東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream (サンドリと呼ばれてます)

≫ EDIT

2018年3月17日(土)13:30~15:30 「憲法・原発 カフェ」森松明希子さん×原発賠償KANSAIサポーターズ×あすわか大阪@リバティおおさか

20180317日本国憲法展イベント情報 憲法・原発カフェ.jpg


「憲法・原発カフェ」
 
2018年3月17日(土)13:30~15:30

憲法前文では、「恐怖と欠乏から免れ平和のうちに生存する権利(平和的生存権)」がうたわれています。
では仮に、「戦争」が起きなかったとしても、放射能汚染にさらされるおそれのある状況で、果たして「平和」といえるのでしょうか。
原発事故、避難の権利から考えてみたいと思います。

【企画】森松明希子さん×原発賠償KANSAIサポーターズ×あすわか大阪
【参加費】大人500円、中学生以下無料


20180317とことん平和主義!.jpg

避難者のお話は
東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream(サンドリ)代表・
原発賠償関西訴訟原告団代表・
原発被害者訴訟原告団全国連絡会共同代表
森松明希子さん
(福島→大阪・2児を連れて母子避難中)
 

※当日森松明希子さんはスカイプ中継を結んでの参加を予定しています!

【おはなし隊】は、
3.11避難者・被災者のお話し・講演情報を随時掲載しております。
情報をお寄せ下さい。
また、お話しの機会をご支援・ご提供くださいm(__)m

メール sandori2014@gmail.com

| おはなし隊 | 03:39 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

3月11日(日)さよなら原発 関西アクション 13時〜@エルおおさか 大ホール

3月11日(日)本集会13時からエルおおさか 大ホール

20180311さよなら原発関西アクション



講談「福島の祈り」神田香織
講演「原発・核燃の破綻」海渡雄一

午前企画として10時半より6F大会議室で
女の広場「子どもたちを放射能から守るために」
「チェルノブイリ28年目の子どもたち」上映と
避難者支援者等のアピールがあります。

子どもたちに未来をわたしたい・大阪の会 


| おはなし隊 | 05:02 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

3月11日(日)3.11福島原発事故から7年目の集い 13時30分〜16時@加古川総合庁舎1階たぱす

福島原発事故から7年原発事故賠償ひょうご訴訟

〜声をあげる避難者たち〜


20180311脱原はりま通信

| おはなし隊 | 05:01 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2018年3月11日(日)13:00開場 13:30開始@円山野外音楽堂(雨天決行)☆バイバイ原発3・11きょうと☆   ==2011年3・11から7年=

バイバイ原発3.11きょうと@2018

☆バイバイ原発3・11きょうと☆
  ==2011年3・11から7年=
若狭の原発動かすな!福島に思いはせ みんなでデモしよう
バイバイ原発3・11きょうと2018
3月11日13:00開場 13:30開始 円山野外音楽堂 雨天決行

■スピーチ:
  原発賠償京都訴訟原告団・弁護団のリレートーク
  菅野みずえさん(福島県浪江町からの避難者)

■パフォーマンス
  羊歯明神(遠藤ミチロウのパンク民謡バンド)
  盆踊りが蘇る!民謡が蘇る!東日本大震災、福島原発事故が壊
  したのは人々の生活だけじゃない。そこに生きる人々の心も破
  壊した。でも、自分達の本来の「祭り」を蘇らせることで、生
  きる希望を紡ぎ出すことが出来るんだという熱意が、バンド
  「羊歯明神」を産んだ。 ー遠藤ミチロウ 
  ※14:25ごろよりライブ

■デモ:15:00出発(円山公園~京都市役所まで)
※問合:TEL 075-252-5680
    FAX:075-251-1003


(参照)バイバイ原発3・11きょうとのホームページ
 http://nonukeskyoto.com/
 

【おはなし隊】は、
3.11避難者・被災者のお話し・講演情報を随時掲載しております。
情報をお寄せ下さい。
また、お話しの機会をご支援・ご提供くださいm(__)m

メール sandori2014@gmail.com

| おはなし隊 | 00:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

3月10日(土)シンポジウム「あれから7年 被害者救済の現在とこれから」@大阪弁護士会

シンポジウム 3.11 福島第一原発事故被害者救済の現状と課題

日時:3月10日(土)午後1時〜4時半
大阪弁護士会館 2階


あれから7年

あのとき、未曾有の原発事故から関西に避難をしてきた被害者は4000人を超え、
今も1000人あまりが先の見えない避難生活を送っています。
恒久的な被害者対策が取られない中、国や東京電力を相手とした損害賠償訴訟が、
全国30以上の裁判所に起こされ、昨年から次々と判決が出ています。
今年の3.11シンポは、原発事故被害の救済について、これまでの判決内容を振り返り、
関西の避難者の実情から、救済のために何をなすべきかを考えます。

基調講演
「 福島原発事故による被害をどう回復していくか」
 除本理史教授(大阪市立大学大学院経営学研究科)

報告
「全国の福島第一原発事故損害賠償訴訟の到達点」
 弁護士白倉典武(原発事故被災者支援関西弁護団事務局長)

ディスカッション
「関西から考える避難者救済の課題」
 コーディネート 中島宏治弁護士
 関西在住の避難者の方、久一千春さん(原発賠償関西訴訟の応援団★KANSAIサポーターズ事務局)
 除本教授、白倉弁護士等

申し込みはこちらから
http://www.osakaben.or.jp/event/2018/2018_0310.php



20180310大阪弁護士会館

【おはなし隊】は、
3.11避難者・被災者のお話し・講演情報を随時掲載しております。
情報をお寄せ下さい。
また、お話しの機会をご支援・ご提供くださいm(__)m

メール sandori2014@gmail.com

| おはなし隊 | 05:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT