東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream (サンドリと呼ばれてます)

≫ EDIT

2017年7月8日(土)「原発事故で避難した親子の暮らしから見えてくること」意見交換会「原発事故で避難した子どもへの『いじめ』について考える」@京都精華大学


京都精華大学公開講座

東日本大震災のような大きな災害発生後の対応について、「子ども」と「家庭」をキーワードに考えます。被災した子どもやその家庭の生活を支えていくために、学校や保育所・幼稚園、NPOや地域社会の人々、企業、そして国や地方自治体の行政など、それぞれの立場から何ができるのでしょうか。「子どもの権利条約(児童の権利に関する条約)」の内容を中心に、これからの被災した子ども・家庭支援のあり方を考えてみます。
講師
住友 剛(本学人文学部教授)
定員
設定なし
受講料
1回1,500円
日程
全2回/土曜日/14:00~17:15
▶ 第1回 6月10日
14:00~15:30 災害発生後の子どもの生活
     -阪神淡路と東日本、2つの震災から見えてくること―
15:45~17:15 実際に求められる支援とは?
     ―生活、学び、あそびをリンクさせる―

▶ 第2回 7月8日
14:00~15:30 原発事故で避難した親子の暮らしから見えてくること
       講師:森松明希子
      (東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream)
15:45~17:15 意見交換会
    「原発事故で避難した子どもへの『いじめ』を考える」
    コーディネーター:住友 剛、
    コメンテーター:森松明希子


詳細は大学HPにて→京都精華大学公開講座

お申込はコチラ

2017年7月8日Facebook

貴重な機会をいただきまして感謝です。

サンドリは、3.11避難を体験した「当時者自身がアーカイブ♪」をモットーに、
事実と体験に基づく真実を真摯にお伝えする活動を続けています。
今後の防災・減災・災害時における基本的人権が尊重されますことを
心から願っています。


学校に声をとどけ隊

【学校に声をとどけ隊】からのお願い
http://sandori2014.blog.fc2.com/blog-entry-1309.html

※3.11から7年目を迎え、避難している現状は変わらないのに風化のスピードも加速し、
避難者の現状・実情など事実を知っていただく必要性を感じております。
特に子どもたちを連れて避難している避難者の現状に鑑み、
今後ともぜひ学校・教育機関は特に、
それ以外の場においても311避難の現況をお伝えする機会の提供を
なお一層ご支援いただけましたら幸いにございます。

東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream(略称:サンドリ)
代表メール  sandori2014@gmail.com


| 【学校に声をとどけ隊】 | 00:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

6.25ホッとネットおおさか避難者交流会でのブース出展申込み詳細 〆切り4月26日

6.25ブース申込み詳細
6.25ホッとネットおおさか避難者交流会での
ブース出展申込み詳細 〆切り4月26日
6.25ホッとネットおおさか避難者交流会でのブース出展申込み書


| ささえ隊 | 00:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

第23回原発と人権問題学習会


日本バプテスト同盟関西部会プロジェクト
「被災現地から移住した水俣病患者たちのこと〜水俣病関西訴訟の原告患者を支援してきた体験から〜」

講師:木野茂さん(大阪市立大学理学部)
講師紹介:大阪神愛教会 向井千晃さん

ーーーーーー
先生は、公害研究の第一人者です。
さまざまな公害の現場に行かれ、被災者の方々と交流をされて来られました。
関西に移ってこられた水俣病患者さんを長年支援されています。(チッソ水俣関西訴訟)
大学に、イベントに、患者さんを呼ばれ、私たちは患者さんの生の声を聴くことができました。

水俣病発覚時、政府・官僚・企業・県・国側の学者がとった行動は、原発震災時と共通する部分が多々あります。
水俣病を学ぶ事により、放射能に苦しむ大勢の方々の訴訟の役に立てるよう願っております。
皆様のご参加お待ちしております。
ーーーーーーーー

日時:2017年6月18日()15時
場所:日本バプテスト大阪神愛教会 参加費200円
大阪市淀川区十三元今里1−1−54


原発と人権

| まなび隊 | 06:15 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2017年6月17日(土曜日)第5回近畿訴訟団交流会のご案内 @ドーンセンター(大阪市内)

「ふつうの暮らし 避難の権利 つかもう安心の未来」裁判
原発賠償関西訴訟団からのお知らせとご案内です。

どなたでも下記の要領で参加可能です。
避難の皆さまにはご負担なく参加可能となっています。
3.11ご支援の皆さま方、応援よろしくお願い申し上げますm(__)m

2017年6月17日@ドーンセンター

■日時■
2017年6月17日(土)13時~16時半

■場所■
ドーンセンター1階パフォーマンススペース
大阪市中央区大手前1丁目3番49号
https://www.dawncenter.or.jp/shisetsu/map.html

■スケジュール■
12:00 受付開始
13:00 開会(生業訴訟、各訴訟団報告)
14:30 乾杯・懇親会(軽食と飲み物を準備します)
16:30 閉会

■費用■
原告・避難者  無料
サポーター  2000円
弁護団    3000円

■申込み■
第1回締切  5月20日
kansaisapo★gmail.com (★を@に変えてください)
電話 080-4705-7027
上記に参加者される方の氏名を伝えて、お申込みください。

■主催■

関西訴訟原告団、関西訴訟弁護団、KANNSAIサポーターズ




【裁判所に「声」を届け隊】よりお知らせです。

☆3.11避難者の皆さまへ

裁判期日およびそれに続く報告集会には、最も多くの避難者が集まります。
孤立している避難者の方がおられましたら、
是非お近くで行われる「避難の権利」を求める裁判の傍聴、
それに続く報告会にご参加されてみてください(どなたでも無料で傍聴可能です)。
きっと沢山の避難者されている方々とつながることができるはずです。

避難者同士はこの6年の間に随分とつながることが出来ました。
同じ避難元、近い境遇の方と出会えるかもしれません。

また、「避難している」という貴方の存在が、
他の避難者の励みにもなったりします。
孤立し、一人で悩んでいる避難者の方々が、
お一人でも多く、救われますように・・・。


☆すべての皆さまへ

東日本大震災とそれに伴う福島第一原子力発電所の事故の影響で、
今なお避難生活を続けている多くの人びとが、
全国47都道府県に存在しています。
(その正確な実数も実態も誰も把握はしていませんが。)

関西に避難している人たちが、
なぜ避難生活を続けているのか、
その真実の声を、裁判所にも届けています。

是非、宣誓し、真実を包み隠さず、
正々堂々と司法の場
避難者の「声」を伝える避難者のご支援も、
どうぞよろしくお願い申し上げます。
(もちろん裁判だけが唯一の伝える方法ではありません。)

東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream 
        【裁判所に「声」を届け隊】一同

連絡先  sandori2014@gmail.com
 


| 【避難者交流会】 | 00:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2017年6月14日(水) 原発と子育て~原発避難者の子どもへのいじめ~@子ども情報研究センター第39回人権保育教育連続講座「子どもの人権を大切にする保育を、ともに」

2017年6月14日水曜日@子情研

第39回人権保育教育連続講座「子どもの人権を大切にする保育を、ともに」の
前期プログラム第2回講座でお話しの機会をいただきました。

詳細はコチラです。

子ども情報研究センターでは「子どもの人権を大切にする保育」を、現場の保育者のみなさんとともに考えたいと、人権保育教育連続講座を開催してきました。
今年度も6月より、前期5回・後期5回の講座を開講いたします。みなさんのご参加をおまちしいます。

■ 場 所 : HRCビル (当日の会場はビル1階の案内表示をご確認ください) 
        大阪市営地下鉄中央線「弁天町」駅④番出口
        JR大阪環状線「弁天町」駅北出口より、徒歩約10分

■ 締 切 :5月26日(金) FAX、郵送またはメールでお願いいたします。
メールにて申込みの場合は、件名に【人権保育教育連続講座受講希望】と明記の上、送信してください。

■ 主催・連絡先 公益社団法人 子ども情報研究センター (担当/近藤)
         〒552-0001 大阪市港区波除4-1-37 HRCビル 5階
         TEL 06-4708-7087  FAX 06-4394-8501
         E-mail:info@kojoken.jp    


避難者のお話は、
東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream(サンドリ)代表・
 原発賠償関西訴訟原告団代表の
森松明希子さん(福島→大阪)
【おはなし隊】は、
3.11避難者・被災者のお話し・講演情報を随時掲載しております。
情報をお寄せ下さい。
また、お話しの機会をご支援・ご提供くださいm(__)m

メール sandori2014@gmail.com

| おはなし隊 | 00:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT