FC2ブログ

東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream (サンドリと呼ばれてます)

≫ EDIT

【チケットはお早めに♪】2019年6月2日(日)14時半開場 東日本大震災・熊本地震被災者/原発事故避難者支援 コーラスミュージカル 夢学校-いのちの薔薇園-@芦屋ルナホール

新作『コーラスミュージカル
    夢学校―いのちの薔薇園―』
  
     チケット絶賛販売中♪
 2019年6月2日(日)@ 芦屋ルナホール


 全席自由席
前売り券 2,500円
中高生  1,000円
(小学生/避難者 500円)
当日券は300円増

 
20190602夢学校 いのちの薔薇園.jpg

だれもひとりぼっちにはしない
 差別を許さない人々の勇気

だれも自然災害、原発事故から
 逃れて生き抜く権利がある

原作「秘密の花園」
村嶋由起子新作オリジナル脚本

公演は6月2日、芦屋市業平町の市民センター、ルナ・ホールで。
問い合わせは
「私の好きなこの街復興支援プロジェクト」
http://danmuraproj.com/
村嶋さん(0797・22・9438)



※東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream(サンドリ)の
ブースやサンドリ主催等の避難者交流会でも絶賛頒布中です♪
お気軽にお声がけください♪

| おんがく隊 | 00:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2019年5月23日(木)『避難の権利』を求める裁判(原発賠償関西訴訟)第22回口頭弁論期日 @大阪地方裁判所

20190523原発賠償関西訴訟第22回口頭弁論期日チラシ

【裁判所に「声」を届け隊】よりお知らせです。

☆3.11避難者の皆さまへ

裁判期日およびそれに続く報告集会には、最も多くの避難者が集まります。
孤立している避難者の方がおられましたら、
是非お近くで行われる「避難の権利」を求める裁判の傍聴、
それに続く報告会にご参加されてみてください(どなたでも無料で傍聴可能です)。
きっと沢山の避難者されている方々とつながることができるはずです。

避難者同士はこの8年数ヶ月の間に随分とつながることが出来ました。
同じ避難元、近い境遇の方と出会えるかもしれません。

また、「避難している」という貴方の存在が、
他の避難者の励みにもなったりします。
孤立し、一人で悩んでいる避難者の方々が、
お一人でも多く、救われますように・・・。


☆すべての皆さまへ

東日本大震災とそれに伴う福島第一原子力発電所の事故の影響で、
今なお避難生活を続けている多くの人びとが、
全国47都道府県に存在しています。
(その正確な実数も実態も誰も把握はしていませんが。)

関西に避難している人たちが、
なぜ避難生活を続けているのか、
その真実の声を、裁判所にも届けています。

是非、宣誓し、真実を包み隠さず、
正々堂々と司法の場
避難者の「声」を伝える避難者のご支援も、
どうぞよろしくお願い申し上げます。
(もちろん裁判だけが唯一の伝える方法ではありません。)

東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream 
        【裁判所に「声」を届け隊】一同

連絡先  sandori2014@gmail.com
 


| 【裁判所に「声」を届け隊】 | 00:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2019年4月28日(日)第15回 避難者こども健康相談会おおさか@ドーンセンター

◆ 第15回 避難者こども健康相談会おおさか

  日時:2019年4月28日(日) 13:30~15:00

  場所:ドーンセンター (地下鉄谷町線・京阪 天満橋駅東へ350m)  
http://www.dawncenter.or.jp/shisetsu/map.html
       
対象:東日本から避難されたお子様。事前申込制。参加は無料。
       
申込みはこちらから⇒http://form1.fc2.com/form/?id=863095


◆ 当日同会場にて避難者こども健康相談会セミナー  10:00 ~12:30

 「9年目を迎え明らかになってきた健康被害」   
       入江 紀夫さん(医療問題研究会)

 
 原発事故後8年 福島は・避難者は~そして『控訴審』に向けてのおもい  
       福島敦子さん(福島県からの避難者)
     
〈福島敦子さんプロフィール〉
2011年3月11日の福島第1原発事故翌日、娘二人と両親と福島県南相馬市から川俣町、福島市へと避難。
京都府木津川市へは2011年4月2日に再避難。
現在は、避難者に無償提供されていたみなし仮設住宅の打切りが国によって施策展開され、京田辺市へと居を移した。
現在、大飯原発差止京都訴訟世話人、原発賠償京都訴訟原告団共同代表を務める。
放射性物質撒き散らし事件による健康問題や住宅問題などで闘う中、疲弊し、声も出せなくなっている人が増える福島県内外でさらに声を上げる。

      主催:避難者こども健康相談会おおさか実行委員会
       http://osakasoudankai.blog.fc2.com/

2012年4月から,春・秋、年2回行う大阪での健康相談会は、今回で15回目となります。
医療問題研究会の医師の協力で、1家族、30分枠で、希望時間の予約制とし、個別面談を行っています。
その他フロアーでは、アロマハンドマッサージ、司法書士による法律相談、交流茶話会の部屋やブースを設けています。
また、子どもの部屋でお子様を預かります。
これまでのこと今後のこと、成長していく子どもたちのこと、
等々立ち止まって考える機会に、お気軽にお越しください。
おしゃべりのスペースもあります。午前のセミナーはどなたでも参加できます


| 避難者の「声」をとどけ隊 | 05:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2019年4月27日<阪神・市民放射能測定所6周年プレ企画>


<阪神・市民放射能測定所6周年プレ企画>

福島の原発事故から9年目の今。
避難元の現状と、区域外避難者の現状。
今なお続く放射能汚染と困難。
計測すること記録することの大事さを伝えたい!!


【日時】 2019年4月27日(土)13:30より

【会場】 西宮市勤労会館 第3会議室

【参加費】 300円

【定 員】  30名

避難者のおはなし KATOさん


西宮近郊にお住まいのみなさまにお知らせいただければ幸いです。


2019427阪神測定所

| おはなし隊 | 05:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2019年4月27日(土)午前10:00〜『放射線副読本』で、子ども達の身の安全を守れるの?〜一緒に読んでみませんか?家族を守るために〜@ とよなか男女共同参画推進センター「すてっぷ」

「放射能から豊中の市民・子どもを守る会」さまからのご案内です。

【学習会のご案内】
テーマ:『放射線副読本』で、子ども達の身の安全を守れるの?
    〜一緒に読んでみませんか?家族を守るために〜

・4月27日(土)午前10:00〜12;00
・場所:とよなか男女共同参画推進センター「すてっぷ」セミナー室2A/2B
   (阪急豊中駅下車すぐ、エトレとよなかビル5F)
・参加費 300円 (避難者・学生無料)
・申し込み・問合せ tj5tymd@gmail.com 
090-8980-2436山田
・主催:放射能から豊中の市民・子どもを守る会
(チラシファイル添付)

2018年10月から文科省が配布し始めた『放射線副読本』にはこんなことが書いてあります。
・「放射線ってこわくない、むしろ有益」(ってホント?)
・「放射線被ばくによる健康被害はない」(ってホント?)
・「非常時(=原発事故)に皆で備えよう」(えっ!また原発事故が起きるってこと?)

一緒に読んでみませんか?子どもたちを、家族を守るために。
大阪で理科を教えている中学の先生(松田幹雄さん)が皆さんにわかりやすく説明してくれます。
初めての方も、ご参加ください。

----------------------------------------
放射能から豊中の市民・子どもを守る会
http://nonuketoyonaka.blog.fc2.com/

2019427放射能副読本

| まなび隊 | 00:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT