまったのではないかと自責の念に駆られています」
 平穏で幸せな暮らしを壊した原発事故。東電や国は一人ひとりの苦悩を全く理解していない、と訴える親たちがいる。
(全文引用)


(参照)
1回目は須賀川市の樽川和也さんのお話 https://digital.asahi.com/articles/DA3S14118842.html?iref=pc_ss_date
2回目は「ふるさとの喪失」 https://digital.asahi.com/articles/DA3S14120281.html?iref=pc_ss_date
3回目は事故に苦しめられた母・父の話 https://digital.asahi.com/articles/DA3S14122025.html?iref=pc_ss_date

【講演録】「福島原発被災者の人権を求めて ~原発事故自主避難者 森松明希子さん講演会~」の講演詳細を記事にしていただきました!(アムネスティ神奈川)


20190608アムネスティ神奈川 報告記事 スクリーンショット .png

https://amnesty-kanagawa.jimdofree.com/


【3.11避難者の声】

『「火事が起きたら逃げる、地震が起きて海沿いに住んでいたら高台に逃げる、これを非難されることはない。
原発だけは、逃げていたらそれを言えない。避難していたけど戻ることも言えない。過去や被害の経緯を話すことさえも許されない社会は、絶対にあってはならない。
【放射線被ばくから免れ健康を享受する権利の確立を求めて】
知って被ばくすることと、知らずに被ばくさせられることは、全然意味が違う。
レントゲンなどは、自分でコントロール・判断している。
原発事故は、無差別にYESと言っていないのに放射能を無用に浴びせる。
これに対しては、堂々と拒否をする権利がある。被ばく防護の対策をとったことにより、アイデンティティを否定されることがあってはならない。
被ばくを拒否する権利、自分が被ばくを回避したい時は選択的に被ばくを回避できる権利、被ばく情報を自分でコントロールできる権利の確立が、この国には求められている。』


全文はコチラ(ぜひお読みください)→https://amnesty-kanagawa.jimdofree.com/reports/20190608/

アムネスティ日本の公式HPで、6月に行ったアムネスティ神奈川連絡会での講演録を掲載していただきました。
ぜひ、多くの皆さまに共有して頂きたいです。

【イベント報告】講演会「福島原発被災者の人権を求めて ~原発事故自主避難者 森松明希子さん講演会~」を開催 : アムネスティ日本 AMNESTY
https://www.amnesty.or.jp/hrc/2019/0729_8237.html

MORE »

【イベント報告】講演会「福島原発被災者の人権を求めて ~原発事故自主避難者 森松明希子さん講演会~」を開催 : アムネスティ日本 AMNESTY

アムネスティ日本のHPで東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream(サンドリ)・森松明希子代表の報告記事を掲載していただきました!

【イベント報告】講演会「福島原発被災者の人権を求めて ~原発事故自主避難者 森松明希子さん講演会~」を開催 : アムネスティ日本 AMNESTY
https://www.amnesty.or.jp/hrc/2019/0729_8237.html?fbclid=IwAR38qQsma8AiC_BoRMoR590_hGJf6kq3tf-6abwOEsfr2dugDNCy3Q6RTM4

MORE »

生きた声を聴く!0歳児・3歳児を連れての母子避難、その②〜避難の難しさと、『避難の権利』〜教員ママの!勝手に!滑川町改造計画さんのWEBで講演のご感想をアップしていただきました❣

20190628@埼玉.jpg

埼玉県滑川の古民家ギャラリーかぐやさんでお話しをさせていただきました。
会場の後ろの畳スペースでは子どもたちの声が響きながらのおはなし会でした。
そして、子育て中のお母さんが沢山集ってくださいました。
町の町議会議員さんも女性でお母さん。町長さんも聞いてくださいました。
ご自分ごととして、わが町のこととして、置き換えながら一つ一つのテーマを受け止めてくださって、
会場からも沢山の質問やご意見を皆さんと共有出来ました。

教育の現場でのお話しや、「放射線副読本」についても活発なご意見と意見交流!

そのときに、聞いて下さった赤ちゃんを前抱きしたお母さんがご自身も、
貴重なご経験を話してくださいました。
その方が、講演録のような形でレポートしてくださってます!
ぜひご一読下さい(^^)
↓ ↓ ↓
生きた声を聴く!0歳児・3歳児を連れての母子避難、その②
- 教員ママの!勝手に!滑川町改造計画

■避難の難しさと、『避難の権利』
■学校教育と、放射線
■最後に…

https://namegawa-kosodate.hatenablog.com/entry/2019/07/05/142306


※「放射線副読本」についてもしっかりとレポートしてくださっています!
大切なことを漏らさずこうして伝えてくださること、
3.11避難当事者は経験した事実をお伝えする役割があるとするなら、
その声を聞き、ともに考え、子どもたちの世代に安心の未来を手渡すアクションを
こうして聞いて下さった方が伝えて広げてくださることが、
一番のお支えになっていると思うのです。

本当に素晴らしい記事をアップしてくださいましてありがとうございましたm(_ _)m

【毎日新聞2019年7月4日茨城版】原発避難者の実情語る 水戸で森松さん「一人一人が声上げて」/茨城

再稼働が検討されている東海第二原子力発電所のそば(茨城県水戸)で行われた
東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream(サンドリ)代表・森松明希子さんの講演の様子が
毎日新聞で報じられました。

20190704毎日新聞 (茨城).jpg

■毎日新聞WEB版にも掲載(有料記事)
講演:原発避難者の実情語る 水戸で森松さん「一人一人が声上げて」 /茨城 - 毎日新聞
https://mainichi.jp/articles/20190704/ddl/k08/040/184000c

■主催のアムネスティさんの報告記事もぜひお読み下さい!
【イベント報告】森松明希子さん講演会
「命を守る、自由を守る、笑顔を守る~原発事故・自主避難者~」 : アムネスティ日本 AMNESTY
https://www.amnesty.or.jp/hrc/2019/0617_8157.html

■2019年6月9日(日) 命を守る、自由を守る、笑顔を守る 原発事故・自主避難者 森松明希子さんの講演会
@(主催:アムネスティ日本・水戸グループ)
http://sandori2014.blog.fc2.com/blog-entry-2186.html

 | HOME |  »

サンドリとは


振込先

ゆうちょ銀行  
記号 14170 番号 58568201 加入者名  東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream (ヒガシニホンダイシンサイヒナンシャノカイサンクスアンドドリーム)

カテゴリ

ごあいさつ (9)
ブース隊 (67)
おんがく隊 (38)
おはなし隊 (320)
避難者の「声」をとどけ隊 (709)
【避難者川柳5・7・5】 (316)
【短歌・俳句三十一文字】 (1)
【東日本大震災8周年企画】 (40)
【東日本大震災7周年企画】 (8)
【東日本大震災6周年企画】 (11)
【東日本大震災5周年企画】 (23)
【東日本大震災4周年企画】 (15)
【2014年神戸ルミナリエ企画】 (22)
【裁判所に「声」を届け隊】 (143)
【学校に声をとどけ隊】 (52)
【世界に声をとどけ隊】 (23)
【世界から声をとどけ隊】 (6)
ささえ隊 (59)
をすすめ隊 (243)
【避難者交流会】 (145)
【書籍】 (18)
【映画】 (10)
【映画「小さき声のカノン」】 (14)
【映画「日本と原発」】 (30)
【映画「A2-B-C」】 (8)
【DVD】 (15)
まなび隊 (211)
サンドリ文庫 (66)
冊子頒布 (1)
「red kimono」 (1)
「3.11避難者の声~当事者自身がアーカイブ~」 (0)
しらせ隊(チラシ) (41)
サンドリチラシ (15)
他団体チラシ (17)
ひろめ隊(メディア掲載・リンク等) (145)
活動 (80)
会計について (3)
会議出席 (52)
For Foreigners (4)
ニュース・関連報道 (49)
その他 (1)

アクセス数


まとめプラグイン

08 | 2019/09 [GO]| 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

カテゴリ一覧 最新記事一覧 コメント一覧 トラックバック一覧
[カテゴリ一覧]
WEBコンサルティングのバンブーウエイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム